大寒間近のドライフライ

さて、今日はどこに釣りにいこうかな。去年はWRCにハマって5回も連続でボを食らったので出来れば魚の顔が見たいのです。しかもドライで、となると自分の中の選択肢はキンタか小糸魚か2本の川しかありません。小糸魚の除雪情報をtomaTさんから頂いていたのでそちらにしました。林道は除雪してあるとは言え深い轍になっていて車高のある車でなければ無理なようです。今回は第三鉄管橋手前に車を止め第一鉄管から第四コンクリ橋まで釣ってみます。現地気温はマイナス9度、水温は7度くらいでしょうか?ドライに出る!って勝手に決めつけてこの川に来ましたが、本当に出てくれるのか?期待と不安でいざ入渓!
IMGP1011.jpg

第二鉄管橋が見えてきました。ここまで1回魚にフライをつつかれたのみ、とはいえ反応があったのでこの先に期待しましょう。
IMGP1013.jpg

そしてここ、この川の鉄板ポイントです。
IMGP1019.jpg

上の写真のちょうど真ん中あたりから僕のメイフライもどきのフライに飛びついてきた魚が居ました。やりました!今年初のヒットはこの川名物「空飛ぶヤマメちゃん」でした。思い通りドライに出てきてくれたのがとても嬉しかったです。(この際、サイズなんてどうでもいいのですよ)
IMGP1016.jpg

この日の天気は晴れ、風もなくほとんど寒さも感じられず、とても気持ちが良かった~。
IMGP1020.jpg

とりあえず一匹釣れたから満足です。夏場の釣りと違って条件が違いすぎますから。ここまで何度かフライをつつかれましたがヒットは先ほどの「空飛ぶヤマメちゃん」一匹のみ。ところが脱渓地点手前でもう一匹追加することができました。今度はチビニジ君です。ありがとうね。
IMGP1024.jpg

終点の第四コンクリ橋です。
IMGP1027.jpg

帰りの林道は轍の跡をたどったのでとても楽でした。
IMGP1031.jpg

20日は大寒です。この時期にドライで釣れる川って貴重だと思いませんか?そもそも胆振の川に通うようになったのは冬でもドライで釣りたかったからでこの日は初心に帰ったような気持ちでした。ありがとう胆振の川、ありがとう胆振の魚たち。








スポンサーサイト

今年の釣りも「ボ」スタートから

昨年12月14日の釣りからほぼ1ヶ月ぶりの釣り、今年になっての初釣行です。行き先はWRC、一昨年はこの川で5連続で「ボ」を喰らっています。今年は記録更新となるのか、あるいは初釣行初ヒットとなるのか気合だけは十分です。入渓はいつもの送電線下から急斜面を下ります。雪はそんなに深くはありませんが地面が凍っていて滑るので慎重にならざるを得ません。川に着いた時には汗びっしょり、いい運動になりますね~
IMGP0999.jpg

さて、現地の気温はマイナス7度、水温は4度くらいでしょうか。ドライには出そうもないのでニンフを結びます。元旦にはtomaTさん、5日にはシェルパとBianchiさんがそれぞれナイスな釣りをしているので僕も1匹だけでいいから魚の顔が見たいのですが・・・全く何の反応もないまま砂風呂まで来てしまいました・・・
IMGP1004.jpg

魚たちは何処かにいるのでしょうが、僕の巻いたニンフには出てきてくれません。リールはすぐに凍りついて巻き取り不能に、その度に川に入れて融かし・・この繰り返しです。写真は倒木橋のポイントを上流から写したものです。この鉄板ポイントでも無反応でした。
IMGP1006.jpg

終盤は半ばヤケクソでドライを結んでみましたが・・・出る訳ありませんね。ということでWRC初釣行は例年通り完敗という結果に終わりました。次回もここにチャレンジするか、はたまた魚は小さいけれど出る確率の高い隣の川に浮気してしまうのか、悩ましい真冬の釣行となりそうです。
IMGP1007.jpg





プロフィール

中年おやぢ

Author:中年おやぢ
フライ大好きな還暦越えたおやぢ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク