討ち死に?

いつもいつも同じ川ばかりではつまんないぞ~ということで後志地方の有名河川にチャレンジしてきました。事前にグーグルやらウォッチズで情報収集、毛無峠を越え現地到着、橋の上から川を覗くとありゃりゃ凄い激流です。こりゃ無理だわ~次だ次だと2つ目の入渓ポイントへ、ここも結構な流れです。でも折角来たんだからちょっとだけでもやってみましょう。
IMGP1641.jpg

写真でわかるように流れは速く、しかもゴロゴロとした石が案外滑るし、上流を見ると「この川、横切ることが出来るのか?」川原は無いし無理して上がったら足攣りは必至です。少し釣り上がってヤブ漕ぎ脱渓、次だ次だと向かったのは本流、ここも水多いなあ。橋下のポイントでフライを流すもヒットに至らず。川原が無いので釣り上がりは無理と判断して・・・次だ次だ~
USER8503.jpg

車を走らせていると穏やかな流れの川を横切りました。すこし先に行くと本流が流れています。どうやら川は上流で二手に分かれているようです。釣れる釣れないは別としてロッドが振れるだけでもやってみる価値ありと穏やかな方を釣ってみることに・・
USER8511.jpg

K君が入渓早々に2匹の新仔ヤマメをヒット!僕にもヒット!小さいけれどこの日の初ヒット。結構嬉しかったりして・・
USER8505.jpg

続いてイワナもヒット!痩せて小さいですがこれもまた嬉しい・・・
USER8509.jpg

少し釣り上がったところで本流と合流、その先は流れも強く渡河も厳しそうなので、入渓場所より少し下もやってみることにしました。写真のように激しい流れですがこの下流は結構なポイントがありました。小さいですがイワナ、新仔ヤマメ計7匹の釣果。
USER8512.jpg

最後に立ち寄ったのはスキー場に向かう道沿いに流れる川、結構な谷底を流れています。橋から川を見ると透き通った流れ、いかにもらしいポイント、そそられたので、しんどい思いをして川に降り立ちましたが、綺麗な流れとは裏腹にここぞというポイントでも全くの無反応。早々に切り上げて帰路に着きました。
IMGP1647.jpg

「知らない川は難しい」を体感した今回の釣行でした。気分的には「討ち死に」みたいな感じでしょうか。もう少し情報を集めてコンディションの良いときにまたチャレンジかな?でも今回がベストだったってこともありうるし・・・K君、感想は如何でしょうか?








スポンサーサイト

柳の下の二匹目は?

前回いい思いをした道央の川にK君を誘ってやってきました。林道のゲートまで来るとそこに1台の車が・・聞けばゲートナンバーがわからないので歩いて途中から入渓するとのこと。ゲートを開けたままにして「じゃ、僕らは上から入渓するのでお先にっ」と入渓場所で仕度をしていると先ほどの車がやってきました。僕たちと同じ場所から入渓する予定だったみたいなので「それじゃあ一緒に釣りましょう」ってことになりドライフライ三人衆の出来上がりです。そしてこの方が苫小牧のフライマンTNさんです。よろしく!
USER8475.jpg

TNさんはこの川に4日前に入って、たいそう良い思いをしたとの事で、二匹目のどじょう狙い釣り人が二人、話を聞いて一攫千金を狙う釣り人が一人という構図です。入渓早々僕のロッドに最初の一匹が釣れました。33センチ、幸先の良いスタートです。
USER8478.jpg

もしかすると今日は凄まじい釣りになるかと三人とも思った?・・・しかし僕やTNさんに前回反応があったポイントはことごとく無反応、二人して首を傾げます。
USER8483.jpg

しばらく釣り上がってK君にこの日の初ヒット!元気印ですが惜しくも泣き尺でした。
USER8485.jpg

それにしても釣れません。前回のあの元気な魚たちは何処に行ったのでしょう?ちょっとした深みに魚形を確認したり、フライを見切って反転する魚体もありましたから、魚が居ないわけでは無いようです。ただ前日かなりいじめられたという印象?フィッシングプレッシャーってやつでしょうか・・・天気も良く、水も限りなく透き通っていて申し分ない釣り日和のはずでしたが・・・
USER8492.jpg

終わってみれば僕が二匹、K君が一匹、TNさんはワカリマセン、という釣果。「柳の下にいつもドジョウは居ない」を否応なしに実感させられた釣りになってしまいました。林道を車まで戻る二人の後姿が哀愁を帯びていますね(笑)USER8495.jpg

その日の釣りが貧果に終わった時って必ず「こんなことでへこたれないぞ、次はやったるで」と思いませんか?K君もTNさんもきっとそう思ったはずです。次の釣りに大きくイメージを膨らませて来るべき釣りに備えましょう!お二人ともお付合い有難うございました。釣れなかったけれど楽しかったよ!山が色づく秋にデカニジを狙いに行きましょう。
USER8490.jpg







山の日は川の日だ!

ということで山の日、意を決して道央熊の巣川にリベンジ釣行に行ってきました。単独なのでナタ、スプレー、熊鈴、ホイッスルと万全の装備です。天気はうす曇り、水量はやや少なめで水は案外綺麗です。金曜日の釣りは随分久し振り、先行者が居なければ期待できそうですが・・・いつも車を置く場所には車が無いのでどうやらこの日は一番乗りのようです。で、こんなところから・・・
USER8431.jpg

いきなりヒット!小型のニジマスですがボは回避できました。
USER8430.jpg

少し釣り上がってやや深めのこんなポイントで僕のカディスを捕らえたのは・・・
USER8435.jpg

ジャンプ!で、でかい!重い!強い!この川では強引に寄せて何度も失敗しているので取り込みは慎重にならざるを得ません。寄せては走られを何度も繰り返し、やっと上がって来たのはなんと46センチのファイターでした。
USER8434.jpg

その後も32、36、38と尺上を連発。絶好調かな?ただし超大物にフックアウトされたのが3回、下の写真のポイントですが1匹目はジャンプで外され、2匹目3匹目は1匹目が掛かった時にゲイブを広げられたから掛かりが浅かったのかと思われます。それにしても悔しいバラシでした(魚体が見えてるだけに・・・)
USER8444.jpg

ここも鉄板なんですけど、いきなり走られジャンプされたらたまんないっす。
USER8446.jpg

これは38センチ、フライを咥えた途端にいきなりダッシュ!ジャンプ!ダッシュ!兎に角この日のニジマスたちは元気で元気で僕も随分引きずりまわされました。
USER8455.jpg

脱渓地点近くのいかにも居そうなポイントです。
USER8454.jpg

下のほうで尺上が釣れ、まだ大きなのが潜んでいそうな上のほうにキャスト、ガバッと来ました!これもジャンプ!走る走る。しばし行ったり来たりでランディング成功!47センチ、今年の僕のレコードです!
USER8452.jpg

二桁釣果で尺上も6匹、しかも45オーバー2匹ですからこの日の釣りでリベンジ達成!と言いたい所ですがフックアウトされたのはもっと大きかったような・・・今度は・・・ま、それは後のお楽しみとして・・・脱渓です。
USER8460.jpg

帰りの林道は案の定、プーサンの糞があちこちに見られました(何て行儀の悪い連中だ)右手にナタ、左手にホイッスルでビビリながらやっと車まで戻りました。それにしてもよく釣れたものです。小さいのから大きいのまで驚くほどのスピードで走りまくって楽しませてくれました。単独釣行もたまにはいいのかな~(大嘘)
USER8463.jpg

USER8466.jpg

雨も降らずに良かったよかった~














本流!

この日は大魔神とのミステリーツアー、お迎えの車に乗るまでは何処に連れて行ってくれるのか分かりません。で、着いたのは日高地方の某本流でした。二人の釣りにしてはすこぶる良い天気で何だか不安になってしまいますね。
IMGP6319.jpg

入渓してすぐに小さなニジマスが釣れました。
IMGP6282.jpg

川を横切る大魔神、手前の流れは深く、重い・・
USER8422.jpg

また釣れました。泣き尺サイズのニジマスです。この後も何匹か釣れましたが同じようなサイズばかり。しかし川の規模から言えば尺オーバーが釣れて当たり前の感じなのですが・・・大魔神は46センチの大物を釣ってましたけど何か?
IMGP6283.jpg

このサイズなんですよねぇ。アウトリガーをやろうにも今回のロッドでは短すぎました。
USER8423.jpg

渓相はダイナミックで申し分なし。でかいのが釣れてくれたらさらに申し分なかったのですがそうは問屋のなんとやら
USER8426.jpg

暑い一日でした。調子に乗って半袖シャツを着てきたら両腕が日に焼けちゃって真っ赤っかのヒ~リヒリww
IMGP6328.jpg

大魔神様、ありがとうございました。今度訪れる時はもっと大きなのが釣れる方法を考えて来ます。






プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク