FC2ブログ

晩秋の釣り

先日単独で晩秋の道央小渓流にキノコ採りがてらの釣りに行って来ました。現地到着時気温2度、吐く息は白くなりますが着込んできたので寒さはそう感じません。川に降り立って水温を計ってみると10度あります。深場の少ない川なので今回はドライでスタートします。
USER1035.jpg

釣り上がってすぐに、こんなところから・・・
USER1039.jpg

イワナっぽいアメマス君が釣れました。
USER1036.jpg

ここでは白泡の下手から・・・
USER1041.jpg

今度は元気のいいニジマス君です。
USER1042.jpg

あっという間に二桁達成。サイズ的には物足りないのですが、小気味よいほどドライに反応があるのはこの時期としては意外でした。陽が上がってきてからさらに釣れ始めました。こんな浅い流れの中から僕の#8カディスに飛びついてきたのは・・
USER1048.jpg

今日一かな?惜しくも尺に届かないニジマス君、もっと大きくなるんだよ。
USER1047.jpg

そして最後は脱渓場所の橋のすこし上にある堰堤です。
USER1049.jpg

ここでもドライで数匹掛けましたが、ニンフならどうなのかな?とフライチェンジ。すぐに写真のサビが入っているイワナが釣れました。その後もワンキャストごとに釣れ、もう入れ食い状態。ここだけで20匹くらいは釣れたようで十分すぎるのでジ・エンド。
USER1051.jpg

そして帰りの林道には・・・こんなのがいっぱい。大きいのやら小さいのやら、ゲート近くまで延々とありました。鈴鳴らしたりホイッスル吹き鳴らしたり、大声を出したりしながら、出会うことなくなんとか無事に車に戻ることが出来ました。
USER1055.jpg

あっそうそう、キノコも勿論大漁でしたよ。







スポンサーサイト



尺ニジに会いたい

ここんところの釣りでは尺オーバーのニジマスに出会えてません。新しいウェーダーも用意したし入魂も兼ねてホームの川に向かいました。幸いにも先行者の影は無く無事川に降り立つことが出来ました。ところが川は写真のような渇水状態、果たして釣りになるのでしょうか。案の定このポイントでは出て来ませんでした。この日は?勿論ドライで勝負!です。
USER1010.jpg

次のポイントはここ。おっと魚が走るのが見えました。魚が居ることは確認出来たので後は走っていない魚を狙います。
USER1014.jpg

やや遠めにキャスト・・・ピシャッっと出ました。釣れたのは限りなくヤマメに近いハイブリッド、尾びれに斑点もあるからニジマスですね。これでボ回避そしてウェーダーへの入魂完了。後は尺越えを狙うだけ。
USER1013.jpg

どんどん釣り上がります。ドライへの反応もまずまずで、二桁越えの釣果、ただこれまでは27センチ止まりです。この川のポテンシャルからいってこれでは満足できません。でも現実に釣れていないので・・・って、あっキノコめっけ~!これも大漁で今朝の味噌汁の具になりました(釣りはどうした?)
USER1027.jpg

さあ釣りだ釣りだ~と気合を入れて、今度は本当のヤマメちゃんも釣れてくれました。
USER1022.jpg

さて、いよいよ最後の堰堤まで来てしまいました。いつもならニンフに結び変えるのですが水量も少ないのでドライでチャレンジです。何投目かのキャストにガバッと出てきました。計測すると33センチ、久し振りの尺越えニジとの出合いです。まるで予想してたかのようなフィナーレを飾れてちょっぴり嬉しい釣りでした。
USER1031.jpg

おまけ(ホコリタケ)
USER1033.jpg







あらら

一年ぶりの川、一人で行って来ました。ところが入渓予定場所には車が一台と釣り支度をする釣り人が・・(今年はこんなパターンが多いな~)やむなく少し車を走らせて上流地点から入渓。紅葉もはじまっていますね。
USER1001.jpg

結構釣り上がったのですが魚たちからの反応はありません。で、右足のシューズが何か変?ありゃりゃフェルトがはみ出しているではありませんか~。まっいいか~
USER1003.jpg

この川、渓相は抜群なのですが如何せん魚が少ない。おまけにふらつきながら遡行していたせいか、今度はシューズの右足のフェルトも剥がれてしまいました。なんてこっちゃ~。剥がれたフェルトを背中のネットに入れて釣りを続けます。
USER1006.jpg

片方のシューズのフェルトが無いものですから、歩きづらいったらありゃしません。転びそうになるのを必死でこらえて脱渓場所近くまでやってきました。この間魚は一匹も釣れていません。やけっぱちでキャストしたポイントからやっと最初で最後の一匹が釣れてくれました!
USER1007.jpg

きっと情けない姿の僕に同情してこんなヘンテコなフライに出てきてくれたのですね。ありがとう、君は本当にいいやつだ。ちなみにネットの底に黒く見えるのが剥がれたフェルトソールです(笑)
USER1005.jpg

歩き疲れてヘロヘロになって、こりゃ随分歩いたな~と歩数を確認するとなんと6600歩しか歩いてませんでした。家に戻って4000歩追加、何とか一万歩をクリアしました。それにしても疲れた一日だったな~





何が楽しみと言っても

何やら忙しい日が続いたのでブログアップがすっかり遅れてしまいました。すみません。

さて、夏ヤマメ釣りがほぼ終了したtomaTさんとK君とのトリオで釣りに行って来ました。向かったのは僕のホームだったのですが、歩いて釣り場まで降りるとそこには先行者が二人、5人じゃ釣りにならないということで今来た道を引き返し、違う川に向かいました。今回tomaTさんはなんとテンカラでのチャレンジ、条件はほぼ一緒ということで、どんな釣りになるのでしょうか。写真は巧みにラインを操るtomaTさん、テンカラの腕前もピカイチです。
USER0979.jpg

魚たちの反応はいいようです。早々に僕のカディスに飛びついてきたニジマス君。小さいけれどいいやつです。
USER0981.jpg

さて、こちらはK君。得意のロングキャストでヒット!ロッドが弓なりですねぇ。
USER0985.jpg

こちらはtomaTさん、やっぱりロッドが弓なりです。テンカラ大将に札幌ドライコンビは全く太刀打ちできませんでした。
USER0988.jpg

終わってみればtomaTさんが二桁以上、札幌組は二人で13匹と釣果に差はありますが、まずまずでしょうね。さてtomaTさんと一緒に釣りをした後は お・ま・ち・か・ね「苫亭」のラーメンです。今回は6種類の野菜にホッキのトッピングという豪華あんかけラーメンです。作ってくれている時からヨダレがでそうでしたが、食べてみるとこれがまた美味い!いつもそうですが今回も絶品!星三つ!有難うございます。
USER0999.jpg

札幌の二人組みが朝ごはん抜きで行きますので、また是非ご一緒してくださいませ。
USER0993.jpg

IMGP2444.jpg








気合いが空回り

先日のウィークディにK君と道央のアメマス川を訪れました。前日雨が降ったようですが水量は思ったほど多くなく、なんだかいい釣りが出来そうです。今回はK君の40オーバー狙いがメインテーマで期待で胸が高鳴ります。入渓して程なくK君のドライに小型のアメマスがヒット!魚の反応は良さそうです。
USER0961.jpg

続いて僕にもアメちゃんがヒット。でも・・・小さい・・・けど、ボを回避したのでまっいいか~
USER0966.jpg

そして僕の今日一はこのサイズ、アメマス32センチ。今年に入って2回続けて40オーバーを釣っているのですが、この日は鉄板ポイントでも全然出てきません。ゲートのところに新しい車のタイヤ痕があったので途中からでも入ったのでしょうか?パッタリ魚の反応が無くなりました。
USER0971.jpg

この川、秋にはキノコが沢山採れるのですが・・・これは何と言うキノコかな?
USER0973.jpg

さて、釣りのほうですが先行者が脱渓したのか、また反応が良くなってきました。K君も頑張って釣っていましたが結局この日は40オーバーにめぐり合うことが出来ず、次回に持ち越しとなりました。
USER0977.jpg

川のコンディションが良かったので、気合い十分で臨んだのですが完全に気合いの空回りに終わりました。拍子抜けって感じでしょうか、次回頑張るしかありませんね。K君お付合い有難う。お互い大物は釣れなかったけど、足も攣らなかったので良しとしましょう。下の写真は32センチを掛けたときのファイトの様子です。撮影:K君
IMGP2415.jpg

もう一枚オマケです。撮影:K君
IMGP2414.jpg








プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク