激渋ホーム

この日は旧友のカズヨシ君にニジマスを釣ってもらうためホームに向かいました。また何やら道具が増えているカズヨシ君に「フライ巻いた?」「ショボイの3個・・」「・・・」ま、とりあえずやってみましょう。ゲート前には車がなくどうやら一番のようです。シメシメって感じで水精橋から釣り上がることに。写真はポイントを攻めるカズヨシ君、樹の下からフライに派手なアタックがありましたが合わせることができず・・・残念!
P8240005.jpg

結局一号橋の間まで魚からのコンタクトはこれ一回のみ。あまりにも渋すぎます。4年前にあだむすパパさんと訪れて二人してボを食らって以来でしょうか。増水により川も随分形を変えたようです。写真のポイントは大きな倒木があったところですが流されて見通しが良くなりました。
P8240008.jpg

渋い渋いで二号橋まで来てしまいました。お互い一匹の魚の顔すら見ていないのでさらに上を目指します。二号橋の林道崩落場所から二人の釣り人が上流に向かって歩いて行きました。どこから入渓するのか気になるところではありますがとりあえず釣りを続けましょう。そしてハプニングが・・・カズヨシ君、とある流れを渡るときバランスを崩して全チン!写真は水もしたたるカズヨシ君(冷静に写真を撮ってる僕はやっぱり冷たいヤツか)
P8240014.jpg

この全チンにより携帯電話、デジカメがオシャカと甚大な被害となりました。最初にそういったものへの注意を教えていなかった僕、申し訳ありませんでした。とは言いつつも魚の顔を見るまでは帰れません。ウエーダーの中がビショビショで気持ち悪~いと嘆く彼を尻目に上流へ向かいます。そのうち先ほどの二人が釣り下ってきました。となるとそろそろ釣れるかも・・・と思ってるうちに僕にやっと一匹釣れました。チビチビイワナ君です。
P8240016.jpg

僕はこのあと同じサイズのイワナ君と小ニジを一匹追加、TWポイントでデカニジバラシ。ところがカズヨシ君はまだ一匹も釣っていません。今日は「ニジマスを釣ろう!」とやってきたのにこのままで帰す訳には行きません。ただあまり上がっても帰りがきつくなります。最後と決めたポイントで彼にフライの落としどころを教えます。珍しく上手く流れたフライに(失礼か~)ガバッときました。やりました!最後の最後で目的のニジマスがヒットです。ところが僕のデジカメが電池切れ。やむなく携帯で・・携帯もレンズが割れていておまけに曇ってます。でもなんとなくニジマスだし、彼のネットと彼の手袋も写っているので証拠写真としては成立しますね(笑)
20120824143906.jpg

カズヨシ君おめでとう。この日はホームも激渋でおまけに全チンと散々だったでしょうが、釣り人は多くの試練を乗り越えて釣り人らしくなっていくものです。これに懲りずにまた誘うからね~よろしく。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

されど 1匹!

全チン ずぶぬれで
携帯電話とデジカメは オシャカ様・・
踏んだり蹴ったり・・の カズヨシさんに
とって 今日の ニジマスとの出会いは
生涯忘れられない一日となりますね!(賛辞
足腰の強化と 2個の毛鉤の 追加が
必要か なぁ!(^^)!

教えられることは少ないですが・・

tomaTさん こんばんは~ コメドモです。
カズヨシは(普段はこう呼んでますので)ジムにも通っていて
歩きは苦にならないそうです(本人談)ただ身体が堅いとか。
そうですよね、流れのある川を横切るなんて、僕達には当た
り前のことだけど彼にとっては初体験?どうするのか困ります
よね。若ければ力任せにバリバリ行っても還暦過ぎじゃそんな
馬力もないし・・還暦の釣り人が還暦オーバーの釣り人に教える
ことって・・難しいな~。でも釣りは楽しいって事だけは少しだけ
分かってもらえてるような気がします。

将来が楽しみです

こんばんは
目上の方に対して、失礼を承知の上で・・・
カズヨシ君との釣行記 いつも楽しく読んでいます。
とても微笑ましく思っています(^^)
びしょ濡れの写真 痛いほど気持ちがわかります。
人によっては『60歳はまだ小僧』とおっしゃる方もいるようです。
陰ながらカズヨシ少年の成長を見守っています♪
ガンバレ カズヨシ君! 

カズヨシ君に対し 渓流釣り全ての実体験を経験させてあげられた事は素晴らしい事です

今後の渓流釣りに対する心構えや装備に対し最新の注意すべき事が身に付いたと思います

水深があり流れの速い所では命さえ失う事になるやもしれませんからね

偉そうな事書いたけどカズヨシ君悪く思わないでね

好きこそものの

メンタル八割さん こんばんは~
全チン、冬でなくてよかったです。夏だからこそ
多少気味悪くても釣りを続けたんですよ。
なかなか考えてる方へと身体がついていかない
(僕もそうですけど)年齢ですが、楽しいこと
だからまだまだ成長していくはずです。

OJTで

じじさん こんばんは~コメントどうもです。
彼はクマに対してはちゃんと鈴とホイッスルと熊スプレー
で装備を固めているのですが、実釣となるとキャストや
ポイントの見方、ノットなどはまだまだで、半分以上は
ライントラブルの時間です。またかよって頭ゴッツンしたく
なりますが相手はビギナーだし、たくさん川に連れて行って
体で覚えてもらおうと思ってます。カズヨシ、言う事聞けよ!

平日でも

初心者には、厳しい渓の選択でしたね~
それでも、狙い通りの虹を釣らせるなんて
迷(W)ガイドぶりですね。
下の区間は、相当人が入ってますから、
厳しいのでしょうね。崩落地点から上でも
魚の出るポイントは限られているようです。
秋の荒食いの時期になれば、タイミング
次第で、良い結果も期待できると思います。
で、ライントラブルは仕方ありませんよ~

全く釣れないことが

こんにちは。
この川ですが、自分も夏の終わりから秋にかけて全く釣れないことが何度がありました。
よく見ると魚はいるんですが、フライを見て引き返してるんですよね。何故か警戒心が急に強くなる(;^_^A
でも目標のニジが釣れてよかったですね♪

川も変わりましたね

TWさん こんにちは~
TWさんならご存知でしょうが右側が高い護岸になっている
ところまで釣り上がり、やっとこさの一匹でした。おっしゃる
通り初心者が僕の言いつけを守って5xのティペットで#8の
カディスを振り回すわけですから、ライントラブルは仕方ない
ですよね(笑)新しく出来たTWポイントではライズが確認出来
根がかりかと思わせるようなデカイのをかけたのですが見事に
バラしてきました((;_;)

ご褒美

kotechanさん こんにちは~
倒木が川を横切り、その上をリスが走ったkotechanポイントも
今は見る影なし、ポイントも変わりましたが林道が崩落した割には
釣り人が入ってますね。結構エサのケースも落ちていました。
最後にニジマスが出てくれたのは随分歩いたご褒美でしょうね。
プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク