FC2ブログ

近郊巡り

先週豊平川に行ったせいか、しばらく行ってなかった近郊の川を覗いて見ることにしました。まず向かったのは昔の僕のサブホーム、土石流の災害以来足が遠のいていましたが、昔お世話になったこともあり一年に一度くらいは行かねばと思っていましたが、現地に着いてみると先日の雨の名残か、水量がとても多く、危険と判断して隣の川で釣ることに。
USER0931.jpg

隣の川って、実は僕の昔のホームリバー、何度通ったことか。でもこちらも水量多いです。折角だからロッドを振ってみます。こんな流れの中から僕のドライに飛びついてきた魚がいました。画面の真ん中あたり、沈んだ木の下から・・
USER0936.jpg

最初の一匹が釣れました!小さいですがニジマス君です。(ボケボケ写真ですみません)
USER0934.jpg

その後上流を目指すも、巨岩に行先を阻まれ遡行危険なため断念。昔よく行ってた上流のほうに移動です。
USER0938.jpg

この川も土石流被害に遭いましたが川が小さいので回復は早いようです。こんないかにもポイントがありました。
USER0941.jpg

ここでも小さなニジマス君が釣れました。フライを替えようとベストのポケットに手をやると、ありゃりゃ、車の中にフライボックスを忘れてしまいました(認知症が始まっているのでしょうか)上を目指すのを諦め、河岸を変える事にしました。
USER0939.jpg

帰り道の途中にある小さな川です。鬱蒼とした林の中を流れていて、水量は少なく溺れる心配は全くありませんが、魚は沢山居ました。写真のちょっと深くなっているところから元気のいいニジマス君が釣れました!
USER0946.jpg

これがそのニジマス。25センチくらいでしょうか?釣り上がるとこのサイズがポンポン釣れます。
USER0945.jpg

途中に遭ったマイクロバスの残骸も昔のままです。
USER0947.jpg

こんな何の変哲も無いポイントからは・・・
USER0955.jpg

尺には届きませんが、結構なサイズのニジマス君が釣れてくれました。
USER0952.jpg

この川では二桁の魚たちと遊ぶことが出来ました。魚たちに感謝「遊んでくれて有難う!」札幌からわずか十数キロだというのに、何故かスレていないのには驚きました。久し振りの近郊河川釣行でしたが楽しませてもらいました。
USER0957.jpg













渇水のホーム

K君を誘って道央のホームにやってきました。前回は間一髪のところで先行者に負けましたが今回はどうやら一番乗りのようです。問題はここしばらく雨が降っていないので、果たして釣りが出来るほど水があるか・・・川に着いて見ると案の定かなりの渇水ですが何とか釣りは出来そうです。K君、魚たちが警戒しているからロングキャストで行きましょう。
USER0911.jpg

水が少なく綺麗なので釣り人の不用意な接近は魚たちにすぐバレてしまいます。あっちに走られこっちに走られますが、それでもK君が先制の一発!こちらの気配を感じなければ魚たちのドライフライへの反応はかなりいいようです。
USER0915.jpg

そこそこ釣れるには釣れるのですが、如何せんサイズがいまひとつです。この日はK君が11匹、僕が9匹と言う釣果でしたが、僕の泣き尺が最高という、ホームらしからぬ結果に終わりました。ただ何匹かはフライに向かって浮いてきて、見切ってお帰りになられたデカいのも居ましたが・・・
USER0921.jpg

帰り道で見つけたプーさんの置き土産、結構車も走る道ですが何時用を足しているんだろ?
USER0927.jpg

この日は前期高齢者二人、熱中症には十分な注意を払い、水分補給もしたし、首に巻くタオルやキャップにも水を含ませ対応したのですが、それでも暑かった~。わき道の林道を通ってやっとの思いで車に戻りました。K君お疲れ様でした。二人とも無事でよかったね~。
USER0929.jpg




豊平川

自宅から歩いて10分のところにある幌平橋、時々川を覗くとその都度釣り人の姿を見かけます。一体何が釣れるのかな、ということで釣ってみることにしました。
USER0904.jpg

30年以上も前ですが、毎年開かれていた子供たちの釣り大会、残りマスを狙ってよく来ていました。結構釣れたと記憶してますが今はどんな按配でしょうか?ポイントと思しきところは流れが重く水深もあります。ニンフでしばらくやってみましたが反応無く惨敗。
USER0906.jpg

少し悔しいのでまた今度チャレンジしてみます。
USER0910.jpg


やんちゃな魚たち

世間がコロナ禍で重苦しい雰囲気に包まれている中、自粛して釣りを控えているのかと心配される方もいらしいたようですが、どっこいそんなことはありません。先々週の祝日にK君を誘い道央のホームに向かいました。駐車場に着くと釣り人が釣り支度中、ここを諦めて違う川に行くことにしました。着いたのはこんな川、水量がもっとあったら良かったのですが・・・
USER0890.jpg

ところが魚たちの反応はすこぶる良く、まるで釣り人を歓迎するかのような出方をします。おまけにサービスでしょうか、たいした大きくもないのにジャンプ、またジャンプ。二人して二桁以上の釣果。サイズこそ尺に届かないのばかりでしたが、存分に楽しませてもらいました。写真は僕が釣ったニジマス、30弱ですが結構このサイズが多かったような。
USER0894.jpg

K君も絶好調でした。やったね!
USER0898.jpg

また釣れたね!(後ろから写してごめん。帽子を忘れた君がいけないんだよ)
USER0901.jpg

お疲れ様でした~。




久々の単独釣行

随分久し振りの単独釣行です。向かったのは道央河川。現地に着いてみると川の水が随分少ないのです。ま、多くて渡河に難儀するよりはまだましかも。前回この川に来た時と同じコースに入ります。その時はニンフでしたが今回はK君もいないのでドライで通すことにしました。入渓早々一匹目が釣れました。反応はいいようです。
USER0856.jpg

川はこんな感じです。最近川でふらつく僕には危険が少なくていいのかも・・・
USER0861.jpg

さて、釣りの方はと言えば・・・釣れること釣れること・・・こいつが~。尺越えてたら一瞬「おっ」と思いますが、何だかな~
USER0859.jpg

ちょっとしたポイントから出てくるのはグイウー様ばかり、一体鱒は何処にイマスか?それでもしばらく釣り上がると尺越えのアメマスが釣れました。
USER0862.jpg

ニジマス君(36センチ)も出て、元気なファイトで楽しませてくれました。
USER0866.jpg

そして前回45センチのニジマスがニンフで釣れたポイントにやってきました。今回は僕のB級ドライなので出てくれるかな?写真の真ん中あたりの深くなっているところにフライをプレゼントします。
USER0878.jpg

ふわ~っと浮いてきて僕のフライを咥えたのは46センチのアメマスでした。結構いい型で粘り強さは80点。嬉しいです。
USER0873.jpg

終わってみたらこの日の釣果は、マスの尺越えが4匹、グイウー様の尺越えが4匹、その他小物たちが沢山と言う釣果でした。もう少し水量があったなら・・とも思いましたが、最近どこも雨らしい雨が降っていないので、今回のこの川での結果は上々と言えるかも。今季のアメマスのシーズンベストも出たことだし・・・やっぱり釣りは楽しいね。
USER0860.jpg








プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク