気まぐれな帰宅

先日は雪も降ったことだし、今年通いつめたA川水系やY川水系では多分釣りにならないだろう、と勝手に判断し、やってきたのが自称ホームのこの川、今年1度しか訪れていないのにどこがホームなんだと突っ込まれそうですが、放蕩おやじのやることですからご勘弁を。同行してくれたのがTWさん、サンダーバード2号と僕のスマート号で2号橋まで行き、そこから釣り上がります。
IMGP2665.jpg

入渓した時点で水温は5度。こりゃドライでは無理だな・・僕はためらいなくニンフを結びます。ドライ主義のTWさんも、しぶしぶニンフを結んでスタートします。IMGP2676.jpg

かなり釣り上がって来ましたが二人とも魚からの反応はありません。そのうちTWさん伝家の宝刀であるカディスにフライチェンジ。それでも全く反応がありません。実績のあるポイントをドライとニンフで攻めているのですからどちらかに何らかの反応があってもいいのですけど・・・撮影:TWさん
KC4D0402.jpg

あまりの釣れなさに二人共ほぼギブアップ状態。そろそろ脱渓しないと帰り道が暗くなります。どうせ釣れないなら、と僕もカディスを結んでの最終段階、写真のポイントでTWさんのフライを魚が吸い込みました。残念ながらフックには乗らなかったようですが間違いなく魚は居ました。
IMGP2684.jpg

TWさんがこのポイントを後にしても、僕はしつこく流し続けました。と、フライが少し沈んだその時、黒い影がふわっと浮いてきてそれを咥えました。この日の初ヒット!31センチのニジマス君でした。やっとのボ回避です。
IMGP2681.jpg

陽が傾いてきました。いよいよ脱渓しなければなりません。ここで切り上げましょうと決めた場所のすぐ上に、おいしそうなポイントがあるではありませんか。釣れる釣れないは別としてTWさん、やってみてください。と、いきなりヒット!
IMGP2690.jpg

高価なSCLを満月のようにしならせて上がってきたのは35センチの見事なレインボウ。やったねTWさん!価値あるサヨナラ満塁ホームランでした。ここがホームと自称する僕とは違い、サブホームと呼んでこの川に何度も通っているTWさんですから、当然のご褒美と言っても過言ではないでしょう。
IMGP2693.jpg

二人のどちらかが「ボ」で終わるのと、二人して一匹ずつでも釣るのでは帰り道の会話も違って来るでしょう。上々の結果だったと思います。久々にTW魂を見せてもらいました。お疲れ様でした。帰りの林道ではプーさんのウンチが「また来年もおいでよ」と二人に囁いているようでした(な、わけないだろって)
IMGP2698.jpg






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

厳しすぎ~

こりゃまた 随分と厳しい条件下での
出撃の中 きっぱりと 結果をだされ
ましたこと 至福の喜びですね~(^^♪
YB川にしろ このホーム川にしろ
シーズン終盤には ご挨拶しとかなっきゃ・・
ということでしょうか・・?
5度ですか・・
こちらの水は 10度でしたよ~!(^^)!

寒い時期に

ご無沙汰してます。
良いニジマスが釣れて羨ましいです(^^)
この川、春先など寒い時期に良型が出るような気がしてます。
なんと自分は今年、この川に行ってませんので、最後に一度行くつもりでいます。
12月になってしまいそうですが。。

何がホームだ!

TomaTさん こんばんは~
一応自分ではホームと言っている川なので時々行こう
とは思っていましたが、今年はなんせ、大物指向に走った
ので訪れる機会を失っていました。春先に行ったきりに
なっていたので雪が積もる前にもう一度という願いが
やっと叶ったというところでしょうか。とは言えこの川に
言わせれば「一年に二回しか来ないくせに何がホームだ」
でしょうね。ま、いいか~。次は水温5度以上の川で
ドライフライの釣りを楽しみたいです。

是非リベンジを!

kotechanさん おひさしぶりです。
この川、一年の間に随分渓相が変化しましたよ。
大きく流れが変わった場所も何カ所かあり、以前
大場所だったところが潰れていたり、逆もあったり
何年もの間人の手が入っていないのでかなり
自然河川らしくなってきたのかな?その割には
魚が減った?是非今年中に行ってみて下さい。
アップしたら必ずコメ入れますので。
プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク