鈍らぬように

休日に釣りに行かないと身体だけではなく心まで鈍ってしまいそうで・・・特に真冬の釣りは寒さやら雪のことを考えたら引いてしまう自分が居るのですが、一度引いてしまうとずるずると身体も心も自堕落なほうに向かうのは僕の性格上必至です。ということで今回も自分を奮い立たせてやってきましたいつもの川。ご一緒してくださるのはTWさんとtomaTさん、いつものトリオです。入渓する坂に柔らかい雪が積もってすべるのなんのって、それでも無事に川原にたどり着きました。撮影:tomaTさん
IMG_20160124_110029.jpg

気になる水温は6度、実はあまり気になりません(笑)最近は水温を意識することなく迷わずカディスを結ぶ自分が定番。TWさんとtomaTさんはhow much?渋くなったといわれてるWRCですがお二人はコンスタントに釣っていました。写真は尺を釣ったTWさんです。
USER6209.jpg

そしてtomaTさん、このポイントだけで7匹も釣っていました(1匹分けてくださいな~)
USER6213.jpg

僕は?やっぱり釣れませんね~。あきらめずにクレージーなお魚さんを探すしかないですね、と現れた春先や秋口の鉄板ポイント、ちょうどTWさんのロッドの先ちょっと左、鏡になってるところからバシャッと派手な出方で僕のカディスを咥えました。
USER6208.jpg

今週も出てくれました。素直に嬉しい一匹です。
USER6206.jpg

記念写真を撮りましょね。撮影:tomaTさん
IMG_20160124_124040.jpg

そして締めはいつものように「苫亭」のラーメン、今回はビュンビュン車が走りぬける国道に開店です。
USER6215.jpg

トッピングは大きなチンゲン菜、シャキシャキモヤシ、たっぷりワカメ、そしてドデカベーコン。美味しゅうございました。これを毎回楽しみにしている僕です(笑)TWさん、tomaTさんお付き合い有難うございました。そして虫も飛んでいない真冬の川で僕のカディスに飛びついてくれた奇特なニジマス君、ありがとうね、また来るよ~
USER6218.jpg












スポンサーサイト

大寒間近の釣り

さてこの日もいつもの川に向かいました。札幌からは僕一人、現地でtomaTさんとシェルパのGさん、二人のエキスパートと合流して入渓します。今回は前回よりも下流域からの釣り上がりで、このエリアは随分久しぶりなので楽しみでもあります。ただ現地到着時気温マイナス12度、水温は?前回よりも厳しいコンディションなので2週連続の「ボ」も覚悟の釣りになりそうです。
USER6167.jpg

さすがにこの気温だけあってトップガイドはすぐに凍りつきます。ただリールは通常に回せるし、ラインが凍りつくことも無いので普通に釣りは出来るのですが・・・渋い・・渋すぎです。かなり釣り上がったにもかかわらずなんとtomaTさんにもシェルパにもアタリすらないという予想外の展開です。
USER6164.jpg

tomaTさんも苦戦しているようです。
USER6165.jpg

とはいえこのままで済ませるお二方ではありません。まずはこの日新調したウエーダーに入魂の一匹をシェルパが釣り上げました。たとえ小さな純子でも釣る時は釣るというシェルパ魂を見せてもらいました。
USER6170.jpg

そしてtomaTさんにも待望の一匹が・・・ま、この後10匹くらいは釣ってましたけど。
USER6173.jpg

僕はというと・・・釣れません。フライを流しピシャッと魚が出てくるイメージはあるのですが、数ある「いかにもフライ」ポイントでも全くの無反応。いよいよ2週連続の「ボ」が現実味を帯びてきました。撮影:tomaTさん
IMG_20160117_105005.jpg

それでも何とか魚の顔が見たい、どうしても見たい。こんないやらしいポイントがありました。まともにキャストしたら周りから突き出た小枝に引っ掛けるのは必至、なりふりかまわずここは「チョウチン釣り」だ~い。結構な深さがあるにもかかわらず、底の方からふわ~っと魚が浮いてきて僕のフライを咥えました。
USER6178.jpg

釣れました!ボ回避の一匹は小さいながらも純子ちゃん。嬉しい嬉しい一匹でした。99%の魚が水面なんかに目もくれない中に1%の変わり者、変わり魚?が居る。それを釣るのが真冬のドライの醍醐味でもありますね。
USER6177.jpg

さて、最後の締めはいつもの苫亭ラーメンです。今回はネギ、ワカメ、厚切りベーコン、シャキシャキモヤシ、味つきメンマがトッピングの塩ラーメンです。どうです、美味しそうでしょ?今回も本当に美味しかったです。tomaTさん有難うございました。シェルパもウエ-ダーへの入魂おめでとうございました。その後の脚攣りはどうでしたか?またよろしくお願いしますね。
USER6185.jpg











初ボだ

ご近所のTWさんを無理やりお誘いして胆振の川に向かいました。現地でtomaTさんと合流、昨年12月の大雪釣行トリオです。この日の胆振は多少気温は低いものの澄み切った青空が広がり釣りも期待出来そうです。
USER6137.jpg

ところが意に反して魚からは全く反応がありません。
USER6139.jpg

寒いといってもリールやラインが凍りつくわけでは無いのですが・・・とはいえ、このお方は釣ってました。但し釣れるのは小型のヤマメだったり、ニジマスだったり、当の本人も「渋い~」と言っておられました。
USER6146.jpg

今年初釣行、寝起きのTWさんはドライで執念の一匹を釣り上げていました。
USER6141.jpg

そして僕はというと・・・久々の完全試合達成!ということで魚の写真がありません。とは言え数年前冬のWRCで5連続ボを達成した経験がありますから悔しくもなんともありません(本当か~)ということで最後に「苫亭」のラーメンをご馳走になり(トッピングはモヤシ、ワカメ、厚切りベーコン、そしてとろけるチーズと豪華です)帰路に着いたのでありました。tomaTさん、TWさん、どうも有り難うございました~。
USER6149.jpg




初釣行だ

多分僕の釣り人生における初めての正月3が日内の釣り、同伴してくださるのは「胆振三人衆」ことtomaTさん、シェルパのGさん、そして久しぶりの釣りになるBianchi君です。シェルパの山をバックに「ハイ、ポーズ」、すこぶる良い天気です。
USER6110.jpg

先陣を切ったのがBianchi君、釣りは暫くぶりということでしたが、その間何をして遊んでいたのかな?
USER6115.jpg

すぐにtomaTさんやシェルパもニジや小さめの純子を釣って早々と大漁!やっぱり実弾はすごいや~(腕もいいんですねぇ)
USER6116.jpg

水温は7度ということで、すぐに反応があるだろうと箍をくくっていましたが思いの外、魚たちは渋いようです。先を譲ってくれたシェルパ「ここはヤマメが出るところですよ~」お言葉に甘えてキャスト、出方は地味でしたがしっかりフッキング。
USER6119.jpg

前々回車に轢かれてお釈迦になった#3ロッドを新調して「入魂完了!」ヤマメではありませんでしたがとても嬉しい一匹でした。
USER6117.jpg

この日一番のハイライトはBianchi君のデカパンヒット!シェルパとtomaTさんにいじられまくりでしたが、そんなの馬耳東風で喜んでいました。
USER6122.jpg

終わってみれば全員が「大漁以上」の釣果、僕はしんがりの3匹ですが何か?心臓破りの斜面を登り、「苫亭」のラーメンです。
この日はお正月バージョンということでお餅とナルト入り、いつものことですが「美味かった~」tomaTさんご馳走様です。そしてシェルパとBianchi君もお付き合い有難うございました。天気も良く賑やかで楽しい釣りでした。
USER6135.jpg






プロフィール

中年おやぢ

Author:中年おやぢ
フライ大好きな還暦越えたおやぢ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク