彷徨いの川

今回も大魔神を拉致して川に連れていってもらいます。前日まで全道的に強い雨が降っていたので選択肢も限られますが・・・まずは降水量の比較的少なかった道央河川、着いてみると見事なミルクコーヒー色です。ここを断念して山一つ越えた別の水系に向かいます。ここも本流は釣りにならない状況でしたが、途中にあった支流がほとんど濁っていません。ならここで釣ってみましょうと言うことでいざ入渓。大魔神、今日もよろしくお願いします。
IMGP0665.jpg

最初はドライを結んでいましたが全く反応がありません。水温もかなり低そうなので途中からニンフにチェンジします。それでも一向に魚からのコンタクトがありません。ドライにしたりニンフにしたりの繰り返しでしたが、結局この川では追いの確認が1回、フライへのアタックが2回そのうち1回はバラシという散々な結果でした。僕はボを喰らいましたが大魔神は何匹かのニジマスを釣ったようです。写真は脱渓地点の橋の上にあったプーさんの足跡です。
IMGP0669.jpg

さて、まだ時間もあるようなので次なる川に向かいます。この水系の下流域に流れ込む支流ですが、やや濁っているようです。とはいえ他の川に行くのも面倒なのでままよ、と入渓しましたが、ここもドライでは厳しそうなのでニンフを結んで釣り上がります。前の川でボを喰らったので気合いは入るのですがどうにもこうにもさっぱり反応がありません。
IMGP0677.jpg

これだけ釣れないのなら今日はボかな?なら釣れないついでにフライをドライにチェンジ、浅いところからピチャっと言う感じでこの日の初ヒット!やっと魚の顔を見ることが出来ました。イワナ君、君はいいやつだ。
IMGP0680.jpg

ボを回避してひと安心、ところが急に陽が傾いてきました。帰り道が暗くなる前にそろそろ脱渓しなければなりません。脱渓場所近くのこんなポイント
IMGP0683.jpg

流れの向こうにある巻き返しに打ち込んだはずのドライがよそ見している間に見えなくなりました。ロッドをあおってみるとどうやら根掛りしたようです。フライを回収しようとティペットをたぐり寄せると・・?・・魚が付いて居るではありませんか。そのままズリズリと岸に引きずり上げたのが写真のイワナ、35センチありました。最終回のセンター前サヨナラヒット、ってとこでしょうか。
IMGP0682.jpg

この日は目的とした川がいずれも釣りにならず、他の川に入ったわけですがこれも引き出しの多い大魔神の成せるわざですね。全くいつも感心します。あ、そうそう今回は大魔神が新しい熊除けグッズを披露してくれました。名付けて「マラカスdeマンボ」この音を聞いた熊さん達が踊りだし、その間は人を襲わないとか・・僕がホイッスル、大魔神がマラカスと騒々しい帰り道となりました。
IMGP0671.jpg

締めはこの急斜面、果たして生きて帰れるのか?
vvc 527

大魔神さま、今回も有り難うございました。次回もよろしくお願いいたします。









スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【彷徨いの川】

今回も大魔神を拉致して川に連れていってもらいます。前日まで全道的に強い雨が降っていたので選択肢も限

コメントの投稿

非公開コメント

目から鱗

釣野さん、こんばんは。
結果オーライでGood Jobですね!
大魔神のマラカス、素敵ですね。
リュックに忍ばせていた事を想像するだけで
楽しいです(w)
まさに目から鱗です♪

サプライズでした!

かげまるさん こんばんは~
渓流釣りにマラカス・・・って誰も考え無いですよね。
そんなもの持ってこられたものですから、僕も笛と
ラテンミュージックで対応したかったのですが、あの
「あんたのお名前なんてーの~」ってトニー谷の乗り
なもんであまり着いていけませんでした。熊さんも
笑っていたでしょうね。

やる~!!

こーゆー急斜面の登坂・・
この先にあるものが 何?
っと知ってなきゃ~
なかなか 登りきれませんね~!(^^)!
なかなか 健脚ですねぇ♪

瞬間移動?

上の方にカーブミラーが見えたんです。
もう1キロ位行ったら橋があって楽に脱渓出来るという事でしたが、
暗くなってしまうので気合いを入れて中途脱渓しました。僕が急坂の
途中でヒーコラ言ってるときに大魔神が撮ってくれた写真ですが、この後
驚いたことに僕のすぐ後ろにいました。まるでテレポートしてきたみたい
でしたよ。息も絶え絶えな僕を尻目にそそくさと林道に到達していた
大魔神って人間?それとも・・・・

こんばんは

こんばんは。
がんばりましたね。
今の私には、この崖登りはとても無理です・・・(^^;

TOKIさんは面白い物を考えましたね。
釣野好雄さんがホイッスルでTOKIさんがマラカスなら、
私はカスタネットといきましょうかね・・・♪

足が攣りました

かわせみさん こんにちは~
頑張ったと言うよりは、暗い林道を歩く恐怖から
逃れたい一心で、必死に上ったということです。
でもWRCのあの坂よりは距離が無い分楽でした。
で、かわせみさんがカスタネットですか?
エレキの方がお似合いですが林道にコンセントが
無いですからね(笑)

No title

釣野さんこんばんは。
この季節にドライで釣るとはさすがドライマンですね。
一年中ドライで通すのもまた面白いかもしれませんw
水温が7度あればイケルと誰か行ってましたがさすがに真冬は
厳しいでしょうねw
プーさんよけに新たなアイテムが追加したましたね。
マンボでウッ♪ 逆にプーさんが踊りながら近づいてきそうですがw

出来れば年中

yamameさん こんにちは~
フライの醍醐味はドライフライフィッシングにあり
と信じて疑わない自分としては出来れば年中
ドライで通したいです(実際そんな年もありましたが)
でも魚の顔も見たいとなるとあの手この手の手段も
考えざるを得ませんね。
マラカスは新たな武器になるのか?ビミョーです。
プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク