還暦からのフライフィッシング

今日の同行者は僕の中学校時代からの友人でこの春仕事をリタイアしたカズヨシ君です。彼に会うたびにフライって面白いぞ~って言ってたのですが、何とフライを始めるって言い出しました。仕事一筋で頑張ってきたので今までに竿など握ったことも無い全くの初心者です。言い出して間もなく、ベストとウエーダーと帽子買ったよ~ってメールが・・こりゃ本気だ、ということでロッドとリール、フライに小物色々進呈して、行く前に試し振りでもしといてねと。さてデビュー当日、熊よけスプレーまで買ってしまったカズヨシ君、今日はどうなることやら・・・

あ、この方がカズヨシ君です。これからも時々登場するかもしれないので、皆さんよろしく!
P7200004.jpg

全く初心者のデビュー戦、どの川に行こうか結構迷いました。ラルマナイとかなら振りやすいのですが魚が釣れる見込みはまずありません。しかもある程度ロングキャストしなければ魚にバレバレになります。迷った末に選んだのがこの川。結構段差があって上流のポイントに近づいても悟られにくいし、距離も必要ありません。
P7200027.jpg

僕の最初の一匹はいとも簡単に釣れましたが、今日は何としてもカズヨシ君に釣ってもらわねばなりません。とはいえ思い通りにならないキャスト、たまに魚が出てもどうしていいかわからないビギナーにとっては厳しい釣りになりそうですが何か救いは無いものか?おっ、救ってくれそうなポイントが出現しました。カズヨシ君その流れの真ん中に投げてみて・・・
P7200022.jpg

おっ、上手く流れました。そして予想通りガバッと出ました!取り込みは先ほど教えたとおりラインを手繰って~
そうそう、ネットが無いので抜き上げです。やったねカズヨシ君!君のフライフィッシングの最初の初ヒットは20センチくらいの(気のいい)イワナ君ですよ~
P7200021a.jpg

さて、どんどん釣り上がっていきます。カズヨシ君はその後4匹のイワナを追加しました。
P7200032a.jpg

釣堀でもあるまいし超ビギナーが5匹ものイワナをフライフィッシングで釣ったとなると、これはたいしたものです。ひとつはカズヨシ君の執念、も一つはこの川に沢山魚が居たからでしょうね。川の選択も間違ってなかったという気がします。でも難しいですね~、人に教えるって言うのは。(ヘボですから)で、僕が今日釣ったイワナの中で一番大きいの、30くらいでしょうか。
P7200048.jpg

よく見るとイワナも綺麗なお魚さんですね~
P7200047.jpg

そうそう、今日は釣っている最中に三つのトラブルに見舞われました。一つは高枝に絡まったフライをとろうとユサユサやってるうちにロッドティップのガイド部分からポキッと折れてしまいました(泣)輪ゴムで応急処置をしたのが下の写真、何とも塩梅が悪いのですがどうにか釣りは続けられました(笑)
P7200036.jpg

次なるトラブルはリールです。釣りも中盤にさしかかった頃、スプールを固定している2本のネジが外れてポロリと落ちてしまいました。幸いにもスペアのリールを持ってきていたので事なきを得ましたが、これしか無かったら悲しい釣りになったでしょうね。そして三つ目はウエーディングシューズの靴ひもが切れたこと。これも塩梅が悪かったのですがなんとか繋いでごまかしました(笑)
P7200051.jpg

そんなこんなで僕には結構大変な釣りでしたが、これはカズヨシ君も同様。慣れない川の遡行、しかも大石がゴロゴロした川、あっちに引っかけこっちでに引っかけ、外した途端にまたライントラブル。でも全く初めてのフライフィッシングで5匹も釣れたのですから、しんどさよりも楽しさの方が勝ったのは言うまでもありません。P7200039.jpg

カズヨシ君、お疲れさまでした。僕が言ってたとおりフライフィッシングって楽しいでしょ。僕が初めてフライで魚を釣ったのは11回目の釣行の時でしたよ。1回目から魚に会えるなんて君はなんという幸せ者でしょう。また連れていってあげるけど、出来ればフライは自分で巻いて欲しいな~。それからバックキャストでロッドが寝てしまうクセ、練習して修正しましょうね。で、まずは還暦からフライフィッシングを始めたカズヨシ君に乾杯~!
P7200058a.jpg














スポンサーサイト

バラした魚・釣れた魚

さて昨日は全道的にかなりの雨が降りました。僕のホームなんぞは30センチくらい水位が上がりました。これでは崩落した林道から上には、川を渡ることになるので命と引き換えを覚悟しなければ行けないでしょう。なら何処に行く?夕張方面もあまり雨量は多くないようですが、今回は前回TOKIさんに案内していただいてデカいのを2度ほどバラした「ヌレヌレの渓」に行くことにしました。前日7時頃の累計雨量で20ミリですから札幌近郊よりは断然少ないのですが・・・当日。川に降りてみて「むむう・・」です。水量は前回より確実に多い、おまけに濁りもきついのです。どうする?「折角ここまで来たんだからやってみるべ」と勿体無い世代の60歳は釣りを始めます。
P7130001.jpg

川底が見えないので遡行にはかなり気を使わなければなりません。何度もコケそうになりながらも釣り上がります。結んでいるのは勿論ニンフです。前回ドライで36センチのニジが出たところも、パパさんが大物をバラした大場所も無反応。ところがこの区間唯一の人工工作物のところで本日の初反応!これが重い!なかなか浮いてきません。今日は#4のロッドでティペットは4Xですから、ちゃんとやればネットイン出来るはずですが、ネットを準備してキャッチ寸前にまたまたバラし~。テイペットをまたしても切られてしまいました。悔しい~~この後釣り上がってやはり大きいのにティペットを切られ惨敗でした。結局この川ではボを喰らってしまいました。
P7130006.jpg


でも時間もまだあるようなので5キロほど離れた近くの川に寄って見ましょう。やってきたのはこんな川。
P7130012.jpg

先ほどの川と違い全く濁りがありません。「しまった~最初からここに入れば・・」とは思ってもAFTER THE
FESTIVAL? あまり時間も無いのでここはドライで1キロほど釣り上がることに・・。ところが意に反してこの川ビシバシ反応があります。今日はじめて釣り上げたニジマス君。小さいからランディングの心配はありませんでした(笑)
P7130014.jpg

大場所で釣れたジャスト30。深いところからドライに出ました。
P7130019.jpg

P7130024.jpg

道道が近くなったので、そろそろ脱渓しようとしたところにあった上の写真のポイントから僕のカディスに喰らいついたこれも30センチのニジ君。出てくれて有難う!
P7130022.jpg

結局リベンジを目指した川では目的を果たせず、またまた悔しい思いを引きずることになりました。今でもこの手に残っているバラしたニジマスの重量感・・バッドコンディションの中でよくぞ僕のニンフを見つけてくれました。そしてしばしのファイト(負けたけど・・・)。一方次の川でのニジマスは案外簡単に釣れてくれました。前者はニンフで、後者はドライでの結果です。でも今回もバラした魚の方が強く印象に残っています。きっとまた足を運ぶことになるのでしょうね。







パパさん歓迎釣行with大魔神

さて今回は、休暇を取って北海道にやってきたアダムスパパさんと大魔神とのトリオ釣行です。パパさんは今回一日目は僕たちと、翌日二日目はyamameさんとかげまるさんとの釣行スケジュールとなっています。朝大魔神の車でパパさんを迎えに行きます。宿泊先から「飲み疲れパパさん」がぬわっと現れました。大丈夫でしょうか?ま、車の中で存分に寝て下さい。ということで向かった先は「えっ、本流じゃないの」川です。大魔神にとっては2週連続となりますが僕もパパさんも初めての川、さてどうなりますか。川に着いてみると思いの外濁りがきついようです。ここはパパさんも僕もニンフで釣ることにしました。
P7060001.jpg

今回は「とりあえず一人一匹釣る」というルールでスタートしましたが、その一匹が釣れません。そこそこ釣り上がって三人とも釣果無し、当たりすらありません。協議の結果別の川に移動することにしました。写真は「飲み疲れパパさん」釣れないので疲れがさらに増したようです。
P7060006.jpg

さて、次に向かった川は前の川同様支流です。濁りは多少あるようですが何となくドライにも出てきそうな感じ、この川はドライでやってみようと言うことで結んだのは#8のカディスです。写真は入渓してすぐの大場所を攻める大魔神ですがここでは無反応でした。
P7060014.jpg

少し釣り上がって僕のフライに初めて反応がありました。小さなのが飛びついてきましたが掛けられず、でもこれで魚が居るということとドライに反応することが解ったので俄然やる気が出てきました。ドライなのでとりあえずニンフのゲストをさておいて先行させてもらいます。そして現れたいかにもフライ向きな橋の下のポイント。
P7060021.jpg

プカプカと流れる僕のカディスに飛びついてきたのはぶっといレインボウ、36センチ。取り込みの途中にリーダーリンクがトップガイドに引っかかって大慌て、やむなくズリズリと引き上げ無事ランディング成功!学習しない釣り人のティペットはまたしても5Xだっただけにヒヤヒヤものでしたが、切れなくて良かった~
P7060016.jpg

この時点でパパさんは38センチのニジ、大魔神も35センチともう一匹の尺オーバーを釣ったということです。釣れたらでかい川なんですね。僕はこのあとジャスト30を一匹追加、かなりでかいのに2度ほどティペットを切られ終了となりました。写真は2匹目のニジ君。これはニンフで釣りましたが3連続ジャンプを披露してくれました。
P7060024.jpg

さてゲストの「飲み疲れパパさん」ですが、コンスタントに釣っていたようです。こんな浅瀬でジャスト尺をヒットさせファイト中のパパさん。釣れたら疲れもとれるそうですが、ずいぶん歩いてますからプラスマイナスとんとんということでまだお疲れですね。
P7060034.jpg

さらに疲れを倍加させる出来事が・・・おっ、パパさんのニンフにかなりの大物が掛かったようです。が、かなり余裕で取り込んでるみたいです・・・が・・
P7060037.jpg

参考までに、向こう側にいる大魔神が撮った写真です。
vcc 104

約2分後にはがっくりと肩を落としてくやしがるパパさんの姿がありました。推定50の大物だったそうです。いや~これは疲れますね。
P7060038.jpg

カメラの違いでしょうか?僕の画像が情けない・・・
vcc 106


そんなこんなでこの日の釣りは無事終了。帰り道、疲れた釣り人達の心を可憐なマーガレットが癒してくれたのでありました。P7060045.jpg


パパさんお疲れさまでした。釣りのあとに飲み会、そして今日また釣行、そしてまた飲み会。北海道に来られる際はスポーツジムに通って林道をトップで走る強い体力、毎晩飲んだくれることによって鍛えられる強~い肝臓が必要ですよ~。それから大魔神様、今回もでかいニジマスを釣ることが出来ました。有り難うございました。









プロフィール

中年おやぢ

Author:中年おやぢ
フライ大好きな還暦越えたおやぢ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク