大漁節を歌っていいのか?

昨年12月に訪れた胆振の川、今年になって初挑戦です。僕にとってのこの川は5月の川というイメージですが今回は雪も無く例年の5月の風景ですね。可憐なスミレちゃんが優しく出迎えてくれました。それではレッツゴー!
USER4695.jpg

この日ご一緒していただいたのは右側、tomaTさんと左側K君です。
USER4700.jpg

tomaTさん、最初は餌でのスタート、僕とK君はドライフライを結んでスタートします。tomaTさんはいつもどおりにサクッと大漁達成、フライ組での最初のヒットはなんと(失礼)K君でした。
USER4693.jpg

K君はそのすぐ後にも一匹を追加して絶好調・・・僕はというと・・・全然釣れません(泣)やっと釣れたと思ったら、一番釣りたくなかった禁魚だったりして(笑)
IMGP0572.jpg

それでもやっと写真のような斑点のあるお魚さんを二匹追加して「大漁達成!」
USER4709.jpg

この日はちょっと汗ばむほどの陽気で、絶好のドライ日和かと思いましたが思いの外釣れませんでした。スタートで絶好調かと思われたK君も後が続かず最後に1匹釣ってかろうじて大漁という結果。やっぱり5月なのでしょうか。でも木の葉が鬱蒼としてくる季節はプーさんも元気いっぱいだし、なんとも・・ですね。
締めは「苫亭」のラーメン、今回のトッピングはカニカマ、メンマ、ワカメ、そしてtomaTさんが釣りながら採取したギョウジャニンニクです。美味しゅうございました。いつもありがとうございます。
USER4722.jpg

撮影:tomaTさん
2015042611490000.jpg

撮影:K君
IMGP0569.jpg

恒例の・・・
USER4715.jpg

皆さんお疲れ様でした。またよろしくお願いいたします。
PS:今回の釣行でK君が脱渓地点の川原に5Pパックロッドの2番目を置き忘れてきました。もし見つけられた方が居ましたら、保管しておいてくださいませんか。場所は「看板」のところから1キロくらい上流だったと思います。よろしくお願いします。







スポンサーサイト

やったね、リベンジ!

さて今回もやってきましたWRC,なんとしてもK君にこの川で魚を釣ってもらいたいと無理やり誘いました。現地ではまたまたtomaTさんがお付き合いしてくださいました。前回とは打って変わって最高の天気です。4月のこんな日に釣れない訳はないはずですが、本当のところどうなのかな?それではレッツゴー!
USER4658.jpg

入渓早々tomaTさんがすぐに大漁!僕も小さいのを釣ってボ回避です。今回の釣りの目的はK君にこの川で1匹釣ってもらうことですからK君優先で釣りあがってもらいます。あそこにキャストして!とうそのポイントを教える僕です。撮影:tomaTさん
2015041210240000.jpg

とんでもない先輩(僕です)と打って変わって優しく教えるtomaTさん、写真の真ん中上に「ピンポイントで打ち込んで!」と。僕の言うことを聞かないK君もtomaTさんの言うことなら良く聞きます。(ラーメンのおかげか~)珍しく(失礼)一発でキャストが決まり水面下からビシッっと魚が出てきました。
USER4662.jpg

やりました!K君にとってこの川で初めて釣り上げた魚です。思えば昨年の12月上旬、すごい雪の中5人でこの川に入ったとき以来魚の顔を見ていなかったK君です。これでやっとWRCの呪縛から解放されましたね。嬉しいっしょ。
USER4665.jpg

K君の快進撃はこのあとも続きました。写真を見れば「ああ、あそこね」って言うポイントではなんと3匹も連続ヒットさせるという快挙。これも彼には初めてのこと。勿論tomaTさんの指導があったことは言うまでもありません。撮影tomaTさん
2015041211540000.jpg

僕はといえば、とりあえず二桁以上の釣果でした。ただなかなかサイズの大きいのが釣れず、写真のがこの日一番。あ、そうそう最初は餌からスタートしたtomaTさんですが、途中からテンカラに変更しても釣りまくっていましたよ。
USER4690.jpg

締めは「苫亭」のラーメンです。今回はタケノコ、ワカメ、そしてtomaTさんが釣りをしながら採取したギョウジャニンニクがトッピングされたラーメンでした。美味かったです。tomaTさんのおかげでK君は5匹も釣る事が出来たし上々の一日でした。次回はこの川の下流域、あるいは隣の川になるのかな?その時はまたよろしくお願いします。
USER4691.jpg








四月なのに激渋?

いよいよ4月の到来です。今回はK君を誘っていつもの川にやってきました。現地ではtomaTさんが出迎えてくれレッツゴー!この日の釣行エリアはいつもの区間よりいくぶん下流域から。入渓場所までの林道が車では無理なのでしばらく歩きます。撮影:K君
IMGP0533.jpg

天気は珍しく曇りで気温も寒いくらいです。ただし水温は10度くらいありそうなのでビシバシいけるでしょう。なんてったって4月のWRCですから・・・前々日降った雨のせいか水量はやや大目ですが濁りはそれほどきつくはありません。撮影:tomaTさん
12015040510010000.jpg

ところが意に反していけども行けども魚からの反応がありません。(最近はこればっかり) かなりの距離を釣り上がり写真のポイント、倒木の際を流してやっとこの日の1匹目が釣れてくれました。撮影:K君
IMGP0538.jpg

小さいですが「ボ」回避の一匹です。ここまでがあまりに渋かったのでこのサイズでもプチうれし~い。このあとにも同じサイズのを1匹追加して想定外も想定外2匹という極貧果でした(シクシク)
USER4619.jpg

さてK君は、というと苦戦してますね~。彼はこの川に何度か挑戦してますが未だに釣果ゼロ。この日も2度彼のフライにアタックがありましたが乗せられず、ジ・エンド。次回また頑張りましょうね。撮影:tomaTさん
12015040513370000.jpg

ただ、この御人は違います。いつものようにフライ組が何度も流したあとからサクッと釣り上げてしまいます。尺越えも数匹釣ってました。相変わらず雲泥の釣果の差。笑って見てるしかありませんね。
USER4617.jpg

締めは「苫亭」のラーメンです。この日も車がビュンビュン走る国道脇に開店。トッピングは行者ニンニクとワカメでした。気温が上がらず寒い一日だっただけに熱々のラーメンはひとしおです。美味しかった~。ご馳走様でした。
USER4628.jpg

USER4629.jpg

さて、今回フライ組は散々な結果に終わりましたが、天気が悪かったから?どうやらそれだけではなさそうです。さるドライフライのエキスパートが僕たちの入ったエリアに前日入ったことがわかりました。この季節、行者を含め山菜取りの人も大挙して押しかける川なのでここしばらくは釣り人も含めて賑やかになってくるでしょうね。










プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク