クルシミマス攣りー

先週末、久し振りにtomaTさんとWRCを訪れました。思った以上に積雪がありましたが、川までは下り坂なのでなんとか行けました。気温はー2度くらい、時折小雪が降る程度で釣りに支障はありません。
USER8934.jpg

この日も原点に返りドライフライを結びます。水温は6度・・微妙ですがこの川なら出てくれるはず・・・
IMG_20171216_083552.jpg

ところが意に反して行けども行けども何の反応もありません。一方相方のtomaTさんはというと、近頃高値の黄金の粒粒で爆釣模様です。そこそこのサイズのヤマメも釣ってました。
USER8944.jpg

魚が上を見ていないのは早い段階でわかりましたが、一匹くらいおかしなのが居るはず。居るにはいました3匹、でも掛けられずにこの日の釣りは終了。胆振の川でこの時期に2週連続ボってのも珍しいかな?そして脱渓地点です。二人で「ゆっくり登りましょう」を確認してレッツゴー!ゆっくりしか登れないのが本当のところ・・
USER8945.jpg

釣ってる途中から雪もやみ、時々雲間から青空がのぞきます。天気には恵まれたと思うのですがねぇ・・・
USER8949.jpg

tomaTさんのシューズの靴底がラバーだったので斜面では滑りまくっていましたね。僕のフェルト底は高下駄状態だったので案外滑らずに済みました。
USER8950.jpg

さてこの日の「苫亭」のメニューは、なんと「ちゃんこラーメン」具沢山で麺が隠れています。味は勿論五つ星、ツミレがいい味出してましたねぇ。本当に身体の芯から温まりました。ご馳走様でした~
USER8953.jpg

シェルパの大好きだった秀峰樽前もその姿を見せてくれました。
USER8951.jpg

さて、帰りの車中から足が攣り始め自宅に戻ってもしばらくは楽になりませんでした。最後の直登が効いたのですね~。雪のWRCは入脱渓場所が限られるので、楽したいと思うこと自体無理なのかも・・・ま、シェルパの分まで懲りずに頑張ります。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そこそこ攣れました・・

過日は お疲れさまでした~
ボ・・で お帰りになるとは
出てきたお魚も
フライの 咥え方を
忘れたのか 次は
しっかりと 躾けなければ
なりませんねぇ(W
・・久しぶりに 軽く
攣りましたわ。
最後の 直登 滑りまくりが
効いたようです。
も少し 雪がかぶる頃
また 挑戦しましょう!

覚悟が必要

tomaTさん こんにちは~

流石にあの坂は効きますね~
かといってパイプ椅子なら楽かというと
そうでもないし、下流域は車で進入
出来ないし・・・でも次回は砂風呂から
パイプ椅子あたりをやってみましょうか。
ツレない魚たちを釣ってやる闘争心に
火が着きました~多少の脚攣りは
覚悟して臨まねば・・ですね。
プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク