釣果のからくり?

やっと夏が来たというのにお天気のほうがあまりぱっとしません。この日も朝から小雨模様、とはいえ休日ですから釣りに行かないわけにはいきません。ということでK君と共に道央のニジマス川にやってきました。水量は若干大目ですが釣りにはこのぐらいがよさそう、但しやや濁りがあったので僕は軟弱にもニンフを、K君はドライを結んでのスタート。入ってすぐのこんな流れから・・
USER5214.jpg

ありゃりゃ、一発目で釣れちゃいました。しかも30オーバー、何と幸先の良いスタート、「ボ」回避です。
USER5212.jpg

少し釣り上がってこんな場所、左の木の手前で僕のニンフを咥えたのは・・
USER5218.jpg

これも30オーバーの元気印、いい感じで釣れています。濁りのせいかK君のドライにはまだ反応が無い様です。
USER5217.jpg

さらに釣り上がってここ、「ここはニンフぞ!」ポイントです。すかさずフライをニンフに変えて・・って最初からニンフでしたね。
IMGP0744.jpg

キターーーッ!K君が流したドライフライには無反応でしたが、どうやら底の方に居たようです。ロッドが曲がる曲がる、ティペットは4Xだけど大丈夫かな?
IMGP0745.jpg

ネットイン出来たのはジャスト40のニジマス君。このポイントでのニンフ成功率は90%台でしょうか。やっぱり「ここはニンフぞ!」で大正解した。
USER5220.jpg

その後いい気分で釣り上がっていくと川原に真新しい足跡が・・・あれ、何処から入って来たんだろう?案の定足跡を見つけたところからは極端に反応が悪くなり、こりゃダメかな~と思い始めたころ、相方のK君に初ヒット!ロッドが曲がってますね~
USER5226.jpg

K君、数ある入魂グッズのうち、今回は新調したランディングネットへの入魂です。なかなか寄ってこない魚を慎重に寄せて(フックはBLだそうですからw)おごそかにネットを差し出し無事ネットイン!入魂に参加してくれたのは30オーバーのニジ君でした。
USER5230.jpg

しかし何故?あれだけ渋かったのにK君のフライに魚が出てきたのだろう?竿抜けと呼ぶにはあまりにおいしそうなポイントでした。さてしばらく小降りだった雨がだんだんと強い雨になってきました。最初はレインギアを出したりしまったりしていましたが、暑いし蒸れるのでしまいには雨任せの濡れネズミ状態、真夏だからこそ出来ることです。そんな中上流から釣り人が・・・
USER5237.jpg

なんと釣り仲間の○○さんではありませんか。曰く、二つ目のゲートから入って時々僕達が釣りあがって来るのを待っていたが、あまり来ないので大分釣り上がってしまったんだと・・・う~ん、確信犯だねこりゃ(笑)道理で釣れない訳です。入渓後にビシバシ釣れたのは○○さんがやっていなかった区間だったから。納得できました。で、K君が釣れたのは?今度答えを聞いてみましょう。K君お疲れ様でした。○○さん、釣果は如何でしたか?

スポンサーサイト

優柔不断な釣り?

この日はご近所のTWさん、大魔神、yamameさんとで熊の巣川の上流を攻めることになりました。4人で団子も何だね、ということで大魔神とyamameさんは上流からの釣り下り、僕とTWさんは下流からの釣り上がりということになりました。天気は小雨、ただ気温がそこそこあるので濡れてもたいしたことは無いでしょう。上流組のお二人さん、頑張って下さい。ではTWさん、参りましょうか~
USER5166.jpg

前日の雨のせいで水量は良い感じに戻ったようですが、ちょっと濁りがきついような?ドライに出るには微妙なところです。ドライ派のTWさんは迷わずドライを結びますが軟弱釣り人は迷った挙句(本当はそんなに迷っていませんが)最初からニンフでトライです。先を行くTWさんにはしばらく反応がありませんでしたが、とあるポイントでドライに初めての反応が・・・フックには乗りませんでしたがその後ニンフを流して僕のファーストヒット!38のグッドコンディションのニジマスでした。
USER5170.jpg

これで勢いづいた僕は2匹の30オーバーを追加します。早々と「大漁達成!」ですが、ニンフですから簿妙な気分です。TWさんはフライチェンジなどせずに黙々とドライでチャレンジしてます。このポイントでもTWさんのフライにバイトがあり、すかさず僕がニンフを流します。
USER5177.jpg

マーカーがククッと引き込まれて元気なニジマスが釣れました。この日4匹目の30オーバーです。でもなんだか気分的にはハイエナ状態です。TWさんがやって反応のあったところをすかさず攻めて、おいしいところをいただく・・・ドライにフライチェンジします。
USER5180.jpg

さてTWさんはというとしばらく苦戦が続いていましたが、日も上がり雨も止み、濁りも心なしか取れてきてからは絶好調、ドライでビシバシ釣ってます。まずはビシから。
USER5190.jpg

これはバシですね。ニジマスのコンディションがとても良くどれもパワフルなジャンプを見せてくれましたね。
USER5206.jpg

その後の僕はというと何故かまたニンフで30後半のニジを追加、TWさんがドライでビシバシ釣っているのにまだニンフかよって声が耳元で聞こえたような・・・フライをドライに結び直して起死回生の一匹が釣れました。それがこれ今年のベスト45センチです。
USER5201a.jpg

この後上流から釣り下がってきた二人と合流し結果報告会。yamameさんの話によるとまず車を止める予定の場所ががけ崩れで入れず歩いて入渓場所まで、その支流がまた難関でヘツリ高巻を余儀なくされ、川に着くまでに大変な労力を使ったとか。「もうこんな川二度と来ねぇw」と。上流を選択させてしまい申し訳ありませんでした。ところがその後みんなで脱渓した沢のハードだったこと、久しぶりにヘロヘロ、足攣りまくりとなりました。でも釣果には十分満足しているので僕はまた来るかも・・・皆さん本当にお疲れ様でした~写真はこの後地獄の沢登りが待っているとは知らずに談笑する三人です。
USER5209.jpg








ヤマメは何処だ~

旧友のK君がかねてからヤマメを釣りたいと言っていたので、一昔ほど前に結構通ったヤマメの川に向かいました。本流との合流点から釣り上がります。何の反応も無いまましばらく行くと川原に一台の車が・・・こりゃダメだわ~ということで早くも予定の変更を余儀なくさせられました。見る人が見ればわかるあの川ですがここで脱渓と相成りました。
USER5133.jpg

次に向かったのは上流に流れ込む支流です。僕もK君も初めての川になりますが、釣ってるうちに一匹くらいはヤマメも釣れてくれるだろうと簡単に考えて入渓します。早々にK君が尺上のニジマスをヒット、同じ場所で僕にはシャイなイワナ君が釣れました。幸先の良いスタートではありますが目指す魚でないのがちょっと気になります。
USER5136.jpg

その後もコンスタントに釣れますが、釣れるのはニジマスだったりイワナだったり、K君も尺上のイワナを釣ったりで絶好調なのですが、肝心のヤマメが釣れません。なんだかな~
USER5151.jpg

今日会いたいのは君じゃないんだよね~。
USER5152.jpg

K君のこの日の目標は「ヤマメを釣ること」ですが2本目の川でもヤマメの顔を見ることは出来ませんでした。最後の力を振り絞って3本目の川に入ります。3本目といっても最初に入った川の上流なだけ、そろそろヤマメが釣れてもいいはずなのですが・・・
USER5144.jpg

結論から言うとK君は、この日ヤマメの顔を見ることかなわず残念な釣行となりました。ガイドした僕も残念で仕方ありません。その昔デカパンクラスがビシバシ釣れた水系でしたが、今は昔の物語なのでしょうね。
USER5155.jpg

あ、そうそう僕はというと、釣りましたよ~ヤマメと呼ぶには恥ずかしくなりますが、斑点の美しい一匹でした(笑)
IMGP0715.jpg

K君お疲れ様でした。まだまだ先があるからね~
USER5159.jpg










パパさん歓迎釣行27年

さて7月になりました。今回は2日から4日まで、3日間のスケジュールで北海道の渓流釣りを楽しんでもらいます。其々にガイドがついて川を案内するのですが初日のガイド?は僕になりました。あ、パパさんって誰だ?という方のために簡単な紹介を。釣り好きおやじ達のウエブリング「おやじ友の会」の主宰者で2007年7月に単身赴任で来札、SMCメンバーとなり存分に釣りを楽しみ(仕事は?)2011年に東京に戻られました。釣りとお酒と奥様をこよなく愛し、今では年一回の北海道遠征をとても楽しみにしているということです。一応SMC関東支部長という肩書きもつけさせていただいてます(笑)これがパパさんです。
USER5036.jpg

案内したのは道央のとある川、パパさんも数年前に訪れたことのある川ですが、その時は濁りがきつくほとんど釣らずに河岸を変えた覚えがあります。今回、前日に結構な雨が降ったので濁りやら水量が心配だったのですが現地で川を見た限りでは、濁り、水量ともベストな感じでした。パパさん、まずは1匹お願いします。
USER5032.jpg

最初は二人してドライスタートでしたが、水温が低く活性も低そうということでパパさんは早々にニンフへとフライチェンジします。これが功を奏して次々とニジマスを釣り上げていました。さすがパパさんですね。
USER5035.jpg

快進撃は続きます。
USER5049.jpg

40オーバー
USER5054.jpg

この日は小雨が降ったりやんだり、気温も上がってきたのでドライにフライチェンジして・・・またまた~
USER5057.jpg

40オーバーです。パパさんいわく「釣れる魚があと10センチずつ大きかったら申し分ないんだけどな~」って。パパさんそれは贅沢って言うもんですよ。
USER5061.jpg

そして脱渓場所が近くなったところで・・・ずいぶん落ち着いていますけど・・・
USER5078.jpg

この日3匹目となる40オーバーを釣り上げました。ぶっといニジマスですね。この川のポテンシャルにも驚きです。
USER5080.jpg

さて、水先案内人の僕の釣果ですが前半は沈黙。日が射してきて水温も上昇し始めた辺りからポツポツと釣れ始めました。ジャンプを何回も披露してくれたこんなのやら
USER5046.jpg

おデブだけどジャンプ出来るんだね!のこんな元気印やら、でも40には届いていません。
USER5048.jpg

終わってみれば二人して尺上を何匹も釣るという素晴らしい結果でした。パパさん今回の川、如何でしたか?疲れたでしょうがあと2日残してます。大魔神の案内なのではずれは無いと思います。北海道の川を存分に楽しんでくださいね。
プロフィール

中年おやぢ

Author:中年おやぢ
フライ大好きな還暦越えたおやぢ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク