ホーム崩壊

K君を誘いホームリバーの現状を見に行ってきました。TWさんが9月にレポートしてくれたのですが、どうしても自分の目で確かめたくなったのです。ゲートに着いて川をのぞくと全く流れが変わっています。以前は流れが蛇行して手前にあったのですが一直線になってます。でもとりあえずここから入ってみることにしました。
USER4145.jpg

夥しい数の流木が行く手を塞ぎます。それを除けて遠回りするか・・果敢に突破するK君です。
USER4147.jpg

河原が信じられないくらい広くなりました。USER4148.jpg

そして間もなく一号橋へと。ここでもまた唖然としてしまいました。橋が一部落ちています。そして光竜水位局の建物が完全に傾いてます。
USER4151.jpg

ちなみに洪水前の水位局の建物、黒いフェンスと同じ位置にありますね。
PA130067.jpg

ここまで釣り上がってきましたが魚からの反応はありません。流されてしまったのかと思いながらこんなポイントで・・
USER4158.jpg

ピシャッと出てくれた小さなイワナ君、流されずに頑張ったんだね。君に会えて本当に嬉しかったよ。
USER4156.jpg

とりあえず魚は居ました。そこからしばらく釣り上がって堰堤です。流木が何重にも重なって凄いとしか言いようがありません。
USER4163.jpg

そして2号橋です。半分がものの見事に流失しています。あの頑丈そうだった橋を壊すとは一体どんな流れだったのでしょうか。恐るべし水の力・・・
USER4165.jpg

上流側から撮った写真です。
USER4177.jpg

一号橋、二号橋とも完全に流失したわけではないのでホームの面影を遺していますが、それ以外のところは全く別の川になってしまったと言っても過言ではありません。林道はズタズタに寸断され道としての役割を果たしていないのです。
USER4181.jpg

二号橋からちょっと先でこの日の二匹目が釣れました。TWさん、堰堤から上にも魚が居ましたよ!
USER4170.jpg

河原から少し離れたところにはシイタケも・・・TWさん、キノコもありましたよ!
USER4180.jpg

さて、適当なところで切り上げましょう。あまり釣り上がっても帰りの林道がほとんどありません。林道に隣接しているのがこの川の良いところでしたが、これからは川通しで・・・と思うと途中ですれ違ったフライマンさんの「こころが折れた」と言う言葉も現実味を帯びてきます。切り上げてゲートのところで言葉を交わしたルアーマンさんは「これから何処に行けばいいのやら」と沈痛な面もちで語っていました。沢山の思い出を与えてくれた僕の「ホーム」ですが、この先もホームと呼ぶには自信がありません。
USER4166.jpg

USER4174.jpg

IMGP0366.jpg















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

復元力に・・!

釣野さん こんばんわ~
ホームが悲惨なことになって
心情お察しいたします。
水も落ち着けば また 
新たなポイントも 出来るでしょう。
ここは 気を長くして
自然の復元力に 期待しましょう!
シイタケも 頑張ってましたね~

そうですね

tomaTさん おはようございます。
通い慣れた川が全く違う川に変貌してしまったのは
かなり衝撃がありました。今後上流を詰めるには
帰りは川通しとなるので、覚悟と体力が必要になり
ますね。ただあれだけ流木が河原にあるので、2,3年
もしたらキノコの宝庫になる可能性も秘めています。
仰るとおり、自然の復元力に期待するほかありませんね。

こんにちわ。

僕もホームなので気になってました。
近くを通る事があったのでゲートからは覗いたのですがこんな事になってたとは(T_T)
川通しで釣りずらくなった分、魚は残りそうですね^ ^

ポイントが・・・

tanchanこんばんは~
川が直線的になった分、ポイントが無くなったような・・・
護岸脇も含めてかつてのポイントは殆ど姿を消しました。
でも魚達は居るわけですから、新しい住処を探すはずです。
数年後には行ってみようかな?あ、来年かも知れません(笑)

No title

釣野さん、こんばんは!

ここが、あの川なのでしょうか!!
恐ろしいの一言ですね・・・・
ここが大好きな釣り人がたくさんいますよね!
なんとか復活をはたしていただきたいものです

どこまで回復するか・・

シュガーさん おはようございます。
川自体は直線的になったとは言え、所々にポイントも
ありますから、釣りと言う観点ではそう悲観的に見なくても
良いのですが、問題は林道で、この先修復の見込みは
全くないと思われます。川通しの釣りを強いられますから
体力勝負ですね。人気のある川だっただけに釣り人は
どう判断するのでしょうね。
プロフィール

中年おやぢ

Author:中年おやぢ
フライ大好きな還暦越えたおやぢ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク