激渋の散歩道

tomaTさんから「金曜日、お散歩ご一緒しませんか~」とメールをいただき、いそいそと苫小牧まで出かけていきました。朝から天気はすこぶる良く、爆釣の予感がします・・・と、こんな日に限って貧果ってのが多いのですけど。さて今回は魚影は極端に薄いのですが渓相は最高という下流域からの釣り上がりです。ここから始めます。
IMGP1708.jpg

テンカラロッドを巧みに操るtomaTさん、狙うは「tomaTの穴」。が、しかし何も出てきません。
IMGP1717.jpg

しばらくしてtomaTさんに小型のニジがヒットしました。僕はといえばここまで、まだ一匹も釣れていません。
IMGP1718.jpg

爆釣の予定がこの釣れなさ、想定外です。そんな僕を可哀相に思ってか、気のいいニジ君がご挨拶、小さい・・・
IMGP1723.jpg

背中のネットには途中で採ったギョウジャが収まってます。今日の目的は「散歩」ですから、それもありですね。
IMGP1727.jpg

結局このポイントでやっと「大漁」、この後一匹追加してこの日の釣り、いや「散歩」は終わりました。
IMGP1739.jpg

「散歩」の締めは「苫亭」のラーメンです。この日はウインナー3本、採れたてのギョウジャがトッピングされた極上の一品でした。結構歩いただけに汁物は五臓六腑に浸み入ります。美味しゅうございました。
IMGP1743.jpg

tomaTさん、いろいろいただきまして有り難うございました。途中でいただいたビー○にはびっくりしました。旨かったです。締めのラーメンもいつもながら最高でした。天気も最高だったし、ギョウジャもフキも収穫でき、最高の「散歩」でしたね。








スポンサーサイト

釣り、後「園遊会」

土曜日、SMC恒例シェルパのGさん主催の園遊会が一年ぶりに開催されることになりました。仕事の都合上、土曜日に休みを取って翌朝早くに札幌に戻ってくるという結構ハードなスケジュールに。土曜日はTWさんを誘ってBF川やらOS川、TSB川をやってみたいと思っていましたが、前日夜にシェルパから電話がありどこも雪代やら増水で厳しそうとのこと。結局やってきたのはいつものWRCでした(笑)写真:いつものWRCといつものTWさんIMGP1659.jpg

上の写真を見ておわかりでしょうか?TWさんの腰には白いレジ袋が、もう相当収穫しています。今日は山菜採り7釣りが3のウエィト配分だそうです。それでもここぞと言うときは釣りに集中、ポイントごとにサクサク釣り上げています。ただこの日はドライに反応するも如何せん小型の魚ばかりです。数こそ釣れましたがサイズ的には最大で23センチ止まりでした。
IMGP1656.jpg

脱渓予定の橋が見えてきました。集合までにはたっぷり時間はあるのですが、普段当たらない天気予報がこの日に限って当たりポツポツと雨が降ってきました。なら次の橋までの短い区間を釣って切り上げようと言うことに。あっと言う間に次の鉄管橋に着いてしまいました。
IMGP1668.jpg

ここで未練がましく橋の上から左の巻き込みにキャスト!結構な深さがあるにもかかわらず泡の下から魚がフライめがけて飛びついてきました。最後の最後に面白い釣りが出来たのでまあ良しとしましょうか。
IMGP1671.jpg

さて、シェルパにTELしたところ2時間前にもかかわらず、すでに現地に着いているとのこと。僕たちも結構ネギを収穫したし、それの下準備もあるということで目的地に向かいました。<中略>さて到着しました。すでにGさん、かわせみさん、BIANCHIさんが来ていて準備してくれています。TWさんは早速ネギの下こしらえです。今回のBBQも勿論、屋外ですが今年は特に寒いです。しばらくして馬平さん、初参加の梅太郎さんも到着、ふるえる中、ビールで乾杯~。そして待望のBBQが始まりました。今回「火」を仕切ったのはかわせみさんですが「肉」はTWさんが手際よく焼いてくれました。それにしてもネギとジンギスカンは抜群の相性、美味いのなんのって(嬉っ)
IMGP1675.jpg

今回、年齢層が高かったせいか(失礼、自分のことです)肉が少し残りましたね。
IMGP1685.jpg

さて、焼き肉が一段落したので今度は部屋に戻って二次会です。飲んべえばかりにしてはお酒が少し足りないような・・・でもおかげさまで翌朝はすっきり目が覚めて仕事にも支障無し、飲んべえはこうでなくっちゃ??
IMGP1686.jpg

シェルパのGさん、毎度の事ながら幹事をやっていただき本当に有り難うございます。最近は外で焼き肉をする機会もめっきり減って寂しい限りですが、こうやって園遊会でダイナミックにお肉がいいただけるのは嬉しい限りです。二次会も含めて本当に楽しい時間を過ごせました。改めて感謝いたします。










こどもの日

約2週間ぶりの釣りです。今回はご近所のTWさんをお誘いして道央のとある川を訪れることに。この川、去年のこの時期にTWさんがドライで35センチのニジマスを仕留めた川で、嫌が応にも期待で胸が膨らみます。雨続きだったこのところの天気もなんとか日中は持ちそうです。写真は同行してくれたTWさん、老眼進行中?今日もよろしく!IMGP1606.jpg

さて川に降りて早速TWさんが水温検査、5度?手を入れると流石に冷たく指先がしびれるようです。でもやっぱりドライだよね、と二人してドライを結び釣り上がります。ところが行けども行けども何の反応もありません。痺れを切らしたTWさんがニンフにフライチェンジ、サクッとボ回避の一匹目を釣り上げました。
IMGP1614.jpg

僕はといえば意地になってドライを結んだまま。全く無反応のまま、この川のビッグポイントが連続する巨岩地帯に着いてしまいました。ここでは僕もニンフです。この日のためにヨッパでヘベになりながらも懸命に巻いたビーズヘッドを結んでキャスト。写真は最初のポイントを釣るTWさん。
IMGP1616.jpg

岩の手前から落としたニンフ、流れにのったマーカーがククッと逆方向に、掛かりました。本日の初ヒット!デカニジか?いや、小ニジでした。
IMGP1620.jpg

とは言え、久しぶりに見たお魚さん、嬉しいので記念撮影。写真提供:TWさん
CA380246a.jpg

さあ、どんどん上に上がりましょう。ニンフには格好のポイントが連続します。写真提供:TWさん
CA380249.jpg
写真提供:TWさん
CA380250.jpg
写真提供:TWさん
CA380253.jpg

ここは最後の大場所で期待していたのですが、写真のとおり小枝が沢山水面に張り出していてキャストもままならず小ニジ2匹という結果でした。ちょっと悔しいかな。
IMGP1633.jpg

結局この巨岩地帯では写真のような小ニジ数匹と戯れ、デカニジには会えませんでした。
IMGP1624.jpg

一段落したところで上流を見るとこちらに向かって手を振るお方が・・・誰かと思ったら「かげまるさん」ではありませんか。聞くところによるとこの辺の川巡りをして本日4本目の川だとか、なんとベストを忘れたyamameさんも加わりました。4人でちょっと上まで釣ってみましょうか。写真:小滝の上で手を振るかげまるさん
IMGP1635.jpg

水温も上がってきたようなので再びドライにフライチェンジです。すぐにヒット!見事に小さい。
IMGP1640.jpg

yamameさんはビーズヘッドを駆使して頑張りますがやはりお子さま達に遊ばれている模様です。
IMGP1644.jpg

かげまるさんは釣りは二の次、今日もギョウジャ採りにいそしんでいました。
IMGP1646.jpg

みなさんそこそこ釣れたようですが良いサイズには巡り会わなかったようです。GWも終盤とあって、川原には沢山の足跡がありましたから、さもありなんというところでしょうか。ところで脱渓地点で下の写真のように魚達が無惨にも捨てられているのを見つけました。釣って持ち帰るのはまだしも、捨てて行くなよ!捨てるくらいなら釣るな!釣り人の資格無し!と思うのは僕だけでしょうか?魚と言えどこう命が粗末に扱われるのは悲しいですね。
IMGP1648.jpg

この日の天気は一日を通してはまずまずでしたが、如何せん魚達の活性が低く苦戦した釣りとなりました。1週間後ならもっと気温も水温も上がり良い釣りが出来るかも知れませんね。ま、子供の日にチビッコ達と遊んだし、意外にもかげまるさん、yamameさんというSMCの仲間にも出会えたし楽しい休日でした。
IMGP1650.jpg













プロフィール

中年おやぢ

Author:中年おやぢ
フライ大好きな還暦越えたおやぢ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク