まだ早いのかな?

この日は6月まで釣りをしないと言っていたK君を無理やり誘って、道央のとある川を下見に行ってきました。確かめたかった本流はまだ雪代が残っていて水量が多く釣りは出来そうもない状態、とはいえ想定内でしたから支流をやってみることにしました。こちらの水量は落ち着いていて水もクリアです。入渓早々ウグイの大群が迎えてくれました(写真をクリック)
USER4839.jpg

ウグイには構っていられないので上流を目指します。K君を先行させますがなかなか反応がありません。水温も心なしか低いようです。それでも彼がライントラブルと戦っている間、浅いところから最初の1匹目が釣れました。
USER4842.jpg

この川、盤の川で渓相はなかなか素敵です。去年の11月上旬にK君と訪れたときはドライで結構釣れましたが、今回はあの時よりもずいぶん暖かい5月下旬だというのになかなか反応がありません。こんなポイントでも出てきません。
USER4848.jpg

それでもなんとかこんなポイント、流れのむこうから・・
USER4847.jpg

泣き尺のニジマス君が控えめに僕のフライを咥えてくれました。
USER4846.jpg

しばらく釣り上がるとこの堰堤が現れます。ここで脱渓なのですが堰堤は格好のポイント、すかさずニンフに結び換えます。
何投目かのキャストでマーカーがググッと引き込まれました。アワセを入れ魚を寄せているといきなり反転、結び目が甘かったのかフライを持っていかれてしまいました。悔しい悔しい推定40オーバーでした。写真:K君撮影
IMGP0641.jpg

上のポイントではK君も僕のロッドでニンフ初体験、1匹掛けましたがランディングには至らず二人して残念でした。さて時間もあることだし近くにあるもう一本の支流ものぞいて見ましょう。おやこちらは川原に雪が残っていたりして・・K君懸命にキャストするも反応がありません。
USER4856.jpg

この川も釣り上がって行くとこんなのに突き当たります。K君どうですか~?やはりドライフライには反応が無いようですね。
USER4859.jpg

やっぱりこんな場所はニンフなのでしょうか。最後の最後でこの川初のお魚ゲット。イワナ君でした。撮影:K君
IMGP0645.jpg

小さいですが、これはこれで嬉しいですね。ドライならもっと嬉しいでしょうけど。
USER4861.jpg

もう一つ嬉しいことがありました。それはウドを収穫できたことです。例年ウドの採取はラルマナイが定番でしたが去年の秋の大雨で(多分)ウド畑は壊滅状態になったはず。今年はウドが食べられないかと思っていただけに嬉しさもひとしおでした。
USER4853.jpg

帰りの林道で今年初、ニョロ発見。ストライブを身にまとい僕たちを見送ってくれましたとさ。
USER4864.jpg

K君お疲れ様でした。めげないでまた川に向かいましょうね。













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中年おやぢ

Author:中年おやぢ
フライ大好きな還暦越えたおやぢ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク