FC2ブログ

日曜釣り人 川の選択

日曜日K君と釣りに行って来ました。ウイークディは何故か忙しく土曜日も飲み会でしたが早々に切り上げて帰宅。木曜に準備はしていたので後は寝るだけ・・・そして当日、道中濃い霧がかかっていましたがこういう天気は得てして晴れるもの。向かったのは道央人気河川の支流です。峠を走っていると何度か鹿の群れが道を横断したので、更に気をつけて走っていたところ今度は熊さんが横断しているではありませんか~母熊と小熊2匹、車に気が付いているはずですがノンビリ横断していきました。
USER0213.jpg

上の写真が今回目的の川ですが、ご覧の通りの渇水、しかも水はクリアで相当厳しい釣りになりそうです。唯一のアドバンテージは多分この日は一番乗りであろうということ。最初の一匹はいとも簡単に釣れました。二匹目、三匹目も釣れ、あっという間に大漁達成です。魚からは釣り人が見え見えのようで走るわ走るわ(笑)でも。写真のように隠れる場所があるポイントでは・・・
USER0217.jpg

ガバッと勢いよく僕のどでかフライに飛びついてきました。ちょうど30センチのイワナ君です。
USER0216.jpg

こんなところ狭いポイントはダッピング(提灯釣り)で・・・
USER0226.jpg

泣き尺のイワナ君がドバッと出たり。撮影:K君
IMGP2149.jpg

K君も相変わらず好調を維持しています。この日も二桁の釣果、ウグイも沢山釣ってましたが嫌いではないそうです(TOKIさんみたいですね)
USER0223.jpg

お互いそこそこの釣果でこの川は終了です。時間もまだあるようなので隣の川も寄って見ようということでやってきました。こちらの川もかなりの渇水状態、実は去年の同時期この川で50オーバーのアメマス様を釣っているのですが今回はどうかな?K君の後姿に疲れが見られますね。一寸だけだから頑張りましょう。
USER0227.jpg

ところが頑張ったのは僕でした(笑)写真の木の下の小さなポイントから元気よく僕のフライを咥えたのは・・・撮影:K君
IMGP2152.jpg

36センチのアメマス君でした。釣れてくれてありがとう!君はいい奴だ。
USER0230.jpg

この日は30度近くまで気温が上がったにもかかわらず、釣りをしていて暑さはあまり感じませんでした。木が生茂る沢川だからでしょうね。何故か釣り人と出会うこともありませんでした。帰り道、本流沿いには沢山の車が止まっていました。多分釣り人銀座の川だったのでしょう。さて久しくニジマスの顔を見ていないので次回はニジマス狙いかな?K君お疲れしゃんでした~








スポンサーサイト



今週は上出来!

先週TOKIさんに無理を言って僕の好きな川に同行していただいたにもかかわらず、屈辱のボを喰らってしまいました。ドライシーズン真っ只中の意外な結果に悔しい思いをしたのですが、このままでは終われません、その鬱憤を晴らすべくK君を誘って道央の川に向かいました。目指したのは先々週訪れて良い思いをした川、そして再びウイークディの挑戦です。K君よろしく!
USER0186.jpg

今回の釣行エリアは前回脱渓した場所より上流に掛かる橋までです。まずは入渓場所のポイントで僕のフライにヒット!
IMGP2106.jpg

上がってきたのは30オーバーのアメマス君。40には届きません。
USER0192.jpg

K君も順調にヒットを重ねています。尺オーバーでしたね。
USER0204.jpg

陽が昇ってからも・・・いい感じですねぇ~
USER0198.jpg

脱渓場所の橋が見えてきました。ここまで15,6匹の釣果で尺上も二桁釣ってますがまだ40オーバーが出ていません。写真のちょうど真ん中ほど、流芯奥にある狭いタルミにフライをプレゼントすると・・・
USER0208.jpg

ガバッと出てきました!計測すると44センチありました。9回表の勝ち越しヒット、と言うところですね。満足~
USER0206.jpg

今回はフライボックスの中からでかいのをかき集め(A品は無くBクラスだけ)ドライシェイクで無理やり浮かせ兎に角魚にアピールだという釣りでしたが結果は上出来でした。それにしても前回の釣りと今回の釣り、この差って一体何でしょう?まっ鬱憤も晴らせたし釣れたからいいか~。K君お付合い有難うございました。







何でだろ~?

先週の土曜日TOKIさんに無理を行って道央の熊の巣川にご一緒してもらいました。悪天候コンビの釣行だから朝からシトシト雨、ま、このくらいは想定内です。水量は結構な渇水気味ですが濁りも気にならず、先行者の居ない入渓ですから結構期待できそうです。ではTOKIさんよろしくお願いいたします。写真は雨でもフードをかぶらないTOKIさんです。
USER0175.jpg

この日のテーマはビッグフライでビッグフィッシュを釣るです。入渓してすぐに明らかにビッグフィッシュが僕のフライに浮き上がってきましたが見切ったのか?早々にお戻りになられました。これでドライで行けると確信したのがまずかったようです。TOKIさんはというとMMZを巧みに泳がせて底のほうから40アップを見事に引きずり出しています。
USER0182.jpg

USER0183.jpg

上のポイントは僕も何度もトレースしたのですが何の反応もありませんでした。多少濁ってきたようですがこの程度の濁りならドライに出るはずです。(但し、魚が水面を見ていればの話ですが・・・)一匹くらい出ろよ!と流し続けて出たのが小さいの2匹だけ。しかもバラしてお終いというふがいなさ。
IMGP5264.jpg

結構な距離を釣り上がりましたが、ビッグフィッシュどころかミディアムフィッシュの顔も見れずにこの日の釣りは終了しました。TOKIさんは49を筆頭に40台を連発していただけに何とも悔しい釣行となりました。ただハイシーズンといえどもボを喰らう釣りは何度か経験しているので「さもありなん」と納得するしかありません。この悔しさを次回にぶつけて次こそは爆釣だ~!
USER0184.jpg

魚の写真がないのでフキを沢山食べたらしいクマの糞の写真をご覧下さい(んなもの見たくない~って)では川原で見つけたアンモナイトの化石の写真は如何ですか?(漬物石にはなるかもね~)
USER0180.jpg

TOKIさん、長時間お付合いいただき有難うございました。いろいろアドバイスを頂きましたがこの日のテーマに合うフライを持ち合わせていなかったもので・・・すみません。日程が合えばまたお付合い下さい。







VIVA ! WEEKDAY

K君から「たまにはウィークデイに釣りに行って見ない?」と言われていたので金曜日、行くことにしました。向かったのは「釣り人銀座」とも呼ばれる道央河川です。ここ数回訪れて上からも釣り人、下からも釣り人でいい加減辟易していましたが、今回は平日です。さて、どんな結果になるのでしょう。
USER0152.jpg

幸いゲート前には車が1台も止まっていません。ポイントまでの道筋にも車はありません。入渓です。水量はやや渇水気味ですが濁りも無くなんかいけそうな予感。但し釣り人に遭わなければ・・の話ですが・・・。おっと、いきなりK君のロッドが弓なりに!
USER0154.jpg

釣れたのは尺越えのアメマスです。やるじゃんK君。幸先の良いスタートが切れました。
USER0157.jpg

間もなく僕にもヒット!撮影:K君
IMGP2064.jpg

上がってきたのは34センチのアメマス君、今回はネットを持ってきたのですが小さすぎたようで、ズリズリランディングです。
USER0158.jpg

同行のK君も38センチのニジマスを筆頭に尺アップ連発、絶好調。僕もニジこそ釣れませんでしたがやはり尺アップのアメマスを何匹か釣り、この川では夢の二ケタ台突入です。そして迎えたこの川屈指のポイント、以前48のニジマスを釣った思い出のところ、#8に巻いた僕のビッグカディスに飛びついてきたのは・・・
USER0164.jpg

53センチのビッグアメマス!僕にとってこの川でのトロフィーサイズです。もう何も言うことがありませんね。嬉しい~
USER0163.jpg

今回は一人の釣り人に会うこともなく貸し切り状態の川でした。こんな釣りも珍しく釣果も十分満足できました。K君ウィークデイの提案有難うございました。機会を見てまた行きましょう!
USER0160.jpg

K君もダブル大漁。上出来ですね。
USER0165.jpg

ここは#6のステュミレーターにドライシェイクをまぶして不沈艦みたいになったフライに出ました!撮影:K君
IMGP2082.jpg

これがその時釣れた43センチのアメマス。口の中にフライが縦に入っていてフックには掛かっていませんでした(笑)
USER0169.jpg

ポツポツと時折小雨がちらつく天気でしたが、暑くも無く寒くも無くアメマス釣りには格好の天気だったようで。













プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク