そうはイカキン

さて2月に入り2回目の釣りとなりました。今年の冬はどうやら暖冬のようで、あまり寒さも厳しくないようです。今回は放っておいたらまた冬眠してしまいそうなTWさんを無理やりお誘いして胆振の川に向かいました。ありがたい事にTWさんは僕用の自転車を車に積んで迎えに来てくれました。これで入渓場所までの移動が格段に早くなります。
USER4499.jpg

国道から川までの入渓は、tomaTさんとシェルパが前日の脱渓時に残しておいてくれた踏み跡のおかげで、案外楽に済みました。TWさんによると水温もそこそことのことなので勿論この日もドライを結びます。TWさんはとりあえず実弾でトライ、早々にボ回避の1匹目を吊り上げました。写真は大きいのを掛けた直後、木化けの術に嵌ったTWさんです。
USER4503.jpg

釣り上がって間もなくこんなポイントがやってきました。いつもは反応がない場所ですが、写真の真ん中、たるんだところから僕のフライめがけてビシャっていう感じで飛びついてきた魚がいました。
USER4511.jpg

「ボ」回避のうれしい一匹です。頬とおなかをピンクに染めて・・・女の子でしょうかねぇ。
USER4509.jpg

幸先のよいスタートを切りました。こりゃこの日はビシバシ間違いないぞと意気揚々と釣り上がりましたが、結果から言うと釣れたのはこの一匹のみという貧果でした。いくら暖かい日とはいえまだ2月の下旬です。ボが当たり前の季節に1匹しか釣れなかったことを貧果と呼ぶとは思い上がりもはなはだしい、自分に「渇!」
USER4512.jpg

上の写真は土がえぐれ、植えてあった木が倒れて出来た新しいポイント、ってこんなとこで竿出せるわけないじゃん(笑)
結局、最初の脱渓地点を通り過ぎ上の橋まで行っちゃいました。林道はきれいに除雪されとても楽に戻ることが出来ました。帰りの車の中で足が攣ることもなく、家に帰っても足は攣りませんでした。このルート、正解だったかな?TWさんこの日もどうもありがとうございました。
USER4515.jpg







スポンサーサイト

2月のドライ

約1ヶ月ぶりの釣りです。同行をお願いしたのは冬眠中だったTWさん、そして現地ではtomaTさんが迎えてくれました。天気は曇り、ちょっと風が強いでしょうか。予報では午後3時頃からみぞれ模様になりそうなので、早めに片を付けましょう。ということで雪を漕いで川に向かいます。若干重めのtomaTさんが先導してくれたので僕たちは踏み跡をなぞって楽々到着。さて水温はというと7度とのこと。これなら勿論ドライでしょう、って何度だろうがドライでした。写真はこの日の相方、tomaTさんとTWさんです
USER4465.jpg

さて入渓早々tomaTさんがサクッとヤマメを釣り上げました。負けじとTWさんも小型のニジ君をヒットさせます。僕はというと高枝に引っかけたフライを取ろうとして竿先をポキッ!トップガイドの根元から折れてしまいました。幸いにもtomaTさんがテープを持っていたので応急処置です。前回に続いてまたかよ!ですがこれで何とかなるでしょう。
USER4444.jpg

2月のWRC、昨年はドライで釣ってます。この日も気温がやや高めだし、水温も7度あるのでお茶目なニジマス君ならきっと遊んでくれるだろうと・・・とあるポイントでこの日の初ヒット!ボ回避の一匹はそこそこサイズのニジ君でした。
USER4446.jpg

この日のTWさんは生餌(特製だそうです)で結構釣っていました。勿論大きいのもバラしていましたが・・・
USER4448.jpg

このお方はというと、相変わらずの釣りまくり、50匹近く釣っていました。恐るべしtomaT釣法。
USER4455.jpg

僕は最初の一匹を釣った後は全くの泣かず飛ばず、ボを回避したからいいか~、じゃなくってもう一匹くらい釣りたいな。とやって来たこんなポイント、写真の丁度真ん中あたり、水面下の倒木の脇から結構派手に僕のフライをくわえました。
USER4460.jpg

尺には届きませんが結構なサイズのニジマス君です。きっとお腹がすいていたのでしょうね。
USER4457.jpg

釣りも終盤にさしかかった頃、予想していたよりも早めに雨が降ってきました。今回は脱渓予定場所で予定通りの脱渓です(笑)急斜面を息も絶え絶えになりながら、やっとの事で上り切った頃には雨が雪に変わり吹雪きになってきました。そんな天気でも「苫亭」は開店してるんです。ワカメとベーコン入りみそラーメン、美味しゅうございました。
USER4470.jpg

帰り道、朝来るときには出ていた路面が積雪でグシャグシャになっていました。坂道を上れないバスもありました。そんな道を轍にタイヤを取られたりで大変な思いをして僕を家まで送り届けてくれたTWさん、感謝してます。お二方にはどうも有り難うございました。








プロフィール

中年おやぢ

Author:中年おやぢ
フライ大好きな還暦越えたおやぢ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク