FC2ブログ

ちょっとだけ

先週の日曜日、前日はSMCの忘年会だったので、この日はゆっくり起きて近場の川に行って見ました。天気も良く水の濁りもありません。なんか釣れそうな気がするのですが・・・勿論結ぶのはドライフライです。
IMG_20181125_121100.jpg

ところが・・・ハイシーズンならガバッと水を割って出てきそうなポイントでも全くの無反応。
IMG_20181125_125133.jpg

少しの区間釣ってみましたが釣れる気がしません。水はクリアで底も見え見え、魚が居れば走り回るはずですがそれも無し。「魚たちは何処かに行ってしまったね」が僕の出した結論。まっ、川も歩けたし、この時期のこの川には魚が居ないのもわかったし、収穫アリかな?
IMG_20181125_132833.jpg

負け惜しみ言うんでないの(笑)



スポンサーサイト

胆振詣でスタートです。

今年は例年に無く暖かい日が続きましたが、11月でドライとなればやっぱり胆振の川でしょう。ということでK君を誘ってやってきました。現地でtomaTさんと合流しいざ入渓。シェルパがこよなく愛したあの川です。K君と僕がドライ、tomaTさんは特製イクラでのチャレンジ、さてどんな釣りになるのでしょうか。準備オッケーレッツラゴー!撮影:tomaTさん
IMG_20181118_083302.jpg

tomaTさんはサクサクッて感じでコンスタントに釣っています。本当に良く釣ります。撮影:K君
IMGP1931.jpg

僕のドライに飛びついてきたのはメザシサイズ・・・(笑)でもヤマメちゃんですよ。テレていないで出ておいで!
USER9733.jpg

K君が僕の釣ったヤマメの3倍くらいのサイズの中パンをゲット!やったねK君!これがその証拠写真です。きっとシェルパが釣らせてくれたんでしょうね。
IMGP1934.jpg

僕はといえば、こんないやらしいポイント、ツルの向こうにフライを落として・・・
USER9740.jpg

この日2匹目となる泣き尺ニジ君。君はいいやつだ。
USER9738.jpg

僕とK君が2匹、tomaTさんは沢山という釣果でこの日の釣りは終了しました。もう少し釣れても良かったかな、という気もしますが初参戦ですからまっ、いいか~。釣りの後は「苫亭」のラーメンです。具沢山のあんかけラーメンで、なんとこの日tomaTさんが川原で採ったエノキタケも入ってます。いつもいつも有難うございます。美味しゅうございました。
USER9746.jpg

小春日和の好天の中、楽しく気持ちよく釣りが出来たことにも感謝しなくっちゃ









ホーム最終戦

今年はこれで最後になるであろうホームへ単独で行ってきました。入渓早々この鉄板から・・・
USER9718.jpg

いきなり42センチ!しかもドライに!
USER9717.jpg

その後が続かず、興味はこちらのほうに・・・エノキタケですね。
USER9719.jpg

雨が降ったり止んだりで、カッパをベストの背中から出したり入れたり忙しく、とうとう脱渓場所まで来てしまいました。
USER9722.jpg

この日はスミイチを覚悟しましたが、堰堤のところで小さいのが2匹釣れ、なんとか大漁達成!そしてこちらも大漁でした。
USER9726.jpg

さて次からは胆振詣でが始まりますね。






初冬の釣り

前日飲み会があり、またしこたま飲んでしまったので、この日の釣りは午前7時出発。向かったのは近郊河川です。陽が出ているせいか思ったほど寒くは無く気持ちよく釣りが出来そうです。ただ水に手を入れてみるとびっくりするほど冷たいので、ドライは諦めてニンフでの釣りです。
USER9701.jpg

入渓してしばらくは何の反応もありません。それでもだいぶ陽が上がってそこそこ暖かくなってきた頃、こんなポイントから・・・
USER9711.jpg

待望の一匹が釣れました!イワナ君、ありがとう。
USER9704.jpg

ただその後が続きません。バラシもありましたがこの日釣れたのは同じようなサイズのイワナ君、2匹という貧果でした。また以前はなんとも思わなかった遡行が、えらく大変で(水量も多めだったし)途中から引き返す羽目に・・・年とりましたねぇ。
USER9708.jpg

雪とキノコのある川原です。
USER9710.jpg

この川、ムキタケが多い川で沢山採ったのですが・・・
USER9712.jpg

戻る途中でどこかに落っことしてしまいました(泣)(泣)






クマホーム~マタホーム~

K君と久し振りの釣りです。お互い歳をとったせいでしょうか、向かったのはいつものホーム。入脱渓が案外楽ということと、そこそこの釣果が期待できるのでついつい足が(車ですが)向いてしまいます。さて、写真は入渓仕度を終えたK君ですが、準備に入る前彼が国道を横断する熊を発見「あっ、熊だ!」300メートルくらい前方をのしのしと渡っていくのが確認できました。
USER9674.jpg

彼の「熊と遭遇」初体験ってとこですね。ただ僕達が釣ろうとしているエリアには多分来ないだろうということでしばらく歩いてから入渓します。前日降った雨のせいか水量が結構多く流れも速いようなのでK君のドライフライには少し厳しいかもしれません。よって僕は静めることに・・・ところが二人ともに魚のコンタクトが一切ありません。写真は得意のロングキャストで攻めるK君。
USER9679.jpg

ところが、先週不作だったこのキノコは大漁!
USER9682.jpg

そのうち上流に二人の釣り人発見、実は先週も同じ場所で彼らに会ってます。途中から入られたら半分バンザイ状態ですね。僕達は上流へ、彼らは下流へと釣りを続けます。それでも竿抜けだったのか、この穏やかなポイントにニンフを流してみると・・
USER9685.jpg

マーカーがググッと引き込まれ上がってきたのがこの照れ屋のニジマス君32センチ。やっと釣れたというのが正直な感想です。
USER9683.jpg

この後少し釣り上がると先ほどの二人が釣り下ってきました。今度もまた移動して上から入ったようです。こうなると万事休す、この上で釣れる見込みはありません。適当なところで脱渓してこの日の釣りは終了しました。魚の反応が思いのほか悪かったのは先行者のせい?ただここ5年ほどこの時期にこの川を訪れていますが、ドライでもニンフでも釣れたんですけどねぇ。
IMGP1926.jpg

K君お疲れ様でした。運転有難うね。
USER9677.jpg

ハローウィンではありませんけど。
USER9692.jpg








プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク