今年最後の大物狙い?

土曜日の夜はSMCの忘年会でした。その席でひょんなことから梅太郎さんと日曜日に釣りに行くことを約束しました。準備の都合もあるしということで僕は二次会へは行かず帰宅、翌日に備えます。さて当日梅太郎さんを迎えに、なんと二次会にも出られたと言うことでしたが元気はつらつ、梅太郎さん今日はよろしくお願いします。写真は今日の相方梅太郎さんです。
IMGP2709.jpg

目的の川は今年2度チャレンジしていずれもボを喰らっています。一昨年には随分良い思いをした川だけに最後は白黒つけたいと言う気持ちでやって来ました。川は濁りもなく平水のようですが如何せん水温がかなり低そうです。ドライには出てきそうもないので最初からニンフを結びます。入渓してすぐに反応がありましたが痛恨のバラシ・・・ま、これは儀式みたいなものだから・・・でも結構デカかったな~
IMGP2703.jpg

早くに反応があったもののその後はさっぱり、梅太郎さんのルアーにも全然反応がないとのこと。結構釣り上がってやっとのことで最初の一匹が釣れました。この川のニジマスとしては小さいですけれどボ回避の嬉しい一匹でした。
IMGP2715.jpg

昼を過ぎた頃からは少しずつ魚達の活性が上がってきたようです。とはいえ掛けた魚はことごとくバラシ・・食いが浅いのかアワセが弱いのか、悔しい思いを引きずりながらやってきた写真のポイント。よっこらしょとキャストしたニンフのマーカーがススッと逆方向へ・・・
IMGP2723.jpg

ヒットです!しかもかなりの手応え、ここはバラしてなるまいぞ、と慎重に慎重にズリ上げランディング。上がってきたのは42センチのメスの(梅さん談)ニジマスさんでした。
IMGP2720.jpg

どうしても釣りたかった一匹を釣ることが出来ました。この夏のリベンジ達成です。この日の釣果は二匹でしたが十分満足できる結果です。梅太郎さん、先行させていただきありがとうございました。と同時に釣れない釣りに付き合わせてしまい申し訳ございませんでした。最後の沢の脱渓で昨日のお酒も完全に抜けたでしょうね。今度は梅太郎さんの言っていたあの川に連れていって下さいね。
IMGP2731.jpg

最近マイブームのクマの糞の写真。足跡の大きさからして主はかなりの巨体ですね。おー怖っ!





スポンサーサイト

気まぐれな帰宅

先日は雪も降ったことだし、今年通いつめたA川水系やY川水系では多分釣りにならないだろう、と勝手に判断し、やってきたのが自称ホームのこの川、今年1度しか訪れていないのにどこがホームなんだと突っ込まれそうですが、放蕩おやじのやることですからご勘弁を。同行してくれたのがTWさん、サンダーバード2号と僕のスマート号で2号橋まで行き、そこから釣り上がります。
IMGP2665.jpg

入渓した時点で水温は5度。こりゃドライでは無理だな・・僕はためらいなくニンフを結びます。ドライ主義のTWさんも、しぶしぶニンフを結んでスタートします。IMGP2676.jpg

かなり釣り上がって来ましたが二人とも魚からの反応はありません。そのうちTWさん伝家の宝刀であるカディスにフライチェンジ。それでも全く反応がありません。実績のあるポイントをドライとニンフで攻めているのですからどちらかに何らかの反応があってもいいのですけど・・・撮影:TWさん
KC4D0402.jpg

あまりの釣れなさに二人共ほぼギブアップ状態。そろそろ脱渓しないと帰り道が暗くなります。どうせ釣れないなら、と僕もカディスを結んでの最終段階、写真のポイントでTWさんのフライを魚が吸い込みました。残念ながらフックには乗らなかったようですが間違いなく魚は居ました。
IMGP2684.jpg

TWさんがこのポイントを後にしても、僕はしつこく流し続けました。と、フライが少し沈んだその時、黒い影がふわっと浮いてきてそれを咥えました。この日の初ヒット!31センチのニジマス君でした。やっとのボ回避です。
IMGP2681.jpg

陽が傾いてきました。いよいよ脱渓しなければなりません。ここで切り上げましょうと決めた場所のすぐ上に、おいしそうなポイントがあるではありませんか。釣れる釣れないは別としてTWさん、やってみてください。と、いきなりヒット!
IMGP2690.jpg

高価なSCLを満月のようにしならせて上がってきたのは35センチの見事なレインボウ。やったねTWさん!価値あるサヨナラ満塁ホームランでした。ここがホームと自称する僕とは違い、サブホームと呼んでこの川に何度も通っているTWさんですから、当然のご褒美と言っても過言ではないでしょう。
IMGP2693.jpg

二人のどちらかが「ボ」で終わるのと、二人して一匹ずつでも釣るのでは帰り道の会話も違って来るでしょう。上々の結果だったと思います。久々にTW魂を見せてもらいました。お疲れ様でした。帰りの林道ではプーさんのウンチが「また来年もおいでよ」と二人に囁いているようでした(な、わけないだろって)
IMGP2698.jpg






参りました!

前日の日中はとても良い天気でした。しかし夕方から雲行きが怪しくなり雨が降ってきました。翌日は大荒れの予報、とは言え少ない休みですから釣りに行かねばなりません。と言うことで久々の「悪天候コンビ」相方は大魔神です。案の定、目的としていた川はコーヒーブラウン、次の川も同じです。三番目に覗いた川がかろうじて釣りになりそうだったので入ってみることにしました。写真は今回の川と大魔神です。
IMGP2648.jpg

気温は4,5度でしょうか、ロッドを持つ手がかじかんできます。おまけに雨が降ってきました。ゴアのジャケットを着て行ったのですが、古いせいか雨が浸みて下のシャツを濡らし気持ち悪言ったらありゃしません。今回はキノコ採りとドライフライは封印です。へたくそなニンフですが、こんなポイントから
IMGP2653.jpg

凍える僕を不憫に思ったのか、気のいいニジマス君が出てくれました。
IMGP2651.jpg

川は普段より10センチ以上は増水していて、流れは強く底は滑るはで、渡河にも慎重にならざるを得ません。数時間しか釣りをしていないのにかなり疲弊してきました。さらに降り続いていた雨が、途中からみぞれを経て雪に変わるという始末。ジャケットもベストもびしょ濡れです。参りました!もう寒くて釣りを続ける気力が無くなりました。ギブアップです。写真は雪降る中、釣りを続ける大魔神。この方寒くないのかしら?
IMGP2661.jpg

僕の釣果はかろうじて2匹、大魔神はと言うと15匹も釣ったそう。この時期はやっぱり生餌には敵わないのでしょうか。ニンフィングももっといろんなメソッドがありそうだし、学ばなくては・・
IMGP2663.jpg

大魔神様、今年も何度もご一緒していただき、本当にありがとうございました。







最後の大物狙い?

空には時折雪虫も舞い、冬の到来も目の前まで来ているな~と実感できる季節になってきました。ドライでの大物狙いも今回で今年最後になるかもしれない・・ということで道央のとある川に向かいました。同行してくれたのはTWさん、そして苫小牧のtomaTさんと途中で落ち合いトリオでの釣行となりました。目標は「一匹釣る」です。現地に着いて川を見ると濁りはなく平水のようです。ただ水温が7度しかありません。今日は一体どんな釣りになるのでしょう。写真はMMZの名手tomaTさんとドライで果敢に攻めるTWさんです。
IMGP2605.jpg

到着したは頃ポツポツと降っていた雨ですが、時折雨足を強めたり、かと思えばまた降り出したり・・今回はドライで!と強い決意で臨んだのですが、この低水温では出ないかも・・とわずか数投でニンフにフライチェンジした軟弱な自分が情けなか~(TWさんはドライでかなり粘ってました)とは言え魚の顔が見たい。その一念が通じたのかファーストヒットは僕のニンフに来ました。36センチのアメマス君、ありがとう!
IMGP2606.jpg

とりあえず魚は居ました。「一匹釣る」という目標も達成して僕は余裕のキノコおやじに変身、今回はエノキが沢山採れました。TWさん、tomaTさんの両方も腰に袋をぶら下げキノコ採りに勤しんでいます。おいおい釣りはどうしたの、って突っ込んでみたってこの時期仕方ないですね。さて次のヒットはtomaTさんに来ました。まずは38センチのアメマスをサクッと釣った後、46センチのアメマスをヒット、全く持ってMMZ恐るべし・・・写真は38センチを取り込み中のtomaTさん
IMGP2622.jpg

その後tomaTさんは43センチのアメマスを一匹追加して大漁です。僕はというとその後は泣かず飛ばず、というかキノコに目がいってあまりロッドを振っていません。昼過ぎから雨も上がり陽も射してきました。終盤はドライで決めたい・・・ラストポイント。TWさんがまずキャスト・・沈黙です。次に僕、TWさんがトレースしなかったレーンにフライをキャスト。底の方から黒い影が浮いてきて僕のフライを捕らえました。デカい、重い、ニジマスだ!・・慎重に岸までズリ上げ計測すると42センチありました。
IMGP2638.jpg

最後の最後にドライに出てきてくれたニジマス君には感謝の気持ちでいっぱいです。去年この時期にこの川を訪れた時はもう少しドライに反応がありましたが今年は殆ど反応無し、ドライ戦士のTWさんには悔しい釣りになったと思います。また来年チャレンジしましょうね。tomaTさん、今度はWRCでお会いしましょう。お疲れさま、そしてありがとうございました。
IMGP2639.jpg




プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク