二匹目のドジョウを探して南下するも・・・

僕の釣りはこの時期からWRCを離れ、大魔神とのぶらさがり釣行が多くなります。冬場はどうしても遠くに生きたくないし、かといって冬の間中通った川に夏や秋に行くのも何だし・・ということで久しぶりの難聴滑舌コンビでの釣りとなりました。今回大魔神が連れていってくれるのは数日前にあのMMZ大明神と40アップのニジマスを何匹も釣ったという日高方面の川です。二人の釣りにしては天気がすこぶる良く爆釣に期待しながらいざ入渓、とまず我らを出迎えてくれたのは・・・(タバコの箱はロングサイズです)
P5250004.jpg

渓相も悪くはない、水の色も澄んでいてとても綺麗です。僕は始めにニンフ、時々ドライを結んで釣り上がります。大物への期待感は高まるばかりですが、意に反して魚からのコンタクトが全くありません。3メートルのロッド、餌はMMZと今回への意気込みが伝わってくる大魔神にさえ全く反応無しです。
P5250009.jpg

途中大魔神が大きな魚体を見たのと、広いプールの瀬尻で二匹の魚がクルージング(ドライで遠くから狙ってもフライには見向きもされませんでした)しているのを見かけた以外は全く魚の気配が感じられませんでした。これには流石の大魔神も予想外だったようですね。
P5250013.jpg

帰りの林道にはこんな立派な置きみやげも見られました。そうそう今回は山ウドを探してみたのですが林道を数キロ歩いて見つけたのがたったの三本、結局採らないで帰ってきました。「二人してボかよォ」って声が聞こえてきそうですが大魔神は良型のカジカをゲットしてボ回避、僕はといえば帰り道にちょっとだけ竿を出させてもらったところで禁魚がヒット、ボ回避か否かは意見の分かれるところですが・・・というわけで今回は最高の季節だというのに魚の写真がありません。次回の大魔神との釣行で「絶対リベンジしたる!」と心に誓った管理人なのでした。P5250005.jpg

大魔神、今回も「釣れない川」を案内していただき有り難うございました。いつもと違い本当に釣れない川でしたね。これに懲りずに又お誘い申し上げるので、その時はちょっとだけでも釣れる川に行きたいと思います。
vcc 068
お天気最高! 写真提供:大魔神

vcc 039
こんなナイスなポイントですが・・・ 写真提供:大魔神





スポンサーサイト

今年初のホーム、締めはドライで!

5月のホーム、今までこの時期に魚を釣ったことがあったか?あまりはっきりした記憶がありません。水位がやっと落ち着いてきたようなのでチャレンジしてみることにしました。あわよくば山ウドでも収穫できたらラッキーなのですが今日はどうでしょう。とても良い天気です。水精橋上のゲートから川をのぞくと結構流れが強そうなので一号橋までの途中からヤブをこいで入渓します。
P5180001.jpg

計りはしませんでしたが、水温はかなり低そうです。今日はニンフでスタートしましょう。釣り上がって間もなくニンフで実績のあるポイントにやって来ました。
P5180005.jpg

フェザントテールのビーズヘッドを結んで「よっこらしょ」と倒木の下に流すと、すかさずクククッとマーカーが引き込まれました。上がってきたのは今年になっての初イワナ(アメマス?)幸先の良いスタートになりました。
P5180003.jpg

おなじみのこのポイントでは木の枝の下からサイズアップしたイワナが釣れました。
P5180010.jpg

30センチには届きませんが元気でした。何やら今日は調子が良いみたいです。ヨッパでヘロヘロになりながらも頑張ってニンフを巻いた甲斐があったかな?
P5180008.jpg

ここでは二匹釣れちゃいました。いいぞいいぞ~ガンガン行くぞ~
P5180015.jpg

アメマスでしょうね。(ウ様以外なら何でもいいんですけど)
P5180012.jpg

ここではイワナとニジマスがニンフを咥えました~。久しぶりに「嬉しい~!」の連発です。
P5180018.jpg

尺にちょっと足りないニジマス君。もっと大きくなりなさい!
P5180017.jpg

尺にちょっと足りないイワナ君、きみももっと大きくなりなさい!
P5180020.jpg

上の二匹を釣ったすぐ上のポイントで今年初の尺越えが出てくれました。こんな流れのポイントから・・・
P5180024.jpg

イワナ34センチ!(ちゃんと撮ってあげられないでゴメンね~)いいぞいいぞ~
P5180025.jpg

何故か今日のニンフは絶好調です。しばらくニンフを続けましょう。ここでは左の岩のヨレから・・
P5180034.jpg

尺にはまたしても届きませんが、元気いっぱいのニジマス君が登場!このすぐ上に同じようなポイントがあるのですがそこでも同じような泣き尺ニジマス君が釣れました~
P5180032.jpg

と、ここまで長々と書いてきましたが、まだ釣行の三分の二程度です。この後まだまだ釣れたのですがあまりに長くなりそうなので特に印象に残った二匹をアップして締めましょう。まず、意外にもオショロコマが釣れてしまいました。サイズは27センチもあり、僕が今まで釣ったこの魚のレコードでした。お腹の黄色と鰭の白い線がとても鮮やかで美しいですね。
P5180041.jpg

オショロコマを釣った後、十分に満足したので少しドライで釣り上がって切り上げよう、とカディスを結びましす。小さいのが何匹か釣れて切り上げるポイントに着きました。ふわふわと流れる僕のフライに飛びついてきたのがこのニジマス。若い顔をしてますがサイズは34センチ!最終回のホームランでした。
P5180048.jpg

今日は本当に歩いた気がします。帰りの林道で足が攣りました。車の中でも・・・家に戻ってブログをアップしている時も・・でもそれは想定内のことでもあり、予想を大幅に上回る釣果を上げられたことが何より嬉しいです。天気も良かったし・・ただ山ウドに関しては全く見当たりませんでした。どうしたのかな?
P5180011.jpg

P5180044.jpg

P5180050.jpg

P5180053.jpg

P5180054.jpg

P5180057.jpg

P5180056.jpg

P5180060.jpg






















二匹目のドジョウは確かに居たけど・・

金曜の休みになりました。WRCも気になるし、ホームの川も水位が安定してきたようです。ですが今年になって尺オーバーをまだ釣っていません。ということでミーハーの自分としては先週馬平さんとシェルパのGさんが二人して40オーバーを上げたあの川に行きヤナギの下の二匹目のドジョウ狙いの釣行になりました。ここは前回来たときにランディングネットで42センチのニジマスを「掬った」ポイントです。今日も魚たちが群れを成していましたが40オーバーが居なかったのでスルーです。P5110001.jpg

最初に釣れたのはいとしのQちゃん、キュ~って鳴いてくれました。
P5110003.jpg

金魚も釣れましたが写真には出せませんね。この後10センチくらいのチビニジを釣って見事にこの川で玉砕です。先週シェルパと馬平さんが釣ったポイントには40オーバーのニジが悠々と泳いでましたが、ポイントへの近づき方がまずかったのかフライには出てくれませんでした。ということで河岸を変えることに。向かったのはお隣のメロン川です。前回より上流にあるゲートのところから藪をこいで入渓します。釣り上がって間もなく巨岩地帯に突入しました。
P5110012.jpg

この水の色、深さから判断してドライではちょっと厳しいでしょう。今回はニンフでチャレンジです。第一投目ビーズヘッドを結んだティペットにつけたオレンジのマーカーがググッと引き込まれました。上がってきたのはグッドサイズのニジマス君、早速計測です。ありゃりゃの30センチジャスト。
P5110011.jpg

この後も、27センチ・・・
P5110017.jpg

ここでは左のえぐれてるところでヒット
P5110018.jpg

この落ち込みでは2匹釣れました。
P5110021.jpg

ここでは四匹釣れたのですが明らかに30オーバーというのをを二度もバラしてしまいました(泣)
P5110024.jpg

釣れたのはまたしても尺に届かない28センチ・・・シクシク
P5110022.jpg

脱渓予定の橋にはすぐに着いてしまいました。時間があるのでこの日はもう少し上もやってみることに。ここからはフライをドライに変えましょう。まずは橋下のこんなところで・・
P5110028.jpg

ニンフも結構面白くなってきましたが、やっぱりドライに出る魚を見るのは楽し~い!
P5110027.jpg

上流にも結構なポイントがあります。そんなあるポイントで僕のカディスに飛びついてきたデカニジがいました。寄せる途中で痛恨のバラシ(今日は何匹でかいのをバラし天を仰いだことか)間違いなく40オーバーはありました。とは言え釣り上げなければ絵空事・・・悔し~い。やる気満々で望んだ隣の川であえなく撃沈、次に入ったメロン川では良型バラシ連発、不満が残ったといえばそうなのですが・・苦手なニンフでは予想外に釣れたし、待望の30も釣れたし、これで良しとしなければ罰が当たりますね。
P5110032.jpg










山鼻コンビでメロン川

本当は金曜に休む予定でしたが、天気予報によると北海道中、雨、雨、雨。ならばと日曜日に休日変更(笑)しかし土曜日の天気が芳しくありません。雨に強い川となると・・そうだ、MMTがあるじゃないか!おっと日曜だからTWさんも誘ってみようということで久しぶりの山鼻コンビ(ローカルですね)釣行です。
P5050001.jpg

さて当日、とても良い天気です。目的地に着いてみると入渓予定の場所に車が一台、次の場所にも車が・・結局かなり上の方からの入渓を余儀なくされました。ま、いいか~でも今日こそはデカブラを釣るぞ~と気合いが入ります。ところがいっこうに魚からのコンタクトがありません。川原の砂地には釣り人の真新しい足跡も確認できます。予定した区間を釣って二人してアレが一匹ずつという悲惨な結果となりました。(写真:TWさん提供)
CA380012.jpg

さて次に参りましょう、と向かったのはバリバリ水系の通称メロン川、TWさんが事前にこの地域の降水量が少なかったことを調べていてくれたのと、TWさんも初めて入る川ということで迷わず選択。気になるのは濁りでしたが川に着いてみると「笹濁り中程度」だったのでそそくさと入渓します。水温はというと僕のダイソー温度計とTWさんの水温計の値がピッタリ一致の12度です。これならドライに出てくれるはず、ただし魚がいればの話ですが・・
P5060011.jpg

去年の春、大魔神に初めて連れてきてもらった時はかなり釣り上がってから鱒族の反応がありました。今回もいけどもいけども魚からのコンタクトはありません。でも最初渋いのは想定内のことです。(写真:TWさん提供)
CA380015.jpg

ところが、ある区間から魚達の反応が良くなってきました。どうやら居るところには固まって居るらしく一つのポイントで何匹も釣れたりします。写真は今回僕の釣った中で一番大きいニジマスです(小さいですけどね~)
P5060021.jpg

この日の圧巻はTWさんが35センチのニジマスをカディスで釣り上げたことでしょう。このポイントでまず小型のを一匹。写真にパチリ。P5060028.jpg

次にでかいのをかけました!慎重に寄せるTWさんです。
P5060031.jpg

上がったのはこんなデカイニジマス君。ドライで35センチ、前回の釣りでtomaTさんもドライで35を掛けました。居るところにはいるのですね~。お見事よっちゃん!P5060034.jpg

僕はというと、そこそこ数は釣れたのですが小さいのばっかり。ま、5月のこの時期にドライに魚達が出てきてくれただけでも良しとしなければなりませんね。TWさん、今日はお付き合い有り難うございました。最後の雷雨だけは余計でしたね。そういえば去年大魔神と来たときも最後に雨にやられ、車に戻って二人して着替えたことを思い出しました(笑)CA380045.jpg







プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク