こどもの日

約2週間ぶりの釣りです。今回はご近所のTWさんをお誘いして道央のとある川を訪れることに。この川、去年のこの時期にTWさんがドライで35センチのニジマスを仕留めた川で、嫌が応にも期待で胸が膨らみます。雨続きだったこのところの天気もなんとか日中は持ちそうです。写真は同行してくれたTWさん、老眼進行中?今日もよろしく!IMGP1606.jpg

さて川に降りて早速TWさんが水温検査、5度?手を入れると流石に冷たく指先がしびれるようです。でもやっぱりドライだよね、と二人してドライを結び釣り上がります。ところが行けども行けども何の反応もありません。痺れを切らしたTWさんがニンフにフライチェンジ、サクッとボ回避の一匹目を釣り上げました。
IMGP1614.jpg

僕はといえば意地になってドライを結んだまま。全く無反応のまま、この川のビッグポイントが連続する巨岩地帯に着いてしまいました。ここでは僕もニンフです。この日のためにヨッパでヘベになりながらも懸命に巻いたビーズヘッドを結んでキャスト。写真は最初のポイントを釣るTWさん。
IMGP1616.jpg

岩の手前から落としたニンフ、流れにのったマーカーがククッと逆方向に、掛かりました。本日の初ヒット!デカニジか?いや、小ニジでした。
IMGP1620.jpg

とは言え、久しぶりに見たお魚さん、嬉しいので記念撮影。写真提供:TWさん
CA380246a.jpg

さあ、どんどん上に上がりましょう。ニンフには格好のポイントが連続します。写真提供:TWさん
CA380249.jpg
写真提供:TWさん
CA380250.jpg
写真提供:TWさん
CA380253.jpg

ここは最後の大場所で期待していたのですが、写真のとおり小枝が沢山水面に張り出していてキャストもままならず小ニジ2匹という結果でした。ちょっと悔しいかな。
IMGP1633.jpg

結局この巨岩地帯では写真のような小ニジ数匹と戯れ、デカニジには会えませんでした。
IMGP1624.jpg

一段落したところで上流を見るとこちらに向かって手を振るお方が・・・誰かと思ったら「かげまるさん」ではありませんか。聞くところによるとこの辺の川巡りをして本日4本目の川だとか、なんとベストを忘れたyamameさんも加わりました。4人でちょっと上まで釣ってみましょうか。写真:小滝の上で手を振るかげまるさん
IMGP1635.jpg

水温も上がってきたようなので再びドライにフライチェンジです。すぐにヒット!見事に小さい。
IMGP1640.jpg

yamameさんはビーズヘッドを駆使して頑張りますがやはりお子さま達に遊ばれている模様です。
IMGP1644.jpg

かげまるさんは釣りは二の次、今日もギョウジャ採りにいそしんでいました。
IMGP1646.jpg

みなさんそこそこ釣れたようですが良いサイズには巡り会わなかったようです。GWも終盤とあって、川原には沢山の足跡がありましたから、さもありなんというところでしょうか。ところで脱渓地点で下の写真のように魚達が無惨にも捨てられているのを見つけました。釣って持ち帰るのはまだしも、捨てて行くなよ!捨てるくらいなら釣るな!釣り人の資格無し!と思うのは僕だけでしょうか?魚と言えどこう命が粗末に扱われるのは悲しいですね。
IMGP1648.jpg

この日の天気は一日を通してはまずまずでしたが、如何せん魚達の活性が低く苦戦した釣りとなりました。1週間後ならもっと気温も水温も上がり良い釣りが出来るかも知れませんね。ま、子供の日にチビッコ達と遊んだし、意外にもかげまるさん、yamameさんというSMCの仲間にも出会えたし楽しい休日でした。
IMGP1650.jpg













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

もう少し

釣野さん昨日はバッタリお会いして面白かったですね。
雪代もまだ入っていて活性が低いので良型にあえるのは少し先のようです。
5月中旬以降は水も落ち着いてきて楽しい釣りができそうですね。

どうもでした。

yamameさん こんにちは~
この日の結果が芳しくなかったのは水温による魚の活性の低下
のほかにやはり先行者が入ったこともかなり影響していたみたい
ですね。橋から上も大きいのは確認してますから、入釣のタイミング
もあると思います。夏は渇水で釣りにならないのでこれから2ヶ月
くらいがベストでしょうね。

行者王子♪

釣野さん、こんばんは。
先日はおつかれさまでした。行者王子のかげまるです!
こどもの日だけに、カワイイ虹鱒ちゃん達と遊びましたね。
私は充分満足ですよ!何たって行者9の釣り1ですから(w)
あの日の夕食はジンギスカンでした〜♪

ニンフはどうも

釣野さん こんばんは~
先日はど~も♪でした。
あの日はドライで通していたら、完全試合達成でしたW
それにしても、ニンフのキャストは、ど~もいけません。
勉強させていただきました。と言っても見ただけでは、
出来るようにはなりませんけど。まあ、これからはドライ
の季節到来ですから~と言いつつ、ESLは補充しましたW

出会いの場

社交場のようですね、メロン川は?
話が盛上がったことと思います。
釣った魚を釣野さんが食べるのか?と思い来や違いましたね。
残念です。
最近、WRCにはエビスの隣りにサッポロが飾られているようです。
本当に情けない釣人が沢山いるようです。
シェルパのGもその内の一人ですが・・・・・・・

ギョウジャキング

かげまるさん こんにちは~
身の危険を省みず、猫のごとく俊敏にギョウジャを
採取するワザ、これはもう王子と言うより王様に
ふさわしいので、よってギョウジャキングの称号を
与えます。精進して次のギョウジャ大王をめざし
ましょう!

本当は・・・

TWさん こんにちは~
出来ればドライで通したかったのですが、水温5度ではね~
それにあの巨岩地帯の深場ではなかなかドライでは難しい
ものがありますし・・・最後の深場、あれだけ木の枝が張り出して
いたら怖くてキャストできませんね。今度ノコギリ持って切り落とし
て来ようかな(笑)

困った釣り人

シェルパのGさん こんにちは~
釣り場でクマにあったらビビリますが、仲間に
出会えるのはすごく嬉しいですね~
ところでマナーの悪い釣り人も無くなりませんね。
今回の魚放置もそうですが、WRCのビール缶
にしてもどうしてそんなことをするのか僕には
全く理解できません。釣り人の鏡であるGさんに
お灸を据えてもらうしかありませんね。
プロフィール

中年おやぢ

Author:中年おやぢ
フライ大好きな還暦越えたおやぢ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク