異種格闘技 道央編

今回は大魔神とHALさんの釣りに加えてもらい道央の川に連れていってもらいました。去年の晩秋に大魔神と初めて訪れた時はそこそこいい思いをした川なのですが、この時期はどうなのでしょうね。水温は低そうですが・・・
IMGP1982.jpg

ニンフで釣り上がってしばらく反応がなかったので、どうせ釣れないなら、とドライにフライチェンジです。と、あっさりと33センチのぶっといイワナが釣れてしまいました。
IMGP1986.jpg

こりゃスタートからいい感じだと気合い十分に釣り上がりますが・・・行けども・・
IMGP1988.jpg

行けども・・・僕のフライにはドライにもニンフにも全く反応が無く脱渓場所まで来てしまいました。
IMGP1994.jpg

大魔神もHALさんも40オーバー、50オーバーと結構釣ったようですが、フライの僕はたった一匹、しかも30センチ台。完敗でした。最初にドライで釣ったことで積極的に沈める釣りをしなかったこと、大魔神との釣りの時はまずバラシの儀式から始めるのに、それを怠ったことが敗因でしょうか。悔しい釣りとなりました。帰りの林道は足取りも重く・・・お~い、待ってくれよ~、置いて行かないでよ~
IMGP2003.jpg





スポンサーサイト

尺上四連発!

一昨日久しぶりにホームで釣りをしました。しかしその先、北海道神宮祭の山車に関わっているため、次に釣りに行けるのは(今のところ休みの目途が立つのは)今日しかない、ということで大魔神を拉致して道央の川に連れて来てもらいました。前々日の疲れと筋肉痛がまだ残っていますが水に浸かれば何とかなるでしょう。大魔神、今日も宜しくお願いします。
IMGP1911.jpg

今日の天気も申し分ありません。水温は8度くらい?水はやや濁り気味ですがドライが無理と言う状況ではないようです。ではドライで釣り上がろう、とこんなポイントにやってきました。ここは一昨年35センチのニジが出たところです。
IMGP1909.jpg

流れの奥、白泡の切れたあたりから素早く僕のフライを捕らえたのは銀ピカのニジマスでした。計測すると34.5センチ、一昨日の34センチを5ミリ越えて記録更新です。最初のヒットが尺越えですから気分は最高!
IMGP1908.jpg

ところがなかなか後が続きません。もとより、この川はあまり魚が多いとは言えない川なので想定内なのですがそれにしても釣れません。ところが大魔神は結構釣ってるんです。こりゃ沈めてみようかな、と言うことでニンフにチェンジ、そして格好のポイントが現れました。写真の流れ、マーカーがちょうど右下に来たとき突然止まりました。合わせてみると魚が付いているようです。しかも流れが速く重いのですが、流れを差し引いても結構なサイズのようです。
IMGP1933.jpg

寄せては走られ又寄せては走られ、自分としてはかなり慎重に岸にズリ上げました。見事な魚体、計ってみると41センチありました。今年初の40アップです・・・でも・・あれ?
IMGP1926.jpg

よく見るとこの魚、誰かさんのミノーをくわえて居るではありませんか。前日の物らしき足跡が川原にあったので、その方が釣ったはいいけどラインをブッチ切られたと推測されます。地団駄踏んでくやしがってる様が目に浮かびますね。それにしても懲りない魚です。
IMGP1929.jpg

この二匹でもう充分ですが、まだ脱渓地点まで少し残っているのでもう一がんばりしましょう。さすがに足も疲れてきましたがまだ「大漁」に至っていません。今度はドライでやりましょう。何気なくキャストした何の変哲もないポイントから・・・
IMGP1939.jpg

出た~!これもでかい!なんと36センチもありました。今月7日に作った自己記録をあっさり更新、しかも「大漁」のおまけ付きです。影とレンズの水滴で写真が見ずらくてごめんなさい。
IMGP1937.jpg

さて、いよいよ脱渓場所の堰堤が見えてきました。この堰堤下はやや深くなっているのでニンフで攻めてみましょう(僕の釣りも随分柔軟になったものです)IMGP1946.jpg

よっこらしょとキャストしたBHニンフ、マーカーがククッと引かれ・・・釣れました!この日の4匹目、サイズは31センチでした。
IMGP1948.jpg

この日釣れたのは4匹です。その全てが30オーバーという素晴らしい結果でした。ただタイトルの「尺上4連発」って言えるほどコンスタントに釣れたわけではありませんが・・まあそれしか釣れなかったけど連発には違いないようで・・・大魔神は43センチ、38センチ、36センチと釣りました。朝ちょっとしたハプニングが二つほどありスタートが遅れましたが、「魚は少ないけど釣れればデカイ川」は健在でしたね。今度はいよいよあそこでしょうか。 今日はどうもありがとうございました。
IMGP1949.jpgおわり












ホーム参戦!

何やらかにやら忙しく、朝チョコを除いて3週間ぶりの釣りになりました。山菜のシーズンもほぼ終わったことでしょうから「釣り」一点に集中すべく、気になっていたホームへ向かいました。現地に着いてみるとゲート前には一台の車もなく今日の一等賞みたいです。川を見るとやや水量は多いようですが何とか渡河も出来そうです。とりあえず一号橋まで自転車に乗ってそこから釣り上がることにしました。水温は指の感じでは8度くらいでしょうか?まずはドライで行ってみましょう。
IMGP1834.jpg

川をまたいでいた倒木が流されてしまったポイントです。写真よりちょっと上流に新しいポイントが出来ていました。ドライをキャストするとバイトがありましたが後が続きません。ニンフに結び替えて一投目、マーカーがククッと引っ張られました。しかしファイトもなく弱々しく上がってきたのは「おはようQちゃん」、むむうですね。
ここではあと数回魚が掛かったのですがいずれもバラし、TW病にでも罹ったのでしょうか。
IMGP1836.jpg

それでも、「まあこれでボ回避じゃ」と納得しつつ(してないって~)上流に向かいます。期待していた、堰堤下の深みがすっかり浅くなりがっかりしつつ堰堤上のこんなところから・・・
IMGP1840.jpg

本日の初マス族が釣れました。サイズ的には中学生みたいなものですがまずは一安心です。
IMGP1838.jpg

おやおやもう2号橋です。ここまでQちゃん一匹、チビイワナ一匹。釣れてませんね~。ここから気合いを入れましょう。とは言ったものの殆ど反応がありません。このポイントまで釣り上がってやっと・・・
IMGP1849.jpg

ニジマス君が釣れました。三目釣り達成です!(威張っては言えないですけど・・・)
IMGP1848.jpg

ここでは痛恨のバラシ、オレンジ色の魚体が確認できただけに悔しかった~
IMGP1854.jpg

流れの向こうのタルミからカディスに飛びついてきたのは・・・
IMGP1859.jpg

泣き尺サイズのイワナ君です。
IMGP1858.jpg

そしてここまで来ました。去年のホーム参戦のときに35センチのニジマスが出たポイントです。最初のキャストで小さなイワナが釣れましたが、もっと大きいのが潜んでいるはず・・フライは#6,見つけてくれよ、と
IMGP1864.jpg

流芯の脇を流れるカディスめがけて、底からふわっと浮いてきてフライをとらえたのは結構太いニジマスでした。今年初のニジマス尺越えです。サイズは34センチ、去年に1センチ届きませんでしたが大満足です。
IMGP1862.jpg

この後更に上流を目指したのですが、渡河に失敗し全チン、ずぶぬれのシャツやTシャツを熱くなった川原の石で乾かし、さあ行くぞと言うときにまままたチン、原因はウエーダーのフェルトがすっかりすり減っていたことなんですが・・・おまけにチンしたときに、ベストのポケットに入れておいたはずのカメラが流されたと思い込んで1時間以上捜したり(ウエストポーチに入れてたんですね~これが・・)すっかり疲れてしまい切り上げることにしました。帰り道の林道は崩落が激しく自転車も使えないような有様でした。
IMGP1866.jpg

こりゃひどいね。
IMGP1867.jpg

ちょっと怖いです。
IMGP1870.jpg

ありゃりゃ林道がなくなっちゃった~
IMGP1871.jpg

最後に1号場所下流でちょこっとやってみました(しつこい釣り人だねぇ)
IMGP1878.jpg

釣れました!ごきげんようニジマス君です。この日は最初から最後まで晴れていて汗をかくほどでしたが2度全チンしたおかげでクールダウンできました(笑)久しぶりのホームはポイントにかなりの変化が見られたこと、魚が少ないかなと言う印象でした。しばらくは来られないかも知れませんがここはキノコの宝庫ですから、また秋にでも訪れようと思ってます。キノコも魚も大きくなって待っていて下さいね。
IMGP1877.jpg














仕事前に朝チョコ

さて、6月になりました。道央道南ではヤマメが解禁になり、ヤマメ釣り師たちには心躍る特別な日と思われます。自分はというと、ヤマメにこだわりはありませんが先月の17日から釣りに行ってません。ま、休めない日が続いたわけで致し方ありませんが、6月も金曜あたりまで休めそうもないので、意を決して近場で朝チョコをする事にしました。途中GSで給油中、TWさんが僕を見つけ励ましの言葉を掛けてくれました。彼は今年初めての中山越えでホームにチャレンジするそうな。良い釣りになるといいですね。ということでやって来たのはここ。僕の昔のホームです。
IMGP1817.jpg

時間も限られているのでポイントごとの拾い釣りです。まずは毎回来る度に何かしら釣れるこの堰堤からスタートしましょう。ビーズヘッドのニンフを結んでよいこらしょっと・・・
IMGP1822.jpg

黄色いマーカーが流れと逆方向にククッと引っ張られました。ヒットです!時間がないからと言ってこんなに早く釣れるとは思ってもみませんでした。26センチのニジマス君です。ありがとう、君はいいやつだね。
IMGP1821.jpg

さい先の良いスタートでしたが、何故かこの後は何も釣れませんでした。でも一匹釣れただけで十分です。実はこの日は釣りよりも山ウドを採るという目的があったのです。この川沿いには結構山ウドが生えていて毎年この季節には訪れているような・・今回も収穫できましたよ。今夜はテンプラです。
IMGP1833.jpg

この川、雪代が収まるたびに渓相ががらっと変わります。今年も又新しくできたポイントが結構ありました。ドライに出るようになったらもう一度訪れて見ようと思ってます。今日は3時間弱の朝チョコでしたが、魚も釣れたし、ウドも採れたし大満足です。
IMGP1827.jpg

支流との出合いも流れが変わりました。
IMGP1828.jpg





プロフィール

中年おやぢ

Author:中年おやぢ
フライ大好きな還暦越えたおやぢ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク