FC2ブログ

間一髪

日曜にホームの川に釣りに行ってきました。前日に雨が降ったようなので水量が増えているかと思いましたが、現地に着いてみるといつもの渇水状態です。入渓してすぐに何匹か釣れましたがサイズ的には小中学生クラス、期待の大きいのが全く釣れません。
USER9231.jpg

前回来たときに36センチが釣れたポイントです。期待に胸が高まりますが・・・
USER9241.jpg

ガバッと出てきて釣れたのはいいのですが今回は32センチとサイズダウン。結局この日は数こそ釣れましたが目標とするサイズには届かず、次回に持ち越しとなりました。
USER9238.jpg

脱渓前に明日の味噌汁用にとフキを何本か採って車まで戻りです。林道を少し歩いていると雨がポツポツと降ってきました。背中のポケットのレインジャケットを着終わったとき、後ろから来た車の窓が開いて「乗っていきませんか~」断る理由なんて全く無いので「是非お願いしま~す!」車に乗り込んで間もなく、ザザーっとバケツをひっくり返したようなすごい雨、ところがゲートに着いたときには殆ど止んでいたという幸運。もしあの時声をかけてくれなかった、或いは脱渓時間が3分くらい遅かったら、ズブ濡れになってトボトボ林道を歩き、心も折れていたことでしょう。赤いエクストレイルのドライバー様、本当に助かりました。有難うございました。



スポンサーサイト



孝行娘

息子夫婦が稚内からやってきました。息子は結婚式に出席ということで嫁さんのファニーと僕は釣りに行くことになりました。御存知の方も居ると思いますがファニーは去年の春初めて釣りをし、その時奇跡的に2匹も釣り上げるという快挙を成し遂げました。さて2度目の今回はどんなドラマが生まれるのか?出発前の腹ごしらえをしレッツゴー!
IMG_20180617_082440a.jpg

今回向かったのは胆振の川、1ヶ月ぶりの川は木々の緑が色濃くなり鬱蒼とした雰囲気が感じられます。水量は結構多めで流れも速く、水温も低そうなので魚たちは果たしてドライに出てくるのかが気になりましたが、最初の一匹は入渓ポイントからいとも簡単に出てくれました。超オチビでしたが(笑
1529288294981.jpg

ところがその後が続きません。魚が居ないわけではないのですが・・ファニーのフライにも何度かアタックがあったのですがうまく合わせられなかったりで、お父さんとしては是が非でも釣らせてあげたいのですが・・・とりあえず休憩しようかともぐもぐタイムをとります。さて気合いを入れて再出発しましょう。と、こんなポイントにやってきました。フライがうまく流れに乗りました。
IMG_20180617_130319.jpg

ふわっと魚が浮いてきてフライを咥えようとしましたがうまくフックに乗らなかったよう、その後の数投目でガバッときました。ファニー感激の初ヒット!しかもなかなかいいサイズです。喜色満面のファニー、やったね~。
IMG_20180617_125725a.jpg

記念写真、撮影:ファニー
1529285873725.jpg

その後とあるポイントでまたまたファニーがやってくれました。残念ながら写真がありません。この日は迂闊にもカメラを忘れたのでスマホで写真を撮っていたのですが操作に手間取り、ネットに一度収まってその魚はお帰りになりました。サイズは27センチ、ファニーにとってこの日の2匹は去年釣ったのよりかなりサイズアップしましたね。キャストもうまくなったし、様になってきました。
IMG_20180617_094845.jpg

気が付けば随分と釣り上がってきました。脱渓です。ところが歩いても歩いても車に着きません。1時間以上歩いてやっと到着、あとで地図を確認したら4キロ以上歩いたようです。沢山歩かせてゴメンナサイ。でもちゃんと2匹も釣ってくれたし、釣りをしてる間も楽しいお話聞かせてくれたし最高の「父の日」となりました。ファニーありがとう!今度は秋のキノコ採りだね。

余談ですが僕自身札幌神宮祭の山車に関わっているので14,15,16の三日間で歩いた距離が56キロ、この日の釣りで14キロ計70キロ、さすがにヘロヘロになりました。




晴れた日に

先週の日曜日、天気予報が晴れなのでホームに釣りをしに行ってきました。入渓場所の橋から写した1ヶ月前の川の様子、下の写真は今回です。かなり水量が落ち着いて、っていうか渇水気味ですね。
USER9145.jpg

USER9227.jpg

川原に下りて見ると真新しい釣り人の足跡が・・・随分早く来たつもりでしたがまだまだ上が居るもんだと妙に納得。後追いでも構わないと釣りをはじめました。ところが下りてすぐのポイントで小さいのが釣れちゃいました。よし、これで坊主なしです。
USER9211.jpg

しばらく釣り上がってこのポイント
USER9215.jpg

対岸のタルミのところで尺オーバーが出ました。
USER9214.jpg

いつもは釣れないこのポイントでも
USER9219.jpg

USER9216.jpg

天気はすこぶる良く、とても爽快な気分です。川原が広いので歩きやすいし、これで40オーバーでも釣れたらな~なんて手前の倒木のところを流していたら、ガバッと来ました。
USER9223.jpg

でかいぞ!あるか40・・・むむむっ4センチも足りないじゃん。重くてファイターでしたが秋には越えているでしょう。
USER9222.jpg

次はここです。数年前まではこの川屈指の名ポイントでしたが今は見る影もありません。でもやってみるかと遠慮がちにキャスト、
USER9226.jpg

出た~!これもでかいし重い。間違いなく40は越えてるぞ!計測だ計測だとメジャーを当てて・・ありゃりゃ1センチ足りな~い。おデブでずっしり重かったのに~。残念!
USER9224.jpg

ということで念願の40オーバーは次回以降に持ち越しです。次回は?息子の嫁さんが来るので一緒に釣りの約束をしたのですがハードな川にはちょっと行けませんね。











参りました!

ご近所のよっちゃんと道央河川にやってきました。最初に目標としていた川の入渓地点には既に1台の車が・・・次だ次だで向かった川は隣の川、車を進めて入渓予定場所まで来るとなんとここには車2台、そのうちの1台は大魔神の愛車です。こりゃ駄目だと林道の奥へと車を走らせます。ところが途中の沢が大きくえぐれてしまってさらに倒木が行く手を塞いでいます。これ以上は無理です。仕方が無いのでここからの入渓を余儀なくされました。
USER9208.jpg

川はさほど濁りも無く、なんとか釣りにはなりそうです。ところが水量がやや多めでおまけに川底の石についた藻で滑る滑る、渡河は結構大変でした。写真は懸命に川を横切るよっちゃんです。頑張れ!
USER9199.jpg

さて、釣りはというとこれが全く釣れません。僕は最初はニンフ後からドライ、よっちゃんはでかドライで如何にもなポイントを攻めますが、アタリも追いも何にも無く想定外の結果?
KIMG2649.jpg

USER9198.jpg

どこかに魚が居るだろうとかなり釣り上がりましたが、これ以上やっても無理と判断し釣りは終了です。となると今度は脱渓です。よっちゃんがガーミンで指定した沢を登ることに・・・入り口はこんな感じで案外楽にいけそうか?足も攣って来たから楽に越したことは無いですけど・・・上がるにつれて・・
USER9203.jpg

だんだん険しくなっていきます。
USER9205.jpg

あっ、思い出した!数年前に一人で来たときに入った沢です。その時は行けども行けども終点が無く、泣きそうになりながら登り着いたときにはもうヨレヨレになっていたあの時の沢でした。今回足が攣って思うように登れない僕を待っていてくれているよっちゃん。ガーミンを覗いて「丁度半分くらい登りました」って、まだ半分かよ~って登るしかありませんね。
USER9206.jpg

やっとのことで林道までたどり着いたと思ったら、今度は車までの歩きが待っていました。こんなに釣り上がるんじゃ無かったと思っても後の祭り。帰りの林道には車が入ってこないのをいいことにプーサンのウンコが至る所にありました。何はともあれ無事でよかったです。ハイ






プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク