FC2ブログ

夏のホームデビュー戦

季節がすすんで暖かくなってきました。僕のホームも雪代が落ち着いた頃だろうということでK君を誘って道央の河川にやってきました。思ったとおり流れは平水で、程よい濁りもあり「こりゃドライでいけるかも」との期待。ところが先に行くK君が攻める鉄板ポイントではことごとく反応なし。あれ?っていう感じ。僕はすかさずニンフにフライ交換。写真は同行のK君です。
USER0736.jpg


しばらく釣り上がって二人とも何の反応もありません。「こりゃ魚が居ないのかも」と思いながらやってきたこんなポイント、以前ニンフで40オーバーを釣った実績のある場所、何回目かのキャストでいきなりマーカーがググッと引き込まれガツンという手ごたえ、魚が居た!しかも重い!
USER0741.jpg

ネットを忘れたのでズリズリとランディング。いかつい顔つきの(多分オス?)ニジマスでした。さて計測だ、あれ?メジャーも忘れた~。手を広げて測ると推定40。K君は先に行っていたので正確な値ではありませんが、僕としては40として記録します(笑)
USER0740.jpg

最初の一匹がデビュー戦初のビッグな一匹で最高に嬉しい。今年は今まで胆振の川で空を飛んだりする魚たちを相手にしてきただけに、あの重たい魚の引きは格別です。さてこちらもドライの鉄板ポイント、K君が一通り流しましたが無反応。ではニンフではどうかな?流芯を流していたらここでもガツンという当たり。
USER0746.jpg

今度はK君がそばにいたので、メジャーを借りて計測。撮影:K君
IMGP2306.jpg

今度は38センチのぶっといニジマスです。上出来すぎますね。この後32センチをもう1匹追加して、この日は大漁、それが3匹とも尺越えというオマケつき。上々のデビュー戦となりました。
USER0745.jpg

さて今回この川に来たのはもう一つの明確な目的がありました。それは「ウド」の収穫です。K君は麻雀相手の二人の女友達から「ウド食べた~い」との要望があったので、早々と釣りを切り上げ斜面に生えているのをレジ袋に詰め込んでいます。最後の後姿がこれ、モンベルのアングラーバッグとレジ袋いっぱいのウド、トリプル大漁だね。
USER0757.jpg

そしてこちらにもウド男。息子の嫁さんの実家と発寒の僕の実家にもお裾分けしなくっちゃ。ちなみにこの日はワラビ、ギョウジャニンニク、タラの芽、フキ、ウドの山菜五冠を達成!暑い日でしたが、いっぱい収穫があったので充実した一日でした。K君お疲れ様でした。運転どうも有り難う。
IMGP2309.jpg








スポンサーサイト



貧果なれど収穫あり

暖かくなってきたのでK君を誘って山菜採りに行って来ました。おっとロッドも持っていきましょうということで向かったのはいつもの川、日曜日なので先行者が居たようですがかまわず釣り?山菜採り?に専念しましょう。入渓してK君のドライに小型の虹鱒がヒット!幸先の良いスタートです。で、記念撮影。おやK君が何やら白いレジ袋をぶら下げていますね。
USER0726.jpg

僕は今回はニンフでやってみることにしました。水面下の枝に引っ掛けながらストレス溜まりますが、たまにはいっか~。で、釣れちゃいました。グリップサイズのニジマス君、僕の変なビーズヘッドを咥えました。記念写真です。撮影:K君
IMGP2302.jpg

これが上の写真のニジマス君です。この日はこの魚ともう1匹の2匹というちょっと期待はずれの極貧果でした。
USER0732.jpg

さて、一番上の写真、K君がぶら下げていたレジ袋の中身は、というと、これ、スドケです。シドケと呼ぶ地方もあるそうです。正式にはモミジガサという名で、山菜の女王とも呼ばれているみたい。へぇ~スドケって女性だったのですね。
USER0724.jpg

山菜採りは案外タイミングが難しいのですが、この日はドンピシャだったようで、あちらこちら至るところに群生していました。
USER0722.jpg

僕はフキを何本かと帰り道にあった行者ニンニクを少し追加して山菜採り終了。K君ともども大収穫でした。釣りは残念な結果でしたが本当の目的は山菜採りだったので(本当か~)満足満足。天気も良く気持ちよかったですね。次はウドを目指してあの川かな?K君お疲れ様でした。






何だかな~

巷では新型コロナウィルスによる感染が全国で猛威をふるい、北海道も第2波の脅威にさらされています。後手後手に回った政府の対応のお陰でお先真っ暗ですね。自粛要請も出ていますが、それとこれとは別。ということでストレス解消のためK君と釣りに行って来ました。季節も進んでいるので魚たちの活性も上がっているはず・・・でしたが・・・行けども・・・
IMGP2290.jpg

行けども・・・魚たちからの反応が全くありません。
IMGP2293.jpg

K君も頑張ってはいるのですが、やっぱり反応なし。ゴールデンウィーク期間中に多くの釣り人が入ったからかな?
USER0704.jpg

はっきり言って何でこんなに渋いのか、皆目見当がつきません。想定外といえば想定外。そのうち雨がシトシト降ってきて、二人してもう切り上げようかと思って、こんなポイントから・・・
USER0707.jpg

やっと一匹釣れました。空を飛ぶほど小さいニジでしたが、魚は居ました。
USER0706.jpg

魚たちにも外出自粛の通達でもあったのかと思ってましたが、僕たちのように我慢できない奇特な?魚も居るんですね。その後すぐに脱渓しましたが、脱渓場所までの短い区間でさらに3匹釣れました。何でしょうね。
USER0712.jpg

今回もう一つの目的に山菜採りがあったのですが、一番採りたかったスドケはまだ芽も出ていない状況、アズキナやボウナは生えていましたがスルー。ギョウジャはところどころに生えていましたがこちらもスルー。次回に期待ですね。写真はギョウジャです。
USER0715.jpg

今回はtomaTさんが都合でご一緒できなかったため、締めのラーメンはありません。残念だったねK君。次は魚ビシバシ、山菜バシビシを目指して頑張りましょう。お疲れさんでした。










プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク