翌々日も・・・

ご近所のよっちゃんと山菜採りに行ってきました。今回の狙いはこれ、スドケです。
IMG_20180513_074132_.jpg

おや、よっちゃんが釣りをしているじゃありませんか。ちゃんと山菜採りに集中しなさい!
IMG_20180513_080720.jpg

と言いつつもロッドを振らずに居られないのが釣り人の悲しい性・・・釣れちゃいました、ちっちゃいのが。
IMG_20180513_101027.jpg

この日の釣果は僕がたったの2匹。よっちゃんは型のよい禁魚2匹も含めて2桁という内容。当初の目的のスドケは大漁で満足でした。テンプラにしても美味、おひたしも美味、言うことなしのスドケを肴にか・ん・ぱ・~・い!


いやはやなんとも!

4月の末に咳を伴う風邪に罹り大好きなお酒を二日も抜くという自分にとっては大事件、おまけに末から5月に掛けて事務所の引越しもありてんやわんやの大騒ぎ、ゴールデンウィークは何処にも行けなかったので、あれやこれやのストレスがかなり溜まってしまったよう。解消のために単独で道央河川に行ってきました。本流はご覧の通り水量は多いのですが、ちょっとしたタルミで・・・
USER9125.jpg

オハヨーって小さなアメマスちゃんのご挨拶。ニンフですが釣れるとは思っていなかっただけに嬉しい一匹です。
USER9123.jpg

その後も案外コンスタントに釣れてくれます。写真はニジマス君、活性はそこそこ上がっているようです。
USER9138.jpg

川はこんな感じです。
USER9139.jpg

この川の鉄板ポイントです。最初は反応が無かったのですが「ニンフは粘りぞ!」と言い聞かせ粘った結果は・・・
USER9135.jpg

なんと36センチのホウライマスみたいなニジマス君でした。ティペットが5Xだったのでかなり慎重にランディング。今年初となる30オーバーで満足満足大満足!ストレス大発散、でした。
USER9133.jpg

帰りの林道でタラの芽発見。でも今回はスルーしました。
USER9144.jpg

なぜなら、今回この川に来たのはコレを採るためだったのです。山ウド・・・たっぷり採れました。
USER9151.jpg

そしてフキも
USER9150.jpg

夜の食卓はウドのテンプラ、酢味噌和え、フキの炒め物と僕の大好物でした。半月以上釣りが出来なかった鬱憤とウドを食べたかった欲求を十分満たすことが出来、大満足の一日となりました。








ギョウジャギョウザ

事務所の引越しやら何やらで更新が遅れてしまいました。当然ですが釣りには行ってます。前回と同じ川・・・メンバーは今年初釣りのK君、ご近所のTWさん、現地では重鎮のtomaTさんが合流してのカルテット釣行、さてどうなることでしょう。
USER9100.jpg

札幌からのフライトリオはさっぱり芳しくありません。ところがtomaTさんは相変わらずの釣りまくり。ま、いつものパターンと言えばそれまでですが、それにしても渋すぎです。
USER9103.jpg

そのうちやっとTWさんに意地の一匹が釣れました。
USER9105.jpg

脱渓直前には僕のロッドにも起死回生の一匹が・・・今回はメイフライパターンのパラシュートフライ、それにしても奇特なヤツだ。
USER9107.jpg

結局札幌からのフライトリオは2匹のみ(釣って無いのは誰だ?)なんとも恥ずかしい釣果ですが、次に期待しましょう。さて釣果はさておきみんなのお楽しみは「苫亭」のラーメン。今回は思いも寄らない「スペシャルメニュー」が用意されていました。tomaTさんがこの日収穫したギョウジャニンニクを上手に刻んで、持参したひき肉に混ぜて慣れた手つきでこね始めました。次にこれまた持参したギョウザの皮でギョウザ作りです。
USER9109.jpg

USER9111.jpg

フライパンに蓋をして焼くこと数分、大皿にひっくり返してtomaTギョウジャギョウザの完成!最高の焼き加減です。
USER9113.jpg

これだけで話は終わらないのがこの日の「苫亭」メニュー。餃子を焼きながらラーメンまで作ってくれました。なんと激辛麺に溶き卵のスープ、ギョウジャ入りとろけるチーズ載せの激旨ラーメンです。ギョウザは勿論のことラーメンも絶品の旨さでした。さすがSMCの「総料理長」と呼ばれているだけあってアイデア、手際のよさ、料理の旨さ、座蒲団10枚でも足りないくらいです。
USER9116.jpg

この日は釣りがパッとしませんでしたが、釣り終えた後の「苫亭」の豪華メニューには一同感激いたしました。tomaTさん、本当に有難うございました。釣れないトリオがまた伺うかもしれませんがその時はまた、ちょっとだけよろしくお願いいたします(笑)








東の川へ

冬の川の定番であるWRC,昨年の12月上旬から8回連続となっていました。芸がないといわれればそれまでですが其処しかないというのも本音、ただ4月になってWRC近くのあの川もいけるかな?ということで今回は東にある隣の川を目指しました。付き合ってくださるのは先週デビューのTWさん、そして苫小牧のホスピタリティことtomaTさんです。よろしくお願いしま~す。
USER9068.jpg

天気はうす曇り、気温もそこそこあって寒くはありません。水温は6,7度?TWさんがドライなので僕はニンフを結んでのスタート(すぐに替えましたがw)まずはtomaTさんがサクッっと最初の一匹を釣り上げます。
USER9072.jpg

負けじとTWさんも気合いでニジマスを1匹ゲット!なんだ、ドライでいけるじゃん、とすかさずフライチェンジの僕。
USER9074.jpg

しばらくは釣れない状況が続いていましたが、気温も上がってきて水温も上がったのでしょうか、こんなポイントを流すと・・・
USER9077.jpg

ビシッっと僕のフライに飛びついてきたのはなんと禁魚さんではありませんか。この日は2匹しか釣れませんでしたがどちらも禁魚という結果。とりあえず「釣れましたよ!」とアピールしたいので写真もアップしときます(笑)
USER9076a.jpg


この日はかなり渋かったようです。名手tomaTさんを以ってしても一桁台の釣果。僕の経験としてこの川は5月がベストですから、まだ少し早かったのかも知れませんね。さていつも通り「苫亭」がオープンしましたよ。今回は僕の孫の「いちか」ちゃんの誕生日ということでノンアルはゼロいちです。
USER9081.jpg

肉団子が沢山入って野菜もたっぷりの「チャンコラーメン」です。後載せトッピングのニラも甘くてとても美味しゆうございました。これから胆振の川は次から次へといろんな山菜が出てくるので、楽しみが尽きないですね。お二人ともどうも有難うございました。
USER9085.jpg







四月になったよ

さて、4月になりました。先日たまたま帰りの市電でTWさんにお会いしたので「日曜に釣りに行きませんか?」でOKとなり、TWさんには今年初めての釣りとなりました。向かったのはWRC,選択したエリアは一番楽に入渓が出来るところ(但し魚影はかなり薄い)天気は時折小雨が降る程度の曇り、気温は到着時7度、水温は9度というコンディションです。ではレッツゴー!
USER9049.jpg

さて、しばらく釣り上がりましたが二人とも魚からのコンタクトはありません。おやっ?TWさんの腰にはコンビニ袋が・・フキノトウがいっぱい入っているではありませんか。TWさん曰く「今日はフキノトウを採りに来たんだよ」だって。釣りもしましょうね(笑)
USER9051.jpg

で、現れたこんなポイント、ねらい目は左側の木の真下です。
USER9054.jpg

珍しく一発でキャストが決まり「ピチャ!」ボ回避の一匹が釣れました!
USER9053.jpg

結果、この後二匹の小ニジを追加して僕は大漁達成!TWさんはといえばフキノトウこそ大漁なのですが肝心の?お魚さんはまだ釣れていません。脱渓予定地点(引き返し)まで来ましたが、ここは当然釣り続行ということでさらに上を目指します。そしてとうとうTWさんに今年初のお魚さんが・・・おめでとうございます。
USER9064.jpg

その後TWさんはもう1匹追加してまずまずの釣果(今年初なら上出来?)そうこうしているうちにここまで来てしまいました。
USER9066.jpg

ここから坂を這い上がって車まで歩くか、それとも川通しで戻るか選択肢は二つしかありませんが二人が選んだのは後者でした。それが正解だった様でこの日は足が攣る事もなく無事に一日を終えることが出来ました。TWさん、お付合い有難うございました。今度はスドケの採れるあの川ですか?




プロフィール

手振れ爺

Author:手振れ爺
フライ大好きな前期高齢者の爺

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク