一匹だけとは・・

昨夜はちょっとお酒が過ぎたようで朝3時半に起きるつもりが、気がついたら7時を過ぎていました。あそこに行くつもりを近場のアソコに変更して出発。アソコとは3週前の釣りで最後に訪れた昔の僕のホームです。遅い時間だけに川原には釣り人の足跡が・・・でも前回より上のエリアもやってみたいのでレッツゴーだ。
USER5384.jpg

魚が居たのは前回確認済みです。問題はどのくらい魚影が回復しているのかです。釣り始めてほどなく、写真のポイント(ポイントと呼ぶには・・)で、ピチャッとフライに飛びついてきた魚君
USER5383.jpg

おっと、イワナ君ではありませんか。もっと上流に居るのは知ってたけどこの辺りで釣れるのは珍しいかな?
USER5381.jpg

そのすぐ上のポイントで、大き目のニジマスを掛けましたがこれは痛恨のバラシ。でも先に期待が持てそうです・・・が・・・
USER5386.jpg

昔は鉄板だったこのポイントも・・・沈黙
USER5387.jpg

ヤマメが良く釣れたこの落ち込みも・・・沈黙
USER5389.jpg

この川の切り札ポイントでも・・・全く沈黙
USER5391.jpg

さらにその上もピンポイントでやってみましたが、どこも抜群の渓相=魚が居るはず、にもかかわらずウンともスンとも言ってはくれませんでした。深場ではニンフも試しましたが結果は同じでした。結構な区間を釣ってみたのですが、釣れたのはイワナ1匹、そしてバラシ1匹。どうなっているのでしょうこの川は?悔しいから花の写真でも撮って帰るか~
USER5393.jpg









スポンサーサイト

やや渋マンデー

休日明けの月曜日、約3週間ぶりにK君と釣りに行ってきました。お互い夕方から用事があったので、選んだのはよく行く道央河川でも一番短い釣行区間の川。先週入ったばかりですけど何か?今回は久々の平日の釣りですが前日が日曜なだけにどんな釣りになるのやら・・・案の定川原には昨日のものと思われる新しい足跡が。写真は最初の大場所を攻めるK君です。
USER5346.jpg

ほどなく、こんな何の変哲も無いポイントから・・・
USER5348.jpg

おはよう小ニジ君!これにて「ボ」回避です。
USER5347.jpg

K君といえば、最近フックを全てバーブレスにしたということなので、取り込みの途中でバラシてしまうことも何回かありましたが、結果6匹釣ることに成功?上出来だと思います。あとショートレンジの釣りが上手くなれば釣果は格段によくなるでしょうね。
USER5360A.jpg

その後、写真のやはり何の変哲も無いようなところでフライを流していると、カパッときました。また小ニジかと思いましたがグイグイ引っ張ります。思いの外大きかった相手は35センチの「今日一」くんでした。
USER5370.jpg

これが「今日一」君です。早く40オーバーになるんだよ。
USER5368.jpg

そして最後の堰堤です。先週のリベンジなるか、と意気込んでニンフを流しましたが、反応なし。この日の釣りはこれにて終了。釣れたのは小型のニジが多く、尺上が数匹。大場所での反応がほとんど無かったのは、やはり前日の釣り人の影響があったことと思われます。とはいえ気のいい魚たちは遊んでくれたし、満足しなければバチが当たりますね。K君、お疲れ様でした。
IMGP0784.jpg

IMGP0788.jpg








悔し~い!夏の釣り

お墓参りも済んだ事だし、あの川で大きなニジマスでも狙おうか、とTWさんをお誘いして道央の川に向かいました。本命としていた川に着いてみると、ありゃりゃ、ミルクコーヒー色に濁ってます。ならば次は?こちらもありゃりゃで先行者の車が・・・最後の切り札となる川へ入りました。林道を少し歩いて川を見るとこちらは十分に釣りが出来そうです。水源となる山への雨の降り方で随分差が出るものですね。ということで早速入渓です。
USER5316.jpg

入渓早々上の写真のポイントで元気なニジマスが釣れました。さらに少し上のポイントでもう1匹、雨の後だけに活性は高いようです。もしかしたら爆釣の一日になるかも・・・
USER5315.jpg

TWさんも鉄板ポイントで2匹目をヒット、この調子で脱渓地点まで行ったらいったい何匹の魚が釣れるのか・・・
USER5325.jpg

ところが途中からばったり魚の反応がなくなりました。川原には真新しい足跡が確認できます。これは先行者の竿抜けを狙っていくしかないと思い、二人していつもは流さないような流れにフライを落としてやります。そんなTWさんが尺オーバーをヒット!
USER5328.jpg

僕も写真のような小場所?普段ならスルーしてしまうようなポイントから
USER5339.jpg

やっと今日一(と言っても30台前半ですが)が釣れました。
USER5337.jpg

そして脱渓ポイントの堰堤にやってきました。と、突然川の中から3匹のカモが賑やかに出現!バタバタと飛び去っていきました。こりゃカモさん達にポイント荒らされたか~、でもやってみるかとニンフを執拗に流し続け、これが最後の一投党だ、とマーカーが凄い勢いで水中へ引っ張られました。合わせると重い!グイグイ引っ張られこりゃデカイぞと思ったのもつかの間、ふわっとロッドが軽くなり・・ジ・エンド・・・
USER5340.jpg

4Xのティペットが切れていました・・・心の準備、ティペットの点検、やるべきことをきちんと出来なかった僕の負けです。TWさん、あの後もウダウダ泣き言を言っていた僕を許してください(笑)、それにしてもあの感触、今でもこの手に残っています。僕のニンフを食い千切って行った大物君、待っててね、今度リベンジしたるから。






近場で忙しい釣り

前日は高校の同期会があったのでついつい飲みすぎてしまいました(いつものことだろ~ってツッコミは入れずに)そんなわけで出発は午前6時ころ、近場に行ってみたい川があったのでそこの探索と、オークションで手に入れたバンブーロッドへの入魂、それとやはりオークションで落札したリールへの入魂も兼ねての釣りです。最初に入ったのはこんな川です。
USER5286.jpg

某湖に流れ込む川の支流で僕にとっては初めての川です。しばらく上がると山岳渓流っぽくなってきてところどころに深いプールもあり期待感が増します。
USER5289.jpg

あ、その前にロッドとリールには既に入魂完了しています。この下流域にあるチャラ瀬でピシャツと出てきて釣れてしまったチビイワナ君、サイズはどうあれ強制入魂ってところでしょうか。まっいいか~
USER5283.jpg

さて、こんな豪快なポイントが現れました。どう見ても魚が居るポイントですね。#8のカディスをプレゼントしてやりましょう。
USER5292.jpg

釣れました!サイズ的には小さいですがおなかのところが見事な朱色のイワナです。この後かなりの手応えの魚をバラし落胆、気を取り直して上へ、良いポイントが目の前に・・ここはロールキャストで一発・・・ポキッ・・??何とティップから2番目のピースが真っ二つに折れてしまいました。バンブーを折ったのはこれで2度目、最初のは車のドアに挟んでしまったのですが、今回は普通にキャストして折れました。と同時に心も折れました~w。もうバンブーなんか絶対使わないと心に誓ったのでありました。
USER5291.jpg

予備のロッドを持っていかなかったのでそこで強制脱渓となりました。でも時間もあるのでどこか違う場所ででもやってみよう、と先の川の本流の下流域に入りました。入渓した辺りから川原の石に釣り人の足跡があります。ま、いいか~と釣り上がります。うるさいウグイの猛攻に合いながらも二匹のヤマメちゃんが釣れました。こりゃもしかしたら期待できるかも・・・
USER5296.jpg

と思ったのもつかの間、先行していた釣り人に追いついてしまいました。先に進むわけにも行かずまたまた強制脱渓です。この川来るときに沢山の車が止まっていたのでもう無理ですね。再度河岸の変更を余儀なくされ向かったのは「昔のホーム」です。近年何度か訪れていて、その度に釣れなさを再認識しているのですが、今年はどうなっているのかな?相変わらず渓相抜群です。
USER5299.jpg

上の写真は入渓した橋より下流域で、見た目に良いポイントが沢山ありましたが、ドライにもニンフにも無反応。ただ途中ですれ違ったエサ釣りのおじさんはニジマス釣ってました。さて橋下はダメでしたが昔通いまくった橋上をやってみましょう。基本的に岩盤の川だけに渓相は昔とほとんど変わっていません。
USER5300.jpg

上の写真のポイントでこの川での初ヒット。魚は居ました。このエリアで釣れたのは何年ぶりのことでしょう。さらに釣り上がってとあるポイントでは推定40オーバーを見事にバラしました。以前より魚は増えているようですし、大きいのが居るのも確認できました。
USER5304.jpg

脱渓場所の大場所でニンフを沈めているとありゃりゃカジカが釣れました。TOKIさんみたいに写真アップします。
USER5308.jpg

この日はおニューのバンブーロッドに入魂、即お釈迦、違う川に入渓即河岸変え、最後に大物バラしと結構忙しい釣りの日となりましたが、最後の川で少しずつでも魚が回復していたのは嬉しかったです。今年中にまた行くかもしれませんね。









釣り人銀座にて2

この日はK君とTWさんをお誘いして道央の川に向かいました。殆ど一睡もせず午前3時に札幌を出発したというのに、目的の現地に着くと既に1台の車が止まっていました。さて、車の主は釣り上がったのかあるいは釣り下がったのか?後者に期待をかけ僕たちは数百メートル歩いてから入渓です。ところが川に下りると真新しい釣り人の足跡が上流に向かってベタベタとついていました。どうやら複数で僕達が入った地点から釣り上がったようです。さあ、どうする?
USER5244.jpg

約1ヶ月前にこの川を訪れたとき、やはり先行者が居たので随分下流から再入渓したのですが、そのエリアにはすでに5人もの釣り人が入っていて、さっぱり釣れませんでした。そんなこともあったので今回は初めてその場から「釣り下る」という決断をしました。これが良かったのかどうか、最初の釣り下がりポイントで小さなニジマスちゃんが釣れました。その後TWさんも釣ったようです。余談ですがこの川、随分ウグイが幅を利かせていました。そのうちウグイ天国になるかも・・撮影:K君
IMGP0756.jpg

この日の僕のハイライトがやってきました。写真のポイント、上からの流れと横からの流れが絶妙なバランスになっています。ところがK君とTWさんのドライフライには何故か反応なし、一発ニンフで試してみるかとビーズヘッドマラブーを結んでの一投目、マーカーが大きく引き込まれました。で・でかいぞ・・・あ、テイペットは4Xだ・・・持つか?パワフルな魚でなかなか上がってきません。
USER5251.jpg

それでも多少時間をかけて慎重に慎重にネットイン、釣れたのは今シーズン僕のレコードとなる46センチのアメマスでした。
USER5254.jpg

こりゃ「釣り下り」大正解だったか、と思ったのもつかの間、下流にルアーマン発見。彼の話によるとさらに下流に二人の釣り人が入っているということ。これじゃ釣り下りもここまでです。短い区間でしたが「釣り人銀座」を後にすることにしました。時間もたっぷりあるので河岸を変えることに。やってきたのは「三人とも先週来た川」幸いにも先行者は居ないようです。
USER5255.jpg

入渓早々TWさんが良型のニジマスを釣り好スタートです。僕は三人ともドライでは面白くない、と最初はニンフでしたが反応が無いのと陽も上がってきたのでドライに換えます。しばらく釣り上がってこんなポイント、いつもはニンフにもドライにも反応の無い場所なのですが、流れ込みのところでライズ発見!すぐにバイトがありましたが針掛かりせず・・・写真の左中上のところ。
USER5264.jpg

しつこく流しているとガバッときました。先に大きいのを釣っているので慌てることなく魚を寄せている図 写真:K君
IMGP0759.jpg

上がってきたのは36センチの元気印。但しフライが掛かっている場所に注目、なんとスレ掛かりでした。ま、釣り上げたことは間違いないので良しとしましょう。今までこのポイントで30オーバーは初めてだったので嬉しさもひとしおでした。
USER5261.jpg

この日訪れた二つの川、終わってみれば二桁以上尺上3匹と上々の結果でした。ただ「釣り人銀座」の日曜はラッシュアワーのようで今後曜日を変えるか、前夜から泊り込んで一番を目指すとか、何か対策を講じなければまったりとした釣りは無理ですね。それと二番目の川は久しく熊の気配を感じていませんでしたが、帰りの林道に大きな足跡がありました。油断禁物ですね。
USER5268.jpg

K君、TWさん、お付き合い有難うございました。またどこか一緒に行きましょう。












プロフィール

中年おやぢ

Author:中年おやぢ
フライ大好きな還暦越えたおやぢ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク