ある日森の中~

さて今回も単独釣行となりました。向かったのは道央のとある河川です。現地に着いてみるとすでに1台の車が・・残念ですが河岸を変えるしかありません。隣の川に向かいます。しばらく車を走らせていると前方20メートルくらいのところに黒い影、小熊です。相手も車を見て驚いたのかそそくさと笹薮に逃げ込みました。ま、ここは熊銀座と呼ばれてる川ですから、それと入渓場所はずっと先ですし、とりあえずは釣ってみましょう。しかし水温も低く、濁りも結構あり全くの無反応、早々に退散を強いられました。
USER4897.jpg

次に向かったのは先週そこそこ楽しい思いをした川です。ゲート前に車は無いようですが違うゲートから釣り人が入っている可能性はあります。でもとりあえずやってみましょう。
USER4901.jpg

釣り上がってすぐに反応がありました。尺には届きませんが元気いっぱいのジャンプを見せてくれました。あの出方からすると釣り人は入っていないようです。今日はドライで通しましょう。
USER4900.jpg

もう流芯から出る季節になりました。
USER4907.jpg

32センチのニジマス君
USER4906.jpg

花を撮る余裕もあったりして・・
USER4909.jpg

おっと、上流からシカさんが僕の釣りを眺めています。クマさんでなくて良かった~
USER4911.jpg

その後も尺オーバーがコンスタントに釣れてくれます。こんなまったりとしたポイントからは
USER4916.jpg

今日一の38センチ。これで十分、もう何も言うことはありません。
USER4913.jpg

この川は最後の締めが堰堤になりますが、近づくにつれ濁りがどんどん入ってきました。
USER4924.jpg

楽しみにしていた堰堤もこの有様、これではドライは勿論ニンフでも厳しいか~。脱渓しましょう。堰堤のすぐ上のほうで何やら重機の音がしていたので、工事でもやっているのでしょうね。
USER4926.jpg

この日の釣りはこれにて終了。森の仲間達やら川の仲間達に出会えて楽しい一日でした。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク