それぞれのWRC

久し振りのWRCです。道中雪も無く快適に車を走らせ待ち合わせ場所に到着しました。迎えてくれたのはホスピタリティtomaTさんとWRCの開拓者シェルパのGさんです。現地での天気は曇り、気温は5度、水温は10度くらい?それではいざ参戦!
USER7791.jpg

入渓してすぐのポイントで僕のドライにニジマスがヒット!幸先の良いスタートとなりました。
USER7792.jpg

気温が高いせいか魚たちの反応は良いみたいです。シェルパもtomaTさんも僕もすぐに大漁達成です。お二方ともスタートはイクラでしたが途中からテンカラでドライを結んでの釣り、余裕ですね。写真は得意のポイントをドライで攻めるtomaTさん。
USER7796.jpg

シェルパも釣れたようです。このときは存分に魚と遊んでいましたね。
USER7807.jpg

終わってみればtomaTさんとシェルパはヤマメも何匹か釣って二桁釣果、僕は下手くそなりにW大漁という結果でした。写真は僕の今日一、もっと大きいのを釣りたかったのですが・・・
USER7804.jpg

脱渓場所から坂を上って車で入渓場所へ。今日も「苫亭」は営業していました。提供されたのはカレーラーメン、スライスチーズが良い感じでいつもながら美味しゆうございました。
USER7811.jpg

冬でもドライで釣れる川として僕の冬戦教には欠かせない川WRC,スノーヘルパーをカンジキ替わりに履いて伝説を作ったシェルパ、やはり真冬に36センチのデカニジを釣ったtomaTさん、それぞれに思い出が一杯詰まった川だとあらためて感じました。年ごとに渓相は変わりますが、いつまでも樽前の綺麗な伏流水を湛えてあって欲しいと願って止みませんでした。






胆振でまったり

あちら方面は雪が多そうなので今回も胆振の川に向かいました。ご一緒してくださるのはtomaTさんです。前回は小さいのばかり釣って「大漁達成!」さて今回も目標は大漁なのですが、出来れば前回より大きめの魚を釣りたいですね。写真提供:tomaTさん
IMG_20161120_093146.jpg

入渓してすぐに小さいのが2匹釣れました。こりゃ今日はウハウハの釣りになるかと思いきやその後がぱったりと釣れなくなりました。tomaTさんは・・やっぱり釣りまくっています。流れは澄んでいて僕のフライならどんな魚も気がつくはずですが、上を見ていないのか(魚眼なのに・・)はたまた僕のフライがでかすぎて信用できないのか(笑)写真はこの川の大場所、先週tomaTさんが21匹釣ったポイントです。今回は10匹くらいかな。
USER7759.jpg

脱渓近くなってこんなポイント、突き出た枝の下からピシャっと「大漁達成君」がやっと出てきてくれました。
USER7766.jpg

そんなに大きくはありませんが、僕のフライの目印と同じくらい派手なピンクを身にまとったニジマスちゃんです。この後もう1匹小さいのを追加してこの日の釣りは終了です。
USER7765.jpg

釣り始めたときから小雨がパラついていましたが、気温が高めだったので寒さを感じることも無くまったりとした釣りが出来ました。締めは・・・先週に続いて今回もtomaTさんがラーメンを作ってくれました。tomaTさんが釣りをしながら採取したエノキタケ入りのラーメン、何て贅沢なことでしょう!ほかにもタマネギ、ニンジン、チンゲン菜、ナルト、白菜、シイタケが入った7目麺!もう最高!
USER7767.jpg

釣りが楽しみなのか、ラーメンが楽しみなのかもうわかんなくなりました。tomaTさん、有難うございました。美味しゅうございました。





胆振詣で、スタート

車検に出していた車がピッカピカになって戻ってきました。僕の車が綺麗なことなど滅多に無いことなので林道走って汚すことに躊躇いはありましたが、意を決して(笑)胆振の川に向かいました。札幌を出る時に降っていた雨はしばらくしてドシャ降りに・・・帰ろうかな帰るのよそうかな~なんて考えてる間に現地に到着、雨はまだ降っていますが気温が高く寒くないのでゴーフィッシュ!
USER7741.jpg

半年振りとなる胆振の川、雪は殆どありません。水温も10度くらいあるでしょうか。入渓してすぐのポイントで僕のドライに反応がありました。結構なサイズでしたがきちんとフッキングせず痛恨のバラシ・・ま、儀式のようなものですから(悔)次に写真の真ん中、巻き返しのところからピチャっと。
USER7745.jpg

今シーズン胆振一号!小さい・・あまりに小さい~でも、ありがとさんねっ。注:リール径は7センチです
USER7744.jpg

続いて胆振二号!これも見事に小さい!おまけにスレだ!おまけにヤマメだったり~
USER7746.jpg

こんなところから・・・
USER7752.jpg

胆振三号で大漁達成!これも一号二号よりは大き目ですが何とも・・って感じですね(笑)
USER7751.jpg

午後から所用があったので、この日の釣りはこれにて終了。大きめな魚のアタックもありましたが釣り上げられず残念。車に戻って帰り仕度をしていると・・・おや、見慣れた車がやってきました。tomaTさんでした。で
USER7753.jpg

久し振りの?「苫亭」開店です。チンゲン菜やタマネギ、玉子入りです。大きな男爵イモが丸ごと1個載っていて「ワイルドだぜぃ!」さらに超厚切りのハムもあとからのっかって豪華でした。味は勿論「旨い!」tomaTさん、有難うございました。次に行く時は是非ご一緒しましょう!
USER7754.jpg









悪天候コンビ参上!

寒くなってきましたが札幌には雪がありません。この日は大魔神にお願いしてどこかの川に連れて行ってもらうことにしました。目的の川に向かうにつれ雪が降ってきました。峠のてっぺん辺りは一面の銀世界です。なんだこりゃ?天気予報では雪マークなんか無かったじゃないかと・・・現地に着きました。とりあえず釣ってみましょうか?久々の悪天候コンビ、こんな雪へっちゃらだい!
vvv 151

水温は2度、ドライで・・・と思いましたがここは安全策でニンフでしょう。でもさっぱり反応はありません。ガイドは凍りつくしリールもご覧の通り、これじゃ釣りになりませんわ~
USER7713.jpg

雪は時折激しくなり、そう吹雪ですね。大魔神はと言うと・・・淡々と釣っています。
USER7710.jpg

帽子に積もった雪を見ればこの天気、半端ないのが分かると思いますが、それでもちゃんと釣っちゃうところが凄い。この川でこのコンディションの中で3匹も釣ったんですよ。
USER7720.jpg

いっこうに止む気配の無い雪、このまま釣り続けていたら帰りの林道が心配だし遭難の危険すらあります。大魔神、ここは引き上げてどこか違う川に行きましょう。
USER7721.jpg

で、やってきた次の川。雪は多少降っていますが先ほどの川に較べれば天と地ほどの開きがあります。水温は4度、これまで僕はニンフを結んでいましたが、どうせ釣れないんだったらドライでやってみようとフライチェンジ。写真は大場所で粘る大魔神。
USER7724.jpg

この川で何匹か釣った大魔神から「魚は底の方にへばりついているよ」とのアドバイス、暗に「ニンフのほうがいいんじゃない」と言うことですが、「クレージーな魚はきっといる」が信念の僕はフライを替える気はありません。そしてこんなポイントから・・・
USER7729.jpg

出ましたクレージー君!小さなイワナ君でしたがたかが1匹、されど一匹。これがあるからドライの釣りは面白いんです。
USER7727.jpg

大魔神はというと・・写真の40オーバー
USER7732.jpg

こんな大場所からは・・・
USER7737.jpg

大魔神の大好きなカジカちゃんをゲットしてこの日の釣りの締めとなりました(笑)
USER7740.jpg

大魔神様、お疲れ様でした。最初の川、もう笑っちゃいましたね。あれ以上粘っていたら帰りの林道、車が登れなかったかもしれませんね。運転有難うございました。また今度どこぞの川にご一緒してくださいませ。但し・・・空は青い方がいいですね~











中秋のドライフライ

またまたK君を誘っていつもの川にやって来ました。天気はあまり良くありません。予報では時折みぞれも降るとかでちょっと心配です。でもザーザー降りにならなければまっいいか~ということでレッツゴー!水温は6度とのこと、K君は勿論ドライ、軟弱な僕はニンフを結んでのスタートです。曇っていても川原を彩る紅葉には癒されますねぇ。
USER7673.jpg

この日の目標は「とりあえず1匹釣る!」です。最初の一匹をヒットしたのは意外にも(失礼)ドライでチャレンジのK君でした。それを見て優柔不断な僕はすかさずフライをドライに替えます(笑)
USER7675.jpg

先週はキノコが大漁だったので今回はキノコ採りを封印いようと思ったのですが、目の前に美味しそうなエノキタケがあるではありませんか、おっとベストのポケットにはレジ袋も・・・
USER7670.jpg

この時期の釣り、やっぱりキノコの誘惑には勝てませんね~。撮影:K君
IMGP1401.jpg

しばらく採り上がって?いや釣り上がって・・僕にも待望の一匹が釣れました。もう少しサイズがあればいいのですが、ボ回避の一匹ですから贅沢は言いません。
USER7679.jpg

K君もコンスタントに釣っていました。結果から言うとK君がダブル大漁、僕が二桁でしたがこの日のベストサイズはK君が釣った29センチでこの川にしてはちょっと残念でしたが、水温6度という厳しいコンディションの中でのドライフライの釣りですから、良しとするべきでしょうね。
USER7692.jpg

これは僕が釣った28センチの元気印、もっと大きくなってちょうだいねっ。
USER7694.jpg

脱渓ポイントからは小さいですが綺麗なパーマークのヤマメちゃんが・・・尺まで育つんだよ。
USER7698.jpg

K君お付合い有難うございました。天気はあまり良くありませんでしたが、秋色の中で楽しい釣りが出しましたね。次の釣行は胆振になるのかな?体調を整えて参戦しましょう。
USER7688.jpg









プロフィール

中年おやぢ

Author:中年おやぢ
フライ大好きな還暦越えたおやぢ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク