FC2ブログ

単独釣行?

好天の日曜日、釣りに行ってきました。この日は珍しく単独釣行です。向かったのはWRC、入脱渓がハードで知られるこの川ですが今回は一番楽な入渓場所から釣り上がって適当なところで切り上げ、川通しで戻るという作戦です。川は春の陽射しに溢れてキラキラ輝いています。
USER9860.jpg

入渓して間もなく禁魚が釣れちゃいました。とりあえず写真に撮っておきましょう。
USER9862.jpg

時々釣れるのは空を飛びそうなチビッコニジばかり。写真を撮るのも何だかな~って撮らずに居たら結局魚の写真は上の一枚だけ。5,6匹は釣ったのですが・・・子供の日はもう少し先だと言うのに・・写真は「tomaTの穴」と呼んでいるポイント、昔は鉄板だったのですが今は形が変わって魚は住んで居ません。
USER9865.jpg

ここはシェルパが木の上に乗って釣りをしたところ、今回は無反応でした。
USER9868.jpg

腰も痛くなってきたし、そこそこ上まで来たので切り上げます。戻りはニンフで釣り下がり、小さいが2匹掛かりました。さて、入渓場所に着きました。するとどこからか僕を呼ぶ声が・・・ありゃ、なんとtomaTさんではありませんか~
USER9869.jpg

この日は仕事で来られないと聞いていたのでびっくりです。早めに仕事を切り上げて入渓場所で待っていてくれました。おまけに「苫亭」を開店してくれるとの事。僕が今回の釣りでは見つけられなかったギョウジャをいとも簡単に探し出し、ラーメンのトッピングにしてくれました。左が採れたてのギョウジャです。真ん中は春菊、そしてノンアルまで、堪んないっす!
USER9871.jpg

出来上がりました!シメジにマイタケも加わって美味しそうでしょ。頂きま~す。味は?もちろん美味しかったで~す。今年のtomaTラーメンを最初に頂くのは僕、ということで光栄の行ったりきたりで御座います。
USER9872.jpg

tomaTさんは今年に入ってから少し体調を崩されていましたが、前日医者から「何をやっても良し!」とのお墨付きを頂いたとの事で、早速川に駆けつけてくださいました。ホスピタリテイのtomaTさんがホスピタルを経て再び「苫小牧のホスピタリティ」として戻って来てくれた事、心よりお祝い申し上げます。近々また釣りにご一緒してください。今回も色々ありがとう御座いました!







スポンサーサイト

K君デビュー戦

長い冬の眠りから覚めたK君を誘って前回の川に再びやってきました。ただこの日は孫の誕生祝をするので時間限定の釣りです。天気も良く期待できそうですが、まずは一匹というところですね。
USER9850.jpg

入渓して間もなくK君のロッドに今年初の魚がヒットしました。小型のニジマスです。やったねK君、おめでとう!
USER9852.jpg

K君が釣ったポイントで二匹目のドジョウを狙う僕です。そうそう思い通りにはなりませんね。
IMGP1955.jpg

その後二人してフライを見切られたり、バラしたりしてさっぱりです。時間も押してきたのでそろそろ切り上げ時でしょうか?とあるポイントでやっと僕のフライを咥えてくれたニジマス君です。ちょっと色黒のナイスガイ(でもちっちゃいな~)
USER9855.jpg

先週訪れたとき、脱渓後車を止めた広場で1本の竿を見つけました。3.9メートルのテンカラ竿でした。落とした人が困るだろうと思い、樹に立てかけてその場を後にしました。家に帰ってから何か心に引っかかるものがあり、この川での画像を一通り見直してみると・・この竿・・
USER9857.jpg

USER9858.jpg

USER9859.jpg

画像をクリックしてご覧下さい
USER6414.jpg

画像をクリックしてご覧下さい
USER6429.jpg

どうやらシェルパの愛竿だったようです。ロッドには「剣峰てんからSE」とプリントされています。シェルパが「俺のロッド、誰か見つけてくれよ」って僕を呼び寄せたのでしょうか。今回の川はシェルパのホームでしたから何か不思議な縁を感じてしまいました。







春が来ました。

さて4月になりました。春分の日が過ぎてから気温も少しずつ上がってきて、陽が登る時間も早くなってきました。これから本格的な釣りのシーズンが始まると思うと、なんとなくウキウキした気分になるのは僕だけではないでしょう。そんなわけで今回はご近所のよっちゃんを誘って胆振の川にやってきました。天気はすこぶる良いのですが、水温は6度とのこと、二人ともドライを結んでいざ入渓!まずは「1匹釣る」がこの日の目標です。
USER9831.jpg

入渓してすぐのポイントでよっちゃんのフライに反応があったようですが、ヒットには至らず、でもドライに出てきたということは、この先が楽しみではありますね。僕のフライには全然反応がありませんが・・・
KIMG4700.jpg

この川ではこの時期、一面に咲いた福寿草が釣り人を出迎えてくれるのが嬉しくもあり癒されます~
USER9833.jpg

さて、よっちゃんがこの日最初の一匹を釣り上げました。なんと禁魚ではありませんか。でも「まずは1匹」のミッション達成!
USER9836a.jpg

彼はその後もコンスタントに禁魚を釣っていました。自分はといえば結構釣り上がっても魚からのコンタクトは無くやや焦りはじめた頃、やっと1匹釣れてくれました。ですが、これも禁魚、魚種を決めて釣るなんてことは到底出来ないし、食べるわけでもないので写真をアップさせてもらいます。23センチの中パンでした。
USER9837.jpg

ところで、ニジマス君は居ないのかな?こんなポイントから・・・
USER9845.jpg

やっと出てきました!小型ですが元気はありますよ。この日の釣果は僕が6匹、そのうち禁魚が4匹ニジマス2匹、よっちゃんは10匹くらい釣って禁魚が8匹ニジマス2匹。上出来といえば上出来でした。
USER9844.jpg

帰りの林道はこんな感じです。日の当たらない斜面側は雪が結構残っていて、時折ズボッと埋まります。
USER9846.jpg

途中から反対斜面の林道に移りましたが、こちら側はごらんの通りあちこちに倒木があります。誰かがこれらを取り除いてくれない限り車での進入は無理みたいです。
USER9848.jpg

よっちゃん、お付合い有難うございました。あれだけ歩けば足が攣るのは当たり前、でも沢山釣ったからいいよね~。







だんだん良くなる

天気も良さそうなので2週続けてWRCにチャレンジです。最初に入ろうとしたゲートが閉まっていたので、少々ハードですが送電線のところから入渓です。シェルパがこよなく愛した秀峰樽前山が美しい姿を見せてくれています。斜面の雪は殆ど解けていて降りるのもそんなに大変ではありません。今回は途中にある林道を少し歩いてやや下流から釣ってみることに・・・
USER9810.jpg

川原にはまだ雪が残っていますが、例年よりは少ないようです。この日はこの時期にしては気温も高めでポカポカ陽気で汗ばむほどです。前回はやっと一匹という釣果でしたが・・どうなることやら。最初のナイスポイントでやや大きめな魚をいきなりバラしてのスタート、でもドライへの反応は良さそうです。
USER9812.jpg

そしてこんなポイントから、最初の一匹が釣れてくれました。
USER9813.jpg

この子です。かなり小さいですが、先週の一匹に比べたら少し大きいですね。まずはボ回避の1匹。
USER9815.jpg

ここのところの陽気のせいか、先週よりは魚たちの反応も格段に良くなってます。今回は中小あわせて9匹という釣果、禁魚も釣れてしまいました。この魚は釣らないというワザを持ち合わせていないので・・・すぐにお引取り願いましたが。
USER9820.jpg

結構釣り上がってカワセミポイントまでやってきました。木の枝が倒れ重なってドライでは攻め切れないポイントでしたが、この日は少しだけ開けたところが・・・アダムスパラシュートをそっとプレゼントしてやると・・・
USER9823.jpg

釣れました!今日一のニジマス君。
USER9822.jpg

この日はここから送電線まで川通しで戻り、斜面を登って脱渓しましたが、無理せず途中5回ほど息を整えて車に到着。思ったほどきつくなく、珍しく足の攣りもありませんでした。単独釣行ですから自重する意識も高くなったのかな?
USER9826.jpg

フキノトウも採ってきました。今晩辺り酢味噌和えで一杯でしょうね。










再始動(再起動?)

昨年の12月以来、実に70日ぶりの釣りになってしまいました。その理由は色々あるのですが、いつも真冬に訪れる胆振の重鎮お二方、一人はシェルパのGさん、もう一人はホスピタリティーtomaTさん、シェルパが一昨年11月に帰らぬ人になり、tomaTさんは昨年末から体調を崩され当分釣りは出来ないとのこと・・・おまけに僕自身も腰痛やら腕の痛みやらで釣りへのモチベーションがかなり下降してしまいました。こんなんじゃ駄目だと自分に喝を入れWRCに向かいました。
USER9801.jpg

入渓地点に入るゲートに向かって車を走らせていると駐車帯のところにtomaTさんの車が・・・挨拶を交わし僕が釣る場所の話をすると今までのゲートナンバーでは入れないことが明らかに・・入渓場所の変更を余儀なくされてしまいました。そこでかなり上の脱渓場所に僕の車を置いて、入渓場所までtomaTさんが車で送ってくれました。いつもながら感謝です。さて、入渓ですが上の写真でもわかるように踏み跡がいっぱい。結構釣り人が入っているようです。
USER9802.jpg

上の写真が通称「砂風呂」、ここで一回だけ魚からのアタックがありましたがフックに乗らず・・残念!水温はというと9度くらいあるみたいです。これはいけるかもしれないぞ、ところが、そう簡単に問屋は卸してはくれません。気温はプラスになっていて晴れているし最高の天気なのですが・・・北の将軍様がトランプを甘く見てしっぺ返しを喰らったように僕もこの川の3月を甘く見ていました。
USER9804.jpg

随分釣り上がって来ました。ここまで数回のアタックはあったものの、魚の顔を見ていません。今回も坊主かな?余談ですが毎晩ヨッパでフライを巻けず、今回は市販のフライを沢山用意してきました(何と言う体たらく・・・) で、こんな小さなポイントにアダムスパラシュートの#12(やっと見える)をプレゼントしてみると・・
USER9807.jpg

やっと釣れてくれました!この日僕のフライに反応した魚たちの中でも一番小さいかな?でもこの1匹凄くうれしかった~。何と前回釣ってから103日も魚の顔を見ていなかったんですから。
USER9805.jpg

貧果といえばそうですが、今年初めての釣りが3月の頭で、それもドライで釣れたことだけでも十分満足でした。さて脱渓というところなのですが、場所がわからなくて結局上の橋まで来てしまいました。ダラダラした上り坂を40分ほど歩き、おまけに片方のシューズのフェルトが剥がれかけてペタペタしたものですから、帰りの車中は足攣りまくり~。でも一匹釣れたから、まっ、いいか~
tomaTさん、有難うございました。お元気そうで何よりでした。
USER9808.jpg





プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク