トラトラトラ、なんちゃって胆振参戦!

今年は大物狙いであちこちの川に行っていたため、例年になく遅い胆振参戦となりました。同行してくれたのはご存じ「ドライ将軍」の異名をもつTWさん、そして現地から「苫小牧のホスピタリティ」ことtomaTさんのお二人です。気温は氷点下ですが坂を下り釣り場に着いた時は身体中ほっかほか、さて今日もよろしくお願いします。写真は今日も迷わずドライを結ぶTWさん、3週連続でこの川に挑戦です。水温は7.5度、ここではバラしてましたね。
IMGP2734.jpg

一方のtomaTさんはhow much?秘伝のタレ仕込みで挑みます。入渓早々から小型のニジを釣りまくっています。
IMGP2735.jpg

半年以上訪れていなかったこの川、その間全体的にポイントに砂が流れ込み浅くなったようです。先ほどTWさんがドライでバラしたのでドライに反応があることは解ったのですが、なんとも渋い状況が続きます。そしてやってきた実績のあるこんなポイントで・・・
IMGP2740.jpg

上の写真のちょうど真ん中あたりからフライめがけて勢いよく飛びついてきたニジマス君、この日の初ヒットです。
IMGP2739.jpg

冬に胆振に通うのは①雪が少ない②凍らない、そして一番肝心なのが③冬でもドライで釣れるからなんです。今回も来た甲斐がありました。小さいですがピンクホッペのニジマス君に頬ずりしてやりたい気分です。その後も流れの緩いこんなところから・・
IMGP2748.jpg

サビもなく綺麗な小ニジ君が釣れたりして。この日はもう少し小さいのを二匹追加して合計4匹という釣果でした。TWさんもドライで数匹ゲット、tomaTさんに至っては楽勝で二桁釣果。いったいどうしてこんなに差が出るのでしょう?
IMGP2746.jpg

ちなみにこの日はtomaTさんが29センチのヤマメを釣りました。秘伝のタレ、恐るべし・・です。
2013120811410000.jpg

さて、こちらの秘伝のタレは?締めはいつもの苫亭のラーメンです。今回はソーセージ入り、冷えた身体には暖かいラーメンは最高です。tomaTさん美味しゆうございました。お付き合いいただき有り難うございました。帰りはTWさんのニューカーに乗せていただいて、と。あたたたた・・足攣った~
IMGP2754.jpg









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

出る?です? デモ 出す!

昨日は お二人とも 根性で 出しましたねぇ~(@^^)/~~~
ボ・・も 見切られ・・も スル~・・も バレ・・も
水温7.5度では 想定内・・ながら・・
ドライの可能性を追求するお二人には
WRCのお魚も つい 飛びついちゃいましたね~♫
さて 次となると WRCの水温は ちと
下がるし・・SRFは お魚が小さいし・・
キンタは・・さて? 
胆振の冬戦教 尚も続く・・ですね~。

次なるワザは?

tomaTさん 先日はお付き合い有り難うございました。
これからのWRCはtomaTさんがヒントをくれた水面下
での勝負になりますね。先日はマーカーにアタックされる
のが嫌でドライで通しましたが、次回はニンフ時々ドライ
ってスタイルでしょうか。ニンフは秘伝のタレに漬け込んで
おいた方が良いのかな(笑)

ついに東の大御所様・・・・

東の大御所様の様のWRC参戦で、太刀持のお二人も忙しかったのでは無いでしょうか?
tomaTさんの秘伝のタレがついに爆発しましたね。
話しには伺っていたので、恐るべし門外不出の秘伝のタレですね。
それにしても、秘伝のタレに負けない大御所のBIGカディスですね。
本当に脱帽です。
つい2年くらいまでは、シェルパのGもドライで頑張っていたのですが
最近はメッキリ根性が無くなりました。
MMZとか何とかに傾倒しておりますが、春4月に向けてスーパードライの仕込み
はちまちま続けてゆくつもりです。
シェルパのGも今週末は納竿と考えておりました。
また、チャンスが有れば・・・・・m(_ _)m

No title

シェルパのGさん こんばんは~
大先輩であるtomaTさんが太刀持ちなんてあり得ませんよ~
ドライ将軍と魔法の餌使いの達人に着いていくのがやっと
でした。カディス(フライ)は小さくなると見えないので最近は
6番か8番のフックにしか巻いてないんです。魚も大きいフライ
の方が見つけやすいだろうと勝手に思いこんで使ってます。
Gさんにつきましては以前何やら面白い毛針を開発されて
いましたが、こだわることなくMMZの達人を目指しておくんなもし。
プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク