FC2ブログ

半年振りのホーム

まだ5月だというのに、この暑さはちょっと異常ですね。とは言え、釣り人にとっては暑いも寒いもさほど関係ないのでしょうか、日曜日K君を誘って道央の僕のホームに行って来ました。雪代が心配でしたが現地で川を見てみると、やや渇水気味?水も綺麗で十分釣りになりそうです。川原に立つと釣り人の足跡が見られますが、日曜ならさもありなん。K君、頑張って行きましょう!
USER0021.jpg

二人ともドライフライを結んでのスタートです。入渓早々僕のフライに小型のニジマス君が飛びついてきました。とりあえずボは回避ですが、その後がなかなか続きません。川のコンディションからすれば、もっと反応があっても良さそうですが・・・
USER0024.jpg

そんな状況に痺れを切らして途中からニンフにフライチェンジ、これが吉と出ました。手前の岩盤沿いを流れるマーカーが逆方向に動きました。根掛かりか?いや魚だ、しかも重いぞ~
USER0031.jpg

しばし格闘の末ズリズリズリと引き上げました(ネット、忘れました)何と、今年初めての42センチ!やった~,これで十分です(結果、この後は一匹も釣れず・・・)
USER0030.jpg

さてK君はと言うと、オービスのロッドが大きく曲がっています。このポイントでK君のフライを3回追って、三度目に咥えたやる気満々のニジマス君は、彼にとって今年初めての尺上、35センチのオデブなニジマス君でした。やったね!
USER0034.jpg

USER0036.jpg

途中から明らかにこの日入ったと思われる足跡が見られましたが、K君はその後2匹を追加して大漁達成!やるじゃん~。写真は3匹目の写真、木の枝を釣ったのではありませんが・・・
USER0040a.jpg

終盤は全く反応がなくなったので山菜採りに目標変更、目指すはウドです。この川は至るところにウドが自生していて、あっという間に二人して大漁!川に来たのですが斜面にへばりつくK君です。この時期いつも見られる光景ですね(笑)
USER0041.jpg

帰り道、日差しをさえぎる影になるものが何もなく、頭上から容赦なく直射日光が攻撃してきます。車に着いたときには僕はもうヘロヘロでした(K君は何故か元気でしたが)それでも冷えたノンアルをググッッとやったら・・お~っと、生き返りました~。K君お疲れ様でした。運転有難う。また行きましょう!
USER0044.jpg










スポンサーサイト



小河川とはいえ

tomaTさんと山菜取りに行って来ました。目指したのはこの時期山ウドの実績がある小河川、ゲート前に1台の車があります。多分釣り人の車かと思いますが・・仕度をしていると林道を二人のルアーマンが降りてきました。曰く「全然釣れる気がしない」とのこと、こちらは山菜が目的なので構わず入渓します。写真:この日の相方tomaTさん あら、ロッドご持参でしたか(笑)USER9989.jpg

彼らが釣り上がったと思われる区間は全くの反応なし。僕はドライですからそれもありでしょうがtomaTさんにも反応なしとは珍しいことです。しかし彼らが脱渓した辺りから上でtomaTさんのロッドにこの日初めての魚がヒット!小型のイワナちゃんでした。
USER0001.jpg

さて、こんなポイントから僕のフライに飛びついてきた魚が居ました。
USER0003.jpg

ホウライマスみたいな白っぽいニジマス君です。かなり渋い状況が続いていたので嬉しい一匹でした。
USER0002.jpg

その後tomaTさんはイワナと小ニジを数匹追加、僕も写真の如何にもなポイントから・・・
USER9996.jpg

流れるフライめがけ、ふわっと浮いてきてフライを咥えました。細いですが結構良いサイズのイワナ?を釣り上げてこの川での釣りは終了です。
USER9995.jpg

脱渓した橋の近くにあったプーサンの大きな足跡。数年前にも足跡は見ています。
USER9997.jpg

さてさて目的の山ウドも沢山採れましたけど、まだ時間もあるようなので、隣の川も覗いてみましょうか。ゲート前には車が1台、車をしばらく走らせた辺りから入渓、tomaTさんにとっては初渓です。写真は軽やかにテンカラロッドを振り回すtomaTさんです。
USER0004.jpg

しばらく釣り上がって僕はギョウジャとフキを追加(何やってるんだか~)そろそろ脱渓しましょうかと迎えた最後のポイント、まずは僕から・・流したフライにガバッと来ました!ニジマス君です。まだ上のほうやってないのでtomaTさんどうぞ、と落とした毛鉤に水面が揺れると同時にオレンジ色が見えました。もう一度キャスト、出ました~でかいぞ~とファイトの末、ズリ上げます。
USER0010.jpg

最後の最後にでたニジは40に少し足りないナイスバディ。いや~いいもの見せてもらいました。小河川のあんな浅いポイントでもあんなのが潜んでいたことに驚きです。興奮の余韻が残る中、この日も「苫亭」は開店しました。さて本日のラーメンは?意表をつくこの日のメニューはなんと「ウドと厚切りベーコンのクリームパスタ」!!!tomaTさんがこの日収穫した採れたてのウドをスライス(旬のものをタイミングよくアレンジする発想が素晴らしい!
USER0019.jpg

味は?これがもう絶品でした。ベーコンから出た塩味がうまくクリームソースに溶け込んで、ウドの苦味を引き立てて(食レポになってないね)とにかく美味しかったです。6月にはヤマメ解禁になるので「苫亭」とはしばしのお別れとなりますが、秋にまたご馳走になりますので重々よろしくお願いいたします。本当にどうも有り難うございました。












わからん

先週の日曜日K君を誘ってWRCに行って来ました。春も進み、ここのところ釣果もまずまずで次は間違いなくビシバシのはず・・天気もすこぶる良く期待に胸も膨らみます。ところが行けども・・・
IMGP1993.jpg

行けども・・・
USER9984.jpg

K君のロッドにも僕のロッドにも魚からの反応は全くありません。一体どうしたことなのでしょう?なんだなんだと釣り上がった所でこの日の釣りは終了。残念というか呆気にとられて言葉もありません。ビシバシのはずがヘナヘナになってしまいました。こうなったら山菜で大漁目指すしかないね。ほらスドケ見っけ~
USER9985.jpg

それからフキに・・・ギョウジャで三目採り達成!それも大漁だ!なんか寂しいけどまっいいか~~


ダブルの不覚

5月前半は孫たちと何処かへと考えていましたが、先方との都合がつかず残念。急きょ最近函館に引っ越したばかりの下の息子夫婦を訪ねて桜見物に行って来ました。息子の嫁のファニーが「山菜食べた~い」というので出発の前日WRCにギョウジャを採りに・・勿論釣りも兼ねてですが・・・ここで悲惨な出来事が・・不用意に車のドアのところに立て掛けていたのを忘れドアを閉めたところ・・・
USER9908.jpg

見事にボッキリ折れてしまいました。ビニールテープでもあれば何とかなるのですが、車の中には粘着物が何にもないのです。結局缶コーヒーのシールと2Xのティペットをレーダーとドラレコを束ねていたビニタイでぐるぐる巻いて(釣り諦めろよって)その場しのぎですが釣ってみることに・・釣れました!50メートルくらいの区間で何と大漁!
USER9910.jpg

おっと、今日はギョウジャも採らねばということで、釣りはすぐに切り上げてギョウジャ採取です。まだ小振りのようですが数を沢山採って札幌土産といたします。
USER9905.jpg

さて翌日、函館五稜郭公園の桜は満開です。日ごろの精進のせいか天気も良かったので最高でした。
USER9923.jpg

五稜郭タワーから五稜郭公園が俯瞰できます。
USER9931.jpg

札幌に戻ってきました。さあ釣りだ釣りだということで前回とは違うロッドを持ってやってきました。今回はスペアロッドとビニールテープも持参し、用意万全です。(またロッド折るつもりかって)コンスタントに魚を釣って調子に乗ったのでしょうか思わぬアクシデントに見舞われました。なんと自分の小指を釣ってしまったのです。結局血だらけになりながらもなんとか外せました(痛)
USER9962.jpg

さて、釣りのほうはというと訪れるごとに魚たちの活性は上がっているようです。こんなところから・・
USER9971.jpg

尺に少し足りないニジマス君
USER9969.jpg

枝の下を上から流し込んでやるとガバッと来ました
USER9979.jpg

これも良型ですね。
USER9978.jpg

禁魚も数匹釣れました。明らかに尺越えを2匹バラしましたが、悔しいというよりまだ結構なサイズの魚が居るんだということで今後に期待しましょう。この日の釣果は二桁と上出来でした。下の写真は指に刺さったフックを外した後に応急処置として巻いたビニールテープ。役に立ちました~
USER9980.jpg

USER9964.jpg

USER9968.jpg





.






春爛漫(腹満腹)!

平成最後の天皇誕生日を祝うってわけではありませんが、tomaTさんの快気祝いとK君のニューロッド入魂の儀、という名目でいつもの川に行って来ました。天気はすこぶる良く、林道の雪もすっかり解けて入渓場所まですんなり入れました。水温は8度(K君測)との事、先々週この川に来た時はK君と僕が1匹ずつという貧果でしたが今回はどうでしょう?ではレッツゴー!
USER9878.jpg

入渓早々からtomaTさんはエンジン全開です。あっという間に「大漁」達成、おまけにデカパンサイズの禁魚まで釣っていました。元旦釣行からほぼ4ヶ月釣りにいけなかった鬱憤を一気に晴らしていました。撮影:K君
IMGP1967.jpg

僕達札幌フライ組はいつものようにスロースターターでしたが、陽が上がるにつれ水温が上がってきて・・・まずはK君がおニューのグラスロッドに入魂の1匹を釣り上げました。おめでとう!
USER9885.jpg

そして僕にも待望の一匹が釣れました。小さいながらボ回避の一匹です。魚たちの活性が随分上がってきたようで、ここぞというポイントからは必ず魚が出てきてくれます。写真のポイントで釣れたニジマスを写真に収める僕です。K君が計測してくれたところなんと尺ありました。今年初の尺ニジです。撮影:tomaTさん
DSC_0019.jpg

USER9888.jpg

これはtomaTさんがデカパンを釣ったときの写真、なんとテンカラでの快挙です。
USER9890.jpg

K君も入魂の儀を完了し、おまけにトリプル大漁という好釣果で絶好調でしたね。
USER9898.jpg

さて釣り終えた後はお楽しみ、「苫亭」のラーメンです。なんと今回は目の前で餡を皮でまいて「ギョウザ」を焼いてくれました~。
恐るべし「SMC総料理長」ここまでやるか~って感じです。(実は頂いたのは2回目ですが)
USER9902.jpg

そしてラーメンはこれ。トッピングにはこの日tomaTさんが釣りをしながら採取していたギョウジャ(ギョウザにも入ってます笑)がたっぷりのってます。それから味玉1個分、たっぷりの国産ワカメと彩りにカニカマ、その他人参やら小松菜やら・・・味?ギョウザもラーメンもいつもながら絶品でした~。ノンアルまで用意していただき感謝感謝の「苫亭」さんでした。
USER9904.jpg

こうして最高の釣り日和に楽しい釣りが出来たこと、釣り終えた後の楽しいひととき、素晴らしい自然の恵みと仲間たちに感謝の一日となりました。きっとシェルパもどこかで羨ましそうに見ていたのでしょうね。









プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク