激渋ホーム

この日は旧友のカズヨシ君にニジマスを釣ってもらうためホームに向かいました。また何やら道具が増えているカズヨシ君に「フライ巻いた?」「ショボイの3個・・」「・・・」ま、とりあえずやってみましょう。ゲート前には車がなくどうやら一番のようです。シメシメって感じで水精橋から釣り上がることに。写真はポイントを攻めるカズヨシ君、樹の下からフライに派手なアタックがありましたが合わせることができず・・・残念!
P8240005.jpg

結局一号橋の間まで魚からのコンタクトはこれ一回のみ。あまりにも渋すぎます。4年前にあだむすパパさんと訪れて二人してボを食らって以来でしょうか。増水により川も随分形を変えたようです。写真のポイントは大きな倒木があったところですが流されて見通しが良くなりました。
P8240008.jpg

渋い渋いで二号橋まで来てしまいました。お互い一匹の魚の顔すら見ていないのでさらに上を目指します。二号橋の林道崩落場所から二人の釣り人が上流に向かって歩いて行きました。どこから入渓するのか気になるところではありますがとりあえず釣りを続けましょう。そしてハプニングが・・・カズヨシ君、とある流れを渡るときバランスを崩して全チン!写真は水もしたたるカズヨシ君(冷静に写真を撮ってる僕はやっぱり冷たいヤツか)
P8240014.jpg

この全チンにより携帯電話、デジカメがオシャカと甚大な被害となりました。最初にそういったものへの注意を教えていなかった僕、申し訳ありませんでした。とは言いつつも魚の顔を見るまでは帰れません。ウエーダーの中がビショビショで気持ち悪~いと嘆く彼を尻目に上流へ向かいます。そのうち先ほどの二人が釣り下ってきました。となるとそろそろ釣れるかも・・・と思ってるうちに僕にやっと一匹釣れました。チビチビイワナ君です。
P8240016.jpg

僕はこのあと同じサイズのイワナ君と小ニジを一匹追加、TWポイントでデカニジバラシ。ところがカズヨシ君はまだ一匹も釣っていません。今日は「ニジマスを釣ろう!」とやってきたのにこのままで帰す訳には行きません。ただあまり上がっても帰りがきつくなります。最後と決めたポイントで彼にフライの落としどころを教えます。珍しく上手く流れたフライに(失礼か~)ガバッときました。やりました!最後の最後で目的のニジマスがヒットです。ところが僕のデジカメが電池切れ。やむなく携帯で・・携帯もレンズが割れていておまけに曇ってます。でもなんとなくニジマスだし、彼のネットと彼の手袋も写っているので証拠写真としては成立しますね(笑)
20120824143906.jpg

カズヨシ君おめでとう。この日はホームも激渋でおまけに全チンと散々だったでしょうが、釣り人は多くの試練を乗り越えて釣り人らしくなっていくものです。これに懲りずにまた誘うからね~よろしく。




スポンサーサイト

天気予報大外れ釣行

この日の釣りは大魔神がプロデュースしてくれました。まずはかねてから約束していた某川の上流部を目指します。前日降った大雨の影響がとても気になるところですが、さてどうでしょう。現地に着いて橋から目的の川の下流部を覗くと完璧なミルクコーヒー色です。上流も推して知るべしということでこの川での釣りを断念することに・・残念。さてこんな状況ですからこの水系は無理でしょう。次に向かったのが山二つ超えた別の水系の支流です。川に着いてみるとささ濁り程度でなんとか釣りになりそうです。では大魔神、よろしくお願いします。
P8170006.jpg

入渓してすぐに僕のフライにかなりの大物が掛かりました。おおっという間にフライをひったくって行かれ、天を仰ぐ釣り人・・・。これは僕と大魔神の釣りの時の定番の儀式ではあるのですが・・・同じ場所で大魔神がミミズを流すとまたしてもヒット!
P8170002.jpg

釣り上げた魚を見て大魔神が驚いてます。なんとその魚(イワナ36センチ)の口にはちょっと前に持って行かれた僕のフライが・・・こんなことってあり?
P8170003.jpg

長く釣りをしてきましたがこんな珍事は初めてです。とはいえ幸先の良いスタートということでこの先大物ビシバシか、と期待で胸は膨らみます・・が、釣れるには釣れるのですが何故か良いサイズの魚が釣れません。来た~と喜んだら尺オーバーのQちゃんだったりして。川原に足跡があったので誰か入ったのかもしれませんね。
P8170011.jpg

それでもこのくらいのサイズのイワナ君や
P8170016.jpg

ニジマスくんやQちゃんが飽きない程度に連れて楽しませてくれます。
P8170018.jpg

写真は大魔神が釣った37センチのニジマス。なんと大魔神がこのニジマスを釣ったのは3回目だそうです。
P8170041.jpg

この川どちらかといえば盤底の川で水はややブルーがかっていて素敵な川でした。ポイントらしいところからは必ず魚の反応が有り、イワナ、ニジマス、Qちゃんが釣れてくれました。ただどの魚も派手な出方は少なくシャイな感じでフライにアタックが多かったようです。
P8170034.jpg

僕のこの日の尺オーバーは写真のイワナ、34センチが一匹のみとやや寂しい結果でしたが、数だけ言えば三桁の釣りが出来ました(Qちゃんも含めてですけど)。で最後に言いたい、この日の天気予報、前日の予報では日中はずっとお天気マークだったのですが、現地では雨、雨、雨。ここまで外されると笑ってしまうしかありませんね。
今回も初めての川に連れて行ってくださった大魔神、ありがとうございます。次回こそはあそこということで予約を入れさせてもらいます。
P8170044.jpg

さて、ここからは大魔神が撮ってくれた写真です。まず入渓早々でかい魚がヒット!痛恨のバラシの儀式が終わった後に大魔神が僕のフライを回収してくれました。
vc 022

斑点がない魚を釣ってしまい、妙に恥ずかしがる釣り人
vc 082

でかい魚を掛けたのでしょうね。ロッドが小気味よく曲がっています。
vc 165

これはこの日唯一の尺オーバーを釣った時、嬉しそうでしょ。
vc 181

ということで沢山の写真もいただきました。思い出がまた一つ増えましたよ。













釣り○○予備軍

この日はお墓参りでした。お墓に着くなり猛烈な雨が降ってきてお参りも程々に帰ってきました。とはいえ休日をとっているのでもちろん釣りに出掛けます。今日の相方は旧友のカズヨシ君、彼にとっては2度目のフライフィッシングとなります。さて少しは上達したかな?写真は今回の川とポイントを攻めるカズヨシ君です。
P8100013.jpg

最初に来た時には持っていなかったランディングネットもちゃんと背中からぶら下がっています。さすが昔から「スタイルから入る」という哲学は徹底していますね。聞けば2万近くもするフライタイイングセットも購入したとか。いよいよ本格的に釣り○○予備軍が誕生しそうです。おやおや釣れましたね。
P8100016.jpg

ネット使わなくてもいいと思うけど・・・そうですか、使いたいんだね。ということで入魂完了。
P8100017.jpg

この日は出発が遅かったので前回行った近郊の川の上流ですが、札幌から数十分という場所にもかかわらずなかなかの渓相です。小型ですが魚もほどほどに居て、今回カズヨシ君も3匹のイワナをキャッチすることが出来ました。
P8100025.jpg

これは今回カズヨシ君がキャッチしたチビイワナです。
P8100032.jpg

僕はというと27センチくらいのを筆頭に数匹のイワナを釣りましたが、今回は何故か写真なしです。27センチを釣った時点でこりゃこれから期待できるかな、という気がして写真を撮らなかったのですが、その後はチビばかりしか釣れませんでした。最後の大場所でニンフを試したときに「これぞ!」というのが掛かりましたがフッキングが甘く無念のバラシ、ま今日はホズトということで・・・(負け惜しみか~)
P8100026.jpg

カズヨシ君、今日は如何でしたか?今度はニジマス釣りにお誘いいたしますので、それまでに沢山フライを巻いて下さいよ。それからキャストの練習もやりましょうね。バックキャストでロッドを寝かせ過ぎないように意識して振るんだよ。
P8100028a.jpg







旬な川?with 大魔神・TWさん

2週間ぶりの釣りになりました。今回同行をお願いしたのは最強の熊除け人大魔神、そして急遽参加が決まったTWさんのお二人です。大魔神との釣行では行き先はいつも彼任せ、さて今回連れていってくれるのは大魔神曰く「旬の川」だそうです。釣り終えてシュンとならなければ何処でも良いあとの二人ですが・・大魔神、今日もよろしくお願いします。              入渓場所での大魔神と僕 撮影:TWさん
CA381036.jpg

川はやや渇水気味のようですが、濁りもなくドライで完璧に行けそうです。ただ霧雨が絶え間なく降っているのですがレインギアは必要ないでしょう。入渓直後から大魔神もTWさんも何やら釣り上げています。魚達の反応は良いようですね。程なく僕のロッドにも尺には届きませんが、めちゃくちゃ元気のいいニジマスがヒットしました。撮影:TWさん
CA381047.jpg

この日のニジマスはこの1匹だけでした。
P8030017.jpg

この川、平坦で歩きやすくのびのびとキャスト出来ます。あまり深みはないのですがここぞというポイントからは何かしら反応があります。大魔神もTWさんもヒット連発の様子。大魔神は大好きなウ様をサクサクッと釣り上げてとても嬉しそうです。
P8030032.jpg

僕はというとこの日はイワナ大漁でとても面白い釣りが出来ました。意外なところから尺オーバーが出てきたり・・下の写真のポイント、大石の手前のヨレにフライを浮かべていると・・P8030044.jpg

35センチもあるイワナが飛び出てきたり
P8030038.jpg

こんな浅い流れから水を割って出たのは・・
P8030046.jpg

28センチもあるイワナだったりして、驚かせてくれました。
P8030045.jpg

この日の僕は、37センチを筆頭に34.5センチまで6匹の尺オーバーを釣り上げるという上々の結果でした。
鱒族40オーバーは今回も持ち越しとなりましたが、年内には何とかなるでしょう。か?
CA381072.jpg

脱渓間近、こんな流れでヒット!岩盤の割れ目から出てきました。
CA381088.jpg

ほら、見て!僕って立つことだって出来るんだよ!(かげまるさんのパクリです)
P8030030.jpg

倒立だってお茶の子さいさいだよ!
P8030041.jpg

この日のベスト、37センチ!黄金色の綺麗なイワナでした。しかもぶっとい。
P8030026.jpg

大魔神様、今日も初めての川を案内していただき本当に有り難うございました。気になっていた川ですが、数年前訪れたときゲートの鍵が閉まっていたので入ることが出来ず、もう行くこともないと思っていたのですが思いがけず訪れることが出来、嬉しかったです。釣果にも恵まれシュンとする事もなく楽しい釣りが出来たこと、感謝いたします。次は車中で話していたあの川に連れていって下さいね。TWさんもお疲れ様でした。三連チャンのようですが今日も明日も老体にムチ打って(僕のことか~)頑張って下さいね。
CA381093.jpg

おまけの画像です。必死になってヘツってる僕と決定的写真を撮りたい大魔神、それを撮ってるTWさん。
CA381086.jpg

落っこちてたまるか・・・うう(つд⊂)
vvc 127

靴がすべるんだよね~。どこに手を掛けるの?ありゃりゃ、手をかけた石が崩れちゃったよ~
vvc 128

ヘツりの時はみんながシャッターチャンスを狙っているので気をつけましょうね(笑)

















プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク