FC2ブログ

水は引いたかな?

ということで先週は増水のため釣りを諦めた本流に行って来ました。現地に着いてみると水量はやや多めですが、濁りも無く何とかいけそうです。
USER0315.jpg

川原には釣り人の足跡がみられますが、当日のものではないようです。人気河川だけに想定内ということですね。さて、入渓早々小型のイワナが釣れました。そしてこんなポイントからは・・
USER0320.jpg

ジャンプ一発、ニジマス君の登場です。35センチの元気印でした。
USER0318.jpg

さて、7月にK君と来たとき44センチのアメマスが出たポイントにやってきました。
USER0327.jpg

白泡の左のほうから僕の(市販のですけど何か?)#6フックに巻かれたスティミュレータを捉えたのは今回も44センチのアメマス君でした。7月に釣ったのより全体的に色が濃いような・・斑点もイワナっぽい感じですね。
USER0323.jpg

上のポイントではニジマスも釣れました。推定42センチ、写真だ写真だとモタモタしてるうちにフライを外し元気にお帰りになられました(泣)さてメソメソしてても仕方ない。次だ次だとこんなポイント。流芯の手前から・・・
USER0330.jpg

これは35センチだったかな?ネットを買ったのですがサイズ間違えたようで収まりきれません。
USER0329.jpg

そんなこんなでこの川での尺上は3匹。逃げたニジマスは・・・と女々しい釣り人なのでした。時間もあるので先週行って居ない支流も覗いてみました。そこそこの釣果で満足満足(随分簡単に流すな~)プーサンの置き土産も相変わらずです。
USER0332.jpg

秋の気配も感じられますね~。秋といえばキノコ?キノコもいいけど釣り人ならやっぱりデカニジだ~。秋も頑張るぞ~
USER0341.jpg









スポンサーサイト



支流でも楽しい

週末どこも結構な雨が降ったようで、加えて風邪を引いたらしく体調も不十分、ここはひとつ無理をしないで良く行く支流に行くことにしました。行ったのは日曜日、久々のサンデーアングラー復活です。現地のゲートには車もなくどうやら一番乗りのよう。水量は平水で水の濁りもありません。写真は本流の様子、水量が多く濁りもあったので今回はパスします。
USER0291.jpg

さて、少し釣り上がってこんなポイントが現れました。沈んだ木の手前を流しているとガバッと来ました。
USER0294.jpg

ボ回避となるこの日の1匹目、この川はイワナが多いので多分イワナでしょうね。25センチくらいでしょうか。
USER0293.jpg

こんな開けたところもあります。流芯のど真ん中にやや長めのキャスト。ビシッときてジャンプ一発!
USER0299.jpg

今度はニジマス君でした。サイズ的には物足りませんがまっ、いいですよね。
USER0298.jpg

そして忘れてはいけないキミ、ウ様も登場してくれました。三目釣り達成!ヘヘ
USER0310.jpg

最後に脱渓場所近くにあるえん堤を釣ります。ホームのえん堤と違い、こちらはたっぷりと水があります。
USER0313.jpg

ドライシェイクをたっぷり身にまとったスティミュレーターに、勢いよく飛びついてきたのがこの日のベストサイズ、32センチの(多分)イワナ君でした。どうもね。
USER0312.jpg

終わってみればここまで二桁釣果、車に戻り時間もあるのでもう一本やってみようか、とか考えている時にポツポツと雨が降ってきてそのうちドシャ降りに・・・残念ですが撤収です。今回は入渓早々前のめりにチンしてしまい、釣りをしている間中も雨が降ったりやんだりの繰り返し。春とか秋ならきっと心が折れていたでしょうけど・・今の季節、川原に咲き誇るこの可憐な花に癒されて釣りが出来ました。
USER0309.jpg










ウイークディと思いきや

台風やら大雨で安定しない天気の中、唯一釣りが出来そうな木曜日、K君を誘って道央のホームに行って来ました。前回来たとき激濁りで釣りにならなかった川ですが、1週間も経たないうちにほぼ渇水の川になっていました。で、川原には釣り人の足跡がベタベタと・・「あれ、今日は平日なんだけどな?」いや、平日ではありませんよ。お盆の真っ最中じゃありませんか~
USER0271.jpg

すぐにK君が小型のニジマスをヒット、釣り人の足跡は前日のものだったのかな?
USER0273.jpg

前回の激流で川底の泥やら藻がすっかり流され川底も綺麗です。滑らなくていいですね。
USER0274.jpg

で、釣れるのはこのサイズが殆ど、尺に届かないのばっかり。
USER0275.jpg

最後の希望は堰堤下のポイントだ~、ってあれ?ポイントが砂に埋もれて無くなってしまいました~
USER0284.jpg

これじゃあ釣りになりませんね。楽しみなポイントだっただけに残念です。かなりの大雨が降り、えん堤上に溜まった流木が流されない限りは復活しないでしょう。
USER0287.jpg

ちなみに、普通に流れていればこんな感じ。
USER0042.jpg

渇水状態でも何とかなったのですが・・・
USER9670.jpg

改めて自然の驚異を知らされました。帰り道にはいつもの置き土産・・嬉しくも何とも無いよ~だ。
USER0288.jpg

あまりパッとしない釣行でした。やっぱりデカニジは秋かな?K君運転ありがとうございました。またよろしくね。






そうは問屋が・・2

先週の中盤から後半にかけてかなりまとまった雨が降ったようで、超渇水だった僕のホームもいい感じで水が増えてるはず・・週末にいそいそと出掛けてきました。ところが目的の川は大増水の激濁りで釣りどころではありません。周辺の沢も激しい流れで竿を出す気にもなれませんでした。さあどうする?結局いつもの川に救いを求めたのでありました。
USER0258.jpg

水量はやや多いものの、濁りはそれほどではなく、底も見えます。早速最初の一匹が釣れました。
USER0259.jpg

その後も尺前後の茶鱒がコンスタントに釣れてくれます。今回の雨で活性は上がっているようです。こんなポイントからも元気よく水を割って出てきます。
USER0266.jpg

上のポイントからは31センチのブラウン君が釣れました。
USER0263.jpg

さてこれから調子を上げていくぞ、と上流を見ると釣り人の姿が・・今回は最初の川が駄目でここまで来るのに時間がかかったので僕が入渓したときには釣り人の気配はありませんでしたが、陽も上がったあたりから入ったことと思われます。僕はここで脱渓です。帰りの林道を歩いていると数台の車が置かれていました。写真は林道に溜まった水、これだけの雨が降ったにもかかわらず釣りが出来る川・・本当に貴重ですね。
USER0267.jpg

帰りの林道脇で見つけた変わったオブジェ、何でしょうね。ウサギにも見えますが・・・
USER0270.jpg






ニジマスに会いたい

このところの釣りはイワナやアメマスばかり釣れて、久しくニジマスの顔を見ていません。ニジマスフリークの僕としてはどうしてもその顔を見たくなり、僕が初めてドライで40オーバーを釣った近郊の川に出掛けてみました。この川ならニジマスにきっと会えるはず・・期待に胸を弾ませていざ入渓です。ここは鉄板ポイントだったのですが・・・
USER0237.jpg
何の反応も無くフライは静かに流れていきました。十年以上前はヤマメやらニジマスがポンポン釣れた川なのですが近年はさっぱりでした。たまにデカイのをバラしたりしていたのでそいつの顔を見たくて年1回くらいは訪れてはいるのですが・・・こんなとこからUSER0240.jpg

この日初めての一匹が・・ニジか?う~んイワナでしたね。
USER0239.jpg

この場所から上は遡行不可能で、改めて違う場所から入渓します。ご覧のように渓相は素晴らしく、水の色も申し分ありません。
USER0244.jpg

尺前後のイワナが時折釣れます。全く魚が居ないと言うわけでもないのですが・・
USER0246.jpg

しばらく釣り上がると函に突き当たったので下流に場所換えして再挑戦。
USER0248.jpg

そこでもやっぱり釣れたのはイワナ君。
USER0250.jpg

この川のニジマスは居なくなったのかな?そして脱渓場所のすぐ近くにある往年の鉄板ポイント、沈んだ木の手前を流してやるとガバッと僕のフライに飛びついてきた1匹、そしてジャンプ!ジャンプ!ニジマスだ~
USER0256.jpg

本当に久し振りのニジマス君でした。サイズは34センチとまずまずでしたが、最後の最後にお目にかかれたことと、この川にもやっぱりニジマスが居たってことがとても嬉しかったです。
USER0254.jpg

余談ですがこの日はこれまた久し振りに「全チン」をやってしまいました。気温が30度近くあったので寒いことも無く、むしろ心地よかったというのが本音です(嘘~)










プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク